『旅先の話は基本的に信じてはいけないが、ウソだと思っても、害がない限りそのままにしておくのもルール。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/19)

【僕の記憶はいつもここに戻る…ホテル加宝と4番街】
1989年10月17日午後5時4分にサンフランシスコ大地震が起きた。
この日は、僕が加宝でうるさくしゃべっていた、30男と20男を潰した。
旅先の話はウソだらけなので、僕がわざわざ出て行ってウソツキを潰すのは、ちょっとやりすぎかも…とは思った。
ただあまりにも、彼らはやりすぎた。
僕のテリトリーの(と言ってもいいだろう)ホテル加宝で、大声で、ウソだらけの話をされたら、それは許しては置けない。
自分たちの部屋で、2人きりで話すならば、どんなホラ話でも、思い切りやったらいいけどね。
でも、加宝仲間が集まって、馬鹿話をしていた、ロビーを占拠して、ミエミエのウソを言われたら、やはりそのままにしては置けなかった。
それが僕がマジになって、20男を潰した理由だった。
ざっくばらんに言うと、「旅の話はほとんどがウソ」なんだ。
僕以外のほとんどすべての旅行者が、ウソをついていると言い切ってしまって間違いない。
なぜそれが言いきれるかというとだね、僕は旅先で出会う日本人旅行者が、ウソツキだらけだとわかった。
世界一周旅行に出る前の、最初のインド旅行(1984-1985)の時、だったかな。
それから日本で出版されていたほとんどすべての旅行本を、図書館で読み尽くした。
そこで、「日本の旅行本はウソばっかり!(笑)」とわかったわけだ。
「だったら僕もウソをついていいんだ」と考えるのが、普通の凡庸な日本人。
僕は、「それじゃ僕が日本人で唯一、ウソを一つもついてない旅行者になろう♪(笑)」と決意したわけだね。
例えば、ある程度旅行自慢の人が、コネや自費出版で本を出すことは良くある話だ。
ただ普通の旅行者は、人に語る価値のある、変わった旅行経験がない。
また、人に面白く語る才能がない。
話を面白く分析して、さらに展開する能力がない。
すると、凡庸な人間は、頭ででっち上げたり、人から聞いた旅行のトラブルを集めて、ページを埋めようとする。
例えば、普通の旅行本では、旅先での盗難話、様々なトラブル、これらは、自分の体験ではないことが非常に多い。
僕はほとんどの旅行本を(図書館で)読んでいるので、旅行話のバリエーション、ドジ話のパターンは知っている。
ネットなどでは、なかなか興味深い、アフリカでの盗難話を書いている人もいて、読んだこともある。
ただ、トラベラーズチェックの盗難話だったのに、トラベラーズチェックの再発行の細かな手続きが書いてなかったので、ウソだと結論付けた。
本当に盗難にあったならば、トラベラーズチェックの再発行の細かな手続きは、是非書きたいものだからね(読者も読みたい)。
だからほとんどの旅行本はウソが詰まっていて、読むだけの価値がない。
特に、著者紹介のところを読めば、ウソがはっきりとわかる。
旅行者の基本データである、旅行国数がウソだからだ。
旅行国数については、ほとんどがウソをついている。
単純に世界百か国を旅するだけで、どれだけのお金と時間がかかるか、考えただけで恐ろしくなるよ。
ところがウソツキの皆さんは、それを知らない。
また、旅行国数についてはみんながウソをついているものだから、それで通ってしまうんだね。
問題なのは、一つウソをついて、それが世間で通ってしまったら、すべてがウソだらけになってしまうこと。
人間は弱いから、一つウソをつけば、それを誤魔化すために、次々とウソをつく。
だから、僕のように、「最初から一つもウソをつかない」と決めている人間だけが本物なんだね。
わざわざ金と時間を使って、面白くもおかしくもない国に旅するよりも、旅したことにして、ネットで情報を検索していた方が楽だ。
ただ、それをやってしまうと、自分で旅に出られなくなってしまうんだが。
とにかく、日本人旅行者はウソツキだらけだし、日本の旅行本はウソだらけ。
それをズバッと指摘したのが、僕のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」だったわけだ。

でも、「間違いだらけの海外個人旅行」が出た時代も、良かった。
それからあとは、海外個人旅行の時代が過ぎ去ってしまったからね。
日本人旅行者は、いまではホテルも航空券もネットで予約して、現地ツアーに申し込む。
つまり、旅の本質である、「偶然の旅の出会い」までも、あらかじめ予約しようとするんだから。
いまは、東南アジアも、中国も、インドも、物価が上がった。
中南米も昔のように、安く旅できるところではない。
僕がやった最初の世界一周旅行、二回目の世界一周旅行(アフリカ縦断旅行/東欧縦断旅行/ロサンゼルス/メキシコ/キューバ)、の時代は、良かったーってことね。
ロサンゼルスに加宝があった時代は、旅先で人と出会うのが当然で、すぐに友達になって、次々と別れていた。
いい時代だったんだねー。
旅先の出会いを予約しなくても、いやになるほど興味深い人と出会い、深い話をしていたんだから。
さて、1989年10月19日は、今日もフランス語とスペイン語の動詞変化を暗記した。
それから、いつもの加宝仲間とモノポリーをした。
ショーンコネリーのSF映画「アウトランド(OUTLAND)」をテレビで見た。
内容は覚えてないが、ある程度評判だった映画です。

あと一つ、この日は、ユニオンバンクに行ったらしい(日記に書いてある)。
多分新しく口座を作ったのでしょう。
加州住友銀行にあった講座は、中南米一周旅行に出る直前に閉じたからね。
確かに、だらだら生きていくためには、お金が必要だ(涙)…。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx