『自称USC志望の若者と議論して、旅先にいるのはウソつきだけだと語って、ちょっと哀しくなる。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/18)

【僕の記憶はいつもここに戻る…ホテル加宝と4番街】
1989年10月17日午後5時4分にサンフランシスコ大地震が起きた。
サンフランシスコでは、1906年にも大地震が起きているので、1989年の地震は、区別して「ロマ・プリータ地震(Roma Preta earthquake)」と呼ばれているようです。
地震は夕方だったが、午前中にはもっと変わったことがあった(サンフランシスコ大地震はロサンゼルスにはほとんど影響なかったし)。
旅行者としては、こちらの方が興味をひくので、記録しておきます。
ところでこの記録は、1989年10月18日の日記なので、18日のことも書いておくと。
相変わらずフランス語とスペイン語の動詞変化を覚えた。[conducir,construir/conduir]。
日本経済の強さを書いた本「YEN」を読んで、加宝の宿泊費(一週間95ドル)を払う。
これでまた、10月25日まで、のんびりした怠惰な加宝生活ができるわけだ。
10月18日はこれだけで終わり。
そこで、17日のことを思い返す。
16日の夕方に、20歳をちょっとすぎたくらいの若者と、30歳くらいの男性が別々に加宝に泊まりに来た。
二人は初めて会ったわけだが、ロビーで二人の話が盛り上がったようだ。
かなり大きな声で話をしていた(正直言うと、うるさかった)。
僕は別の宿泊者の部屋にいた。
加宝仲間の一人が、「なんか変に盛り上がってるのがいますよ。」と言ってきた(僕にご注進に及んだ)。
これは、「西本さん、ちょっと行って、潰してくださいよ。」という意味だから、僕はロビーに乗り込んだ。
ロビーにはこの二人だけだったが、2人きりの話を大声でしているので、他の宿泊者が居ずらくなって、出て行ったわけだ。
しかし、二人が二人だけで話をしようと決意している場合、これは話に割り込めない。
加宝仲間のいる部屋に戻って話を聞くと、どういう状況かはわかった。
30男が20男に、ある事ないこと吹き込んでいるようだ。
30男は、加宝に今日泊まって出ていくらしい。
20男は、30男の話に感動して、それで話が続いているようだ。
他の加宝仲間は、その話が怪しすぎるので、一言いいたいが、何しろ20男がベタッと30男の話し相手になっているので、口をはさめない。
怪しい話というのが、30男は、「将来はLAPD(ロサンゼルス市警)に勤めて、日米の懸け橋になりたい」と言ったらしい。
30男は、ホテル加宝に泊まるくらいだから、お金もないし、おそらく不法滞在の日本人だろう。
ぺらぺらといい加減な話ができるのは、ウソを言い慣れているわけだ。
嘘をよどみなく話せるというのは、自分を守るため。
つまり弱い人間だ。
また、30男が20男との会話に、他の人を入れないのは、自分が嘘をついていることを指摘されるのが怖いからだ。
これはそれ以前にも、似たような経験がある。
バンコクのカオサン通りの裏道で、若い旅行者が二人で話をしている場合、他の旅行者は話に入ることができない。
他人を拒絶するバリアを張っているからだ。
その理由は、他の旅行経験豊富な旅行者を入れたくないから。
旅行経験豊富な旅行者は、どんな人とでも、どんな話も面白く話を合わせられるし、他人の話を面白く聞ける。
ところが、ウソを言っている場合、ウソがばれるのが嫌なので、他人を話に入れたくないんだね。
そういう状況は簡単にわかった。
30男はもともとのウソツキだ。
こういう場合、ウソツキはウソがばれないうちに逃げ出す、と決まっている。
思った通り、30男は、翌日の10月17日朝早くに、加宝を出て行った。
問題は20男だ。
僕は17日の朝食の時間にロビーに降りて、20男がいるのを確認して、30男の悪口を言いだした。
「あの男は、LAPDで働きたいとか言ってたが、あいつは、LAPDへ行ったら、そのまま逮捕、刑務所行きだぜ(爆笑)」
それから、「ああいう嘘つきはよくいるんだよなー。だから今朝逃げ出したんだ(笑)。」と笑いものにした。
もちろんこれは、20男を挑発しているわけだ。
30男をさんざん馬鹿にするわけだから、20男が僕に突っかかってくるのは予定通り。
ただ、この20男も、それほど馬鹿ではなかった。
いろいろ細かくは書けないが、加宝仲間が一番聞きたくない言葉が出た。
「あなたたちはこんな安宿に泊まって、他人の悪口ばかり言って、いったい何をしているんですか?」てね(涙)。
そう言われたら、当然僕の負けになるわけだが、そこで僕は返した。
人間なんて、みんないい加減でかっこ悪いものなんだよ。
でもそれを受け止めることから始めなければならない。
自分の今を誤魔化してはダメなんだよ。
カッコ悪いのが自分だとしたら、それを認めて、そのまま生きていけばいい。
カッコ悪いことを嘘で誤魔化しては、ダメなんだよ。
みんなカッコ悪いんだよ。
と、ここまで返したら、20男は泣き出した。
彼はUSCに入る予定だとか言っていたが、もちろんそれはウソに決まっているわけでね。
僕は、「あとでみんなでモノポリーやるから参加しない?」と誘った。
が20男は、すぐに加宝をチェックアウトしていなくなったみたいだ。
これが1989年10月17日の、ちょっと変わった出来事だったかな。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx