『某有名世界チャンピオンの息子がホテル加宝にやってきた。僕がベニスビーチのTシャツ屋へ行き戻ってくると、加宝仲間はチャンピオンの息子のことを信じていた。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/12)

【ホテル加宝と4番街】
1989年10月12日(木曜日)。
今日はベニスビーチへ行って、Tシャツを買う予定だ。
ロサンゼルスに戻ってきて、下着のパンツとか靴下は、近くの卸売りの店ですぐにまとめ買いした。
10月6日には、ロビンソンデパートでリーバイス505を25ドルで購入。
10月11日にはLAGEARのシューズを32ドル程度で1足買った。
靴とジーンズと下着さえあれば、気候の温暖なロサンゼルスでは気楽に生活できる。
あと残っているのは、Tシャツだが、これはブロードウェイのTシャツ屋へ行けば、安く手に入る。
ただTシャツにはこだわりがあるので、今日は、ベニスビーチへ行くつもりだ。
ベニスビーチのTシャツ屋には、面白いデザインのものがあって、中南米へ下る前に、買って持って行った。
安いTシャツなので、中南米旅行中にダメになったが、似たようなものがほしい。
ということで、ベニスビーチへ行くつもりだが、僕はもちろん市バス(MTAバス)で行く。
その前に、もちろんロビーで、朝のテレビショーを見ながら、トーストを焼いてコーヒーを飲む。
ホテル加宝では、この朝食の時間に新しい旅行者や滞在者が顔を合わせることになるので、退屈しない。
いま(2017年)は、ネットを見ると、旅仲間を募集している人が目立つ。
でも加宝があったころは、旅仲間は毎朝ロビーで朝食を食べていれば、簡単に見つかったものなんだよ。
加宝も今はなくなったので、僕もロサンゼルスに行く意味がなくなったけどね。
そういう気楽な、のんびりした時代もあったということです。
さてその日は僕がロビーに行ったときは、すでに話が盛り上がっていた。
20歳くらいの若者が話題の中心だ。
話を聞くと、この若者は、これから日本へ行って、ボクシングでプロデビューするとか。
しかも、日本で有名だった日本人世界チャンピオンの息子だという。
その世界チャンピオンがメキシコに試合に来た時に、現地の女性との間にできた子供なので、育ったのはメキシコだそうだ。
僕以外の加宝滞在中の仲間は、有名人の息子と会ったというので興奮して、日本のことをいろいろ教えていた。
この時代は、日本では写真週刊誌全盛期だったので、「写真週刊誌に気を付けた方がいい」とか、アドバイスをしている。
僕はそれ以前に、メキシコで育った割には、彼の日本語が上手すぎるので、「日本語はどこで勉強したの?」と聞いた。
すると、メキシコシティの日墨学院という日本語を教える学校だそうだ。
僕は「お金がかかったでしょ?」と聞く。
彼は、「お母さんがティファナでタコス売りをして稼いでくれた」と答える。
僕は全てのことを軽く受け流すことができる。
世の中のことを、深く考えることがないし、頭から信じることはない。
だから「ちょっと変わった若者が来たな」と思っただけで、朝食のロビーを出て、ベニスビーチへ向かう。
確かスプリングストリートの南行の333番のMTAバスに乗っていった。
ロサンゼルスの市街地をだらだら走るので、1時間以上かかったと思う。
いまの歳になると、乗っているだけでかったるくて耐えられないが、この時代はまだまだ若かったので、バスに乗ってベニスへ行ったわけだ。
ベニスビーチにはこのころ韓国人のTシャツ屋が数軒あって、面白いデザインのTシャツを安く売っていた。
僕は「少年がサーフボードを立てて立っている絵柄のTシャツ」がお気に入りだったが、中南米へ下る前に買ったのと同じものがあった。
そこで同じTシャツを6枚買った。
また「BUTTMAN」とロゴがある、Tシャツを見つけた。
「BUTTMAN」は当然「BATMAN」のパロディで、コウモリの絵がお尻の形になっていた。
これがちょっと高かったが、Tシャツ7枚で、値段を交渉して合計20ドルポッキリ。
あとはベニスビーチを歩いて、海岸沿いの店を軽く冷かして、またバスで4番街の加宝へ戻る。
部屋に戻って、バットマンTシャツを着て、みんなに見せびらかしにロビーに降りる。
もうすでに加宝仲間とは親しくなっていたので、互いにどうでもいい話を交換する。
僕はベニスビーチで、Tシャツ7枚を20ドルで買った自慢話をする。
加宝に残っていた人たちは、世界チャンピオンの息子の話題をしている。
が、僕はこの話は胡散臭いと考えていた。
この時は聞き流しただけで、別に何も言わなかったけどね。
ただ、「加宝の宿泊者のみんなは、人を信じやすいなー(単純な人たちだなー)」とは感じた(笑)。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx