『語学の勉強をして、モノポリーをして、モノポリーを旅行哲学する。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/16)

【僕の記憶はいつもここに戻る…ホテル加宝と4番街】
1989年10月15日に加宝仲間5〜6人で集まって、モノポリーをする。
そのあとは反省会も兼ねて、しゃぶしゃぶパーティをした。
モノポリーも、5人ぐらい集まると、変化があって面白そうだ。
10月16日も引き続きモノポリーをした。
加宝仲間では、留学生崩れはいつもロビーで寝て、テレビを見ている。
ガテン君は、暇で部屋にいる。
僕は、この時期、モノポリーをしたくてたまらない。
加宝にはほかにも、暇な人間ばかりだ。
モノポリーをすると声をかければ、すぐに人数は集まる。
ところで、知っている人は当然知っているが、本来のモノポリーでは、勝つのはただ一人。
モノポリー(独占)だから、最終的には、土地や鉄道会社なんかは全部一人のものになる。
終了間際には、破産していない2人の対決になる。
最初の方は、土地をとにかく手に入れて、同じ色の土地を揃えて、地代を上げることに専念する。
ここで起きる交渉が、ポイントだ。
同じ色の土地(カード)を全部自分でそろえるというのは、ほとんどあり得ないことなので、土地の売買交渉が起きる。
この交渉がポイントなんだね。
だから、交渉力が重要になる。
モノポリーをするには、勝利するまでの計画、見通しが必要だ。
ただ、日本人には、最終的に勝利するまでの構想力はない。
その場その場で、いいと思う交渉をして、行き当たりばったりでゲームを続ける。
もちろんゲームはサイコロを振って進めるのだから、偶然が大きく左右する。
しかし目の前の現金がほしいからと、土地を売って、相手にカラーを揃えさせたら、一気に負けが決定してしまう。
大金を払って、カラーを揃えたが、現金がなくて、家を建てられなかったら、潰れてしまうかもしれない。
だから、判断が難しい。
判断が難しいから、面白いわけだが。
やればやるほど、モノポリーは奥が深いと、ゲームをしていてわかった。
ただ、モノポリーは参加者のレベルがそろっていることが必要になる。
例えば誰か一人、交渉を全くしない人が参加した場合、その人が最後まで残って、勝つことはない。
しかし交渉をしない人の存在で、モノポリーは面白くなくなってしまう。
これは実際にあったことだけどね。
また、個人的な好き嫌いをゲームに持ち込む人もいる。
例えば、誰か嫌いな人が一緒にゲームをしている場合、その人がほしがっている土地を売らない人がいる。
これではゲームが成立しないわけだ。
モノポリーの原則は、「すべてのものには値段が付く」ってことだから。
個人的な好き嫌いではなくて、すべて金で解決する。
いかにも資本主義の本場、アメリカ合衆国らしいゲームだ。
ただ、国際大会でも、実際は個人的な好き嫌いの感情で、ゲームの進行が微妙に左右されるらしいけどね。
このゲームが日本でも一時話題になったが、本格的に流行らないのは、日本人は、人間関係の好き嫌いで生きているからだろうね。
日本人同士だと、「あの人にはこの前世話になったから、土地を安く売ろう」とか「この人は嫌いだから、絶対にカードの色は揃えさせない」とかなるのが見えている。
モノポリーは、アメリカだから成立するゲームだったのかもしれない。
だから、僕はロサンゼルスで一時期、モノポリーばかりしていたが、日本では、まったく(小学校以来)やったことがない。
ロサンゼルスのだらだらした人間関係、気楽な雰囲気、いい気候のせいなんだろうね。
それと、モノポリーをしながら、モノポリーとは関係のない雑談をする。
これがけっこう面白かった。
日本にいたら、ロサンゼルスのような生活は、精神的にできないよ。
でも、モノポリーばかりしていると、後ろめたさがあるので、モノポリーの前後には、フランス語とスペイン語の動詞変化をたくさん暗記しました。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx