『昼はブロードウェイをうろうろし、ボードゲームをチェックして、夕方から水炊きパーティ。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/14)

【ホテル加宝と4番街】
1989年10月12日にやってきた世界チャンピオンの息子がべらべらしゃべってウザかった。
が、ホテルのおばちゃんの一言でウソがばれて、加宝から出て行ったのが今日14日の早朝。
これでホテルはすっきりして、だらだらとした、いつもの加宝に戻った。
ここで僕が言う「加宝仲間」について説明しよう。
ホテル加宝には、2種類の人が滞在していた。
働いている人と、働いてない人。
働いている人は、リトル東京の店に通っているが、だいたい昼から夜にかけてが勤務時間だ。
だから昼頃に起きだすが、自分の部屋に生活道具が一式そろっているので、わざわざホテルの朝食を食べることはない。
勤務が終わって、夜に帰ってくるので、加宝で親しい友達関係を作ることはない。
それでも僕が、中南米一周旅行に出る前、1989年の初めに2か月ちょっと滞在していた時、知り合って、顔見知りになり、時々キッチンで出会って、一緒になって、ラーメンを作ったりはしていた。
挨拶して冗談を言うくらいの友達なので、あっさりして、気楽な感じだ。
朝のロビーで知り合うのは、もちろん旅行者が多い。
この時代(1990年前後)の旅行者で、アメリカ旅行という場合、学生や若者は、1か月以上の旅行期間を取るのが普通だった。
だから宿泊料金が安いというのが最大のウリの、ホテル加宝にも連日誰か、宿泊客が来ていた。
前にも書いたが、宿泊者は無料の朝ご飯を食べに、ロビーに集まるので、そこで知り合って、すぐに仲良くなる。
この時代は、今のように、旅行に出る前から「旅仲間」なんかは募集しなかったものだ。
だって、顔を見て話してみないと、気が合うかどうかわからないからね。
僕も加宝に滞在していただけでいろんな旅行者と出会ったが、どちらが悪いということではなくて、「気が合う人」「気の合わない人」は、いるものなんだ。
それはネットでは絶対にわからないことだ。
僕は最近婚活サイトの動画をよく見るのだが、やはり、直接会って話をして、気が合ったら、お付き合いから結婚へという結婚相談所がいいと思う。
ネットで条件をいくら調べても、条件自体が、どうでもいいことなんだよ。
一番いいのは、「気が合う」ってことなんだからね。
年収や学歴、身長、年齢でいくら絞っても、「気が合う」かどうかは、会って話してみないとわからない。
直接会って話をすることから、すべての人間関係が始まるわけだ。
ネットで意味のある情報が手に入るというのは、子供っぽい、ただの幻想だ。
例えばネットで出てくる広告は、ほとんどがいい加減だからね。
どの広告がいい加減かは、敢えてここでは指摘しないけれど、常識があれば完全な嘘だとわかる。
広告というものは全て嘘だと考えておけばいい。
でも人間って、思いがけなく単純なんだよねー(笑)。
僕は人を信じてなさすぎるので、最初の本「間違いだらけの海外個人旅行」を書いた時も、編集者を信じてなかった。
本屋に「間違いだらけの海外個人旅行」が並んで初めて、信用したんだ。
原稿を書いているときも、「ウソでも一冊分書いておくのは悪いことではない」と考えていたくらいだからね。
昨日、世界チャンピオンの息子が嘘つきだったとバレた。
でも、僕以外の加宝仲間のほとんどは、世界チャンピオンの息子の話を信じてたんだから。
広告のウソなんかについては、また別の機会にきっちり話すことにします。
さて今日は、夕方から水炊きパーティをすると決まっている。
みんなで「明日パーティしましょう」という話になって、そう決まっている。
水炊きパーティだが、夕方ロビーに集まった人間で集まってパーティをする。
だから、何人になるかわからない。
でも、用意するのは、骨付き鶏肉と野菜と、大量のビールだけ。
万が一パーティをやる人数が集まらなくても、ビールや骨付き鶏肉は、明日でも明後日でも使える。
僕はだれも信用してないので、パーティをやる約束も信じてないわけだ(笑)。
水炊きパーティの問題点は、ポン酢が日本からの輸入品で、ちょっと高いってこと。
午前中は部屋にこもって、フランス語スペイン語の変化を暗記していた。
あと「YEN」という英語の本を音読していた。
午後になって、ブロードウェイをぶらぶらと街歩き。
スーパーマーケットで安いヘッドホンを買った(1.99ドル)。
ボードゲームの「モノポリー(MONOPOLY)」が20ドル程度で売ってあったのを見つける。
モノポリーは、中学校時代に買ったことがあったが、その時は、友人と友人の妹と僕の3人だけでやっていたので、つまらなかった。
でも、現在の加宝の状況では、暇でグータラしている若者だらけなので、モノポリーに誘えばできるかもしれない。
それは今日の水炊きパーティで提案してみましょう。
水炊きパーティには5〜6人集まって、適当に話が盛り上がった。
今回は最初に10ドルずつ集めて、食材やビールを買い、余ったお金を返すことにした。
酔っぱらった後で金を集めるのも、なんかイヤだからね。
今日は倒れるまで飲んだり食ったりせず、上品に飲みそして食べた。
夕方から始めて、深夜零時前にパーティは終わりました。
結果一人当たり、それほど飲まなかった人は6ドル、飲んだ人は7ドル、と割り勘もすっきり上品でした。
この値段でパーティがやれれば、みんなの負担にもならない。
パーティ参加者にモノポリーをするかどうか聞いたら、「やりましょう♪」ということだった。
面白いかどうかわからないが、明日ブロードウェイへ行って、買ってきますかね。
これが悪魔のような、モノポリーゲーム大流行のきっかけでした。
その結果、なぜ朝から晩までモノポリーばかりしてたのか、本気でケンカしたりしたのか、わけのわからない状態に落ち込んでいくのでした。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx