『世界チャンピオンの息子が変に僕に絡んできてうざかったが、ホテル加宝のおばちゃんの一言で逃げ出した。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/13)

【ホテル加宝と4番街】
1989年10月12日にやってきた世界チャンピオンの息子がべらべらしゃべってウザったい。
話に矛盾が多すぎる。
それに、日本語が上手すぎる。
彼の日本語は、勉強した日本語ではなくて、日常生活で身に着けたものだ。
言葉というのは、その人の歴史がすべて詰まったもの。
学歴がない(教養のない)人は学歴のないしゃべり方しかできない。
外国語を正しく勉強してこなかった普通の日本人には、そこが理解できない。
普通の日本人は理解できないが、僕の英語は、教養のある英語だ。
なにしろ「ケンブリッジ英検特級(CPE)」の資格を持っているのだから。
この資格は、崩れた英語をいくらペラペラしゃべっても、取ることは不可能だ。
僕が勉強していたロンドンの「INTERNATIONAL HOUSE」では、英語が母国語のスコットランド人がCPEの資格を取るため(資格があれば就職に有利だから)に、わざわざ英語の勉強していたくらいなんだから。
勉強して得られた教養のある英語と、アメリカで普段に日常生活を送って身に着けた英語は、質がまったく違う。
ところが日本人は、その区別がつかない(涙)。
だから英語をペラペラしゃべっている帰国子女の下品な英語が、全く中身がないことに気が付かず、すごいものだと勘違いしてしまう。
ところが言葉に対する微妙な感覚が身についている僕は、メキシコ人と日本人のハーフで、メキシコ育ちで、日墨学院で日本語を学んだという、自称世界チャンピオンの息子の日本語を聞いて、日本人だと思っている。
ただ、僕は、それをわざわざ指摘しはしない。
普通の会話というものは、ただだらだらとした、冗談を交えた、目的のない、言葉の交換だ。
会話に内容があれば、討論ということになるだろうが、討論で結果が出ることもない。
だから、どうでもいい話をして、時間を潰していればいい。
ホテル加宝の朝食時間の会話は、全く中身がないもので、朝のテレビの日本語放送の話題でもしておけばいい。
ただ嘘をついている人にとっては、ウソを見破っている人の存在が、気になるらしい。
朝食の時間に適当な話をしていると、チャンピオンの息子は、僕に突っかかってくる雰囲気のことを言った。
僕の旅行経験について、疑うようなことを言う。
僕は世界中の旅行経験も、京大卒の学歴も、全く嘘はないので、特に何とも思わなかったが、軽くウザったいなとは感じた。
そこで部屋に戻って、スペイン語とフランス語の動詞変化を整理した[leer/escribir//lire/ecrir]。
つまらない人間と付き合うよりは、本を読んだり勉強していた方がいいからね。
この日は、昼食はステーキを焼いて、ワインを飲んで、部屋のベッドに転がり込んで、昼寝をしてしまいました。
夕方にロビーに降りると、適当に話相手がいたので、またどうでもいい話を始めた。
世界チャンピオンの息子が入ってきたので、日本にいつ行くかという話になったりする。
そこに、ホテルの「おばちゃん」が入ってきた。
ホテル加宝のオーナーは、台湾人の一族が経営していた。
だから日本語をしゃべれて、親日的だったわけで、日本語が通じるので日本人客が集まって、日本人宿になってたわけだ。
おばちゃんは、チャンピオンの息子に「あなた、この前も来たね。日本からまた来たの?」と言った。
息子は、メキシコで生まれ育っていて、日本へは行ったことがないという話だったので、この前も日本から来たというのはおかしい。
僕の考えていた通り、彼はウソを言っていたことがバレた。
ホテルのおばちゃんが、ロビーに入ってきて、話をするというのは珍しいことだった。
多分、自称世界チャンピオンの息子が何かのトラブルを起こすのではないかと、心配したのだろう。
確かに、彼は口が上手だったし、世界チャンピオンの息子として、完全に信じていた加宝仲間もいたからね。
金銭的なトラブルを起こす恐れもあったわけだ。
それをおばちゃんが防いだということなのだろう。
ウソがばれたせいか、彼は、翌朝には誰にも会わずに、ホテルをチェックアウトしていった。
僕は最初から嘘だと思っていたので、特に何も思わなかった。
加宝仲間が、「またパーティしましょうよ」というので、明日は水炊きパーティをすることにした。
ビールを思いきり飲みながら、世界チャンピオンの息子の話をすれば、それだけで盛り上がるだろうからね。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx