『加宝が治安の悪い地区にあって、夜は外へは出なかった話。夕方にサンフランシスコ大地震が起きた。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/17)

【僕の記憶はいつもここに戻る…ホテル加宝と4番街】
1989年10月16日は、加宝仲間5〜6人で集まって、モノポリーををした。
この時は昼間にやっただけで、別に夜にパーティをやったわけではない。
みんなを集めてパーティをやるというのも、結構疲れるからね。
僕の旅行ノートを読むと、10月16日のところに、走り書きで、「16日夜、女が来る」とある。
その横に、「ハンバーグパーティ」とあるのが、自分でも理解できない。
僕が面倒くさいハンバーグを作って、パーティをやるなんて考えられない。
第一ロサンゼルスでは、ステーキ肉が安いので、肉を食べたければ、ヤオハンに行ってパックされた肉を買って、ホテル加宝の台所で焼けばいいだけ。
いままでも何度もやってるわけだし。
だから「ハンバーグパーティ」をした記憶もなく、やったはずもないが、旅行ノートにはっきり書いてある。
ノートにある以上、ここに書いておきます。
女の子が加宝に来たのは10月16日で、ハンバーグパーティをしたのも16日。
女性を入れてパーティをしたのかどうか覚えてない(パーティ自体の記憶がないんだから当然だが)。
新しい人が来れば話しかけて、一緒に飲むのが僕の一応のパターンだった。
一人旅の女の子が来れば、必ず話しかけて、一緒に飲んだはずだ。
ホテル加宝はリトル東京の南、ロサンゼルスの4番街の倉庫街にあった。
ここはほとんど人がいなくて、昼間歩いても、危険な雰囲気がするところ。
夜に一人で歩くのは、気持ち悪い。
僕が慣れない頃は、リトル東京からホテル加宝まで、夜は走って帰ったこともある。
夜になって食事をするために、わざわざリトル東京の食堂へ行くというのも、よほど慣れてないとできない。
リトル東京で働いている若者の中には、ホテルから夜中に誘い合って出て、中華料理屋に行く人もいたが。
だから夜に宿泊者が集まって、一緒に食べたり飲んだりすることは、必然性があった。
そちらの方が安いし、ビールも思い切り飲めるし、初めて会った同士ならば、話も盛り上がるからね。
だから16日は、何かやったかもしれないが、記憶に残るものではなかったのでしょう。
そうそう16日には、もう一つ変わったことがあった。
新しい若者がやって来て、ロビーで話をしていた。
僕は少し話を聞いていたが、昼間にモノポリーをしていたので、ロビーからは退散した(この時にパーティをしたのかもしれない)。
ただこの話について、ちょっとイラっとしたことがあって、それで17日の朝から昼まで、大議論をすることになった。
これは僕らしくない、異常なことだったので、覚えてますが、それは別の機会に話したいと思います。
それよりも何よりも、この日は大事件があった。
「サンフランシスコ大地震」が起きた。
この地震は、いま正式には、「ロマ・プリータ地震(Roma Preta earthquake)」と呼ばれているらしい。
現在では、ネットで簡単に調べられるので、興味がある人は検索してみてください。
サンフランシスコが揺れて、倒壊した建物が燃えたりした。
それを生中継でテレビ放映していた。
ロサンゼルスでは、たいした揺れはなかったと思う。
僕は日本人だし、地震には慣れている。
この地震が起きた時刻が、現地時間の「1989年10月17日午後5時4分」だった。
この時刻だと、加宝の連中は、一階のロビーでグータラと、テレビニュースを見てたんじゃないかな。
僕は、1989年のサンフランシスコ大地震も、1992年のロサンゼルス暴動も、現地(ホテル加宝)で体験した。
でも旅行者だったので、観光客の目でしか見られなかった。
このあとサンフランシスコの倒壊した建物の前で、日本人観光客が、ピースサインをして記念写真を撮って、それがニュースになったりした。
でも深刻な問題にはならなかった。
日本の経済はまだまだバブルの絶頂に向けて上り調子だったし、日本人にはバラ色の未来しか見えてなかったんだよね。
こうして、僕のだらだら生活は続いていくのでした。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx