『語学の勉強をして、モノポリーを買ってきて、遊び方を研究して、ゲームをして、しゃぶしゃぶパーティをする。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/15)

【僕の記憶はいつもここに戻る…ホテル加宝と4番街】
1989年10月14日に加宝仲間5〜6人で集まって、軽く水炊きパーティをした。
14日は、だらだら飲んだり食ったりしなかったので、一人頭6ドルから7ドルで済んだ。
今までのすき焼きパーティや水炊きパーティは、倒れるまで飲み食いしていたので10ドル以上していた。
10ドルと言えば、この時代のドルが130円と考えて、1300円くらいする。
若者が集まって、思い切り食べて飲んで、1300円というのは、日本で考えれば安い。
ただ、ここは物価が激安だった時代の、ロサンゼルスのホテル加宝だ。
ビールも安く、食材も安い。
ホテル代も安いので、普通は週(ウィークリーレート)で125ドル程度だった。
僕はなじみ客なので、シングルの小さな部屋で、一週間95ドルだ。
つまり、生活費は激安だったわけだ。
ただ、加宝滞在中の若者は、原則的には旅行でロサンゼルスに来ている。
いまは働いていないので、いくら安いといっても、お金は厳しい。
働いている旅行者もいるが、その場合は、一緒に食事をとる時間が取れない。
しかしロサンゼルスでは、日本のようなサービス残業自体が存在しないので、気楽と言えば気楽だけどね。
正直言うと、僕はそこまで他人の懐具合を考えたわけではない。
僕は「お金があればあっただけ使ってしまって、お金が無くなってからどうしようか」と考える、のんきな(いいかげんな)性格だ。
いままでもそれで何とかなってきたしね。
でも、みんなで飲み食いするパーティの場合、できるだけ安価にしたいとは考えていた。
それと、僕は基本的に、食べ物にこだわりがない。
何か口にはいるものさえあれば満足なわけで、それよりも、ビールが飲めさえすればいい。
つまみにもこだわりはないよ。
こういう人と一緒になると、奥さんは楽だと思うけどね。
とにかくぼーっとして生活していたが、朝にはフランス語とスペイン語の動詞変化を復習した。
動詞変化の復習は、それほど時間がかからず、またはっきりと勉強した部分がわかるので、簡単に達成感が得られます。
それから英語の本を軽く読んで、町へ出かけて、スーパーマーケットでボードゲームの「モノポリー」を買った。
もちろん英語版で、解説書も英語です。
モノポリーを買って帰ってきて、部屋で、英文解説書を読む。
すると、小学校以来の解釈に、かなり誤解があったらしいことが分かった。
小学校時代は、なにしろ3人でやってたので、ちっとも面白くなかったものなー。
それとルールが問題になるレベルまで、深くまではやってなかった。
さらに、もともとモノポリーでは、それをする地域やグループによって、細かな違いがあるようだ。
それはやっていくうちに、参加者が解決していけばいいでしょう。
こういうボードゲームは、とにかく遊んでみなければ始まらないわけでね。
加宝仲間は、とにかく暇で、それぞれの部屋や、ロビーでゴロゴロしている。
声を掛けたら暇な人間の4〜5人はすぐに集まる(笑)。
この日の日記を見ると、さらにこの日、「バイク野郎/秋田」が来たと書いてある。
当然バイク野郎を誘って、5人くらいでゲームをやった。
2回はやったのではないかな。
ちなみに加宝に住んでいる連中で、留学生はかなりレベルは高かった。
英語の文章なんかは当然読めるし、アメリカのテレビ番組(特にクイズショー)は、普通に楽しんでいた。
だから、ゲームのルールが英語で書いてあっても、問題はない。
最初はルールを確認しながら、2回目は本格的にやってみた。
そのあと反省会を兼ねて、「しゃぶしゃぶパーティ」をしたと書いてあります。
つまりこの日に、加宝仲間はモノポリーという時間潰しゲームを知ったわけだ。
暇を持て余して、ロサンゼルスの安宿にグータラしている若者集団が、モノポリーを知ったら、大変だ。
朝から晩までモノポリーをすることになる。
でもこの時代、何の心配もなくて、幸せだったんだよなー(笑)。
目をつぶると、このころの旅行者のことが思い出されるんだ。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx