『午前中にブロードウェイでLAGEARを買い、昼は自分の部屋で英、仏、西語の勉強し、夜は日米文化会館の英会話クラスに通う。冷蔵庫盗難事件が話題になる。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/11)

【ホテル加宝と4番街】
1989年10月11日(水曜日)。
10月9日にやってきた「サンアンドレスカップル」が今日日本へ帰る。
9日10日とホテル加宝に2泊して、11日にロサンゼルスを離れる。
これから日本へ直行するのではなくて、ロサンゼルスからホノルルに寄って、しばらく遊ぶ。
それからソウルへ寄って、日本へ戻る計画だ。
これは1990年ごろはかなりポピュラーなルートで、ソウルへ寄ることでもわかるが、大韓航空でこのルートが取れた。
ちょっと頭のいい人たちの間では、ある程度長いアメリカ旅行の帰りのついでに、ハワイへ寄って泳いで帰るというのは人気だった。
ハワイからソウルへ寄って、このころはソウルの物価が安いという評判だったので、買い物をして帰る。
僕がこの世界一周旅行の最後で、韓国経由で日本へ戻ったのも、その記憶があったからかもしれない。
アメリカから日本へ帰るルートで、ハワイで泳ぎ、ソウルで買い物もできるというのは、なかなか魅力的な旅だね。
二人は、午前中に加宝を出たので、ホテルの玄関で見送ってあげました。
でも住所も電話番号も交換しなかった。

旅のいい思い出は、変に追いかけたりしない方がいい。
旅の思い出は思い出のままで、心の小箱に大事にしまっていた方がいい。
旅の友達が、日本でも友達になれるわけではない。
下手に日本で再会したら、旅のいい思い出まで壊してしまう。
僕は、いまでもサンアンドレスカップルのことを、さわやかな気持ちで思い出すことができる。
いまでも「あの女は絶対僕に気があったから、エッチできたに決まっている」と振り返ることができる。
もちろん今では、顔も忘れてしまって、思い出すことはできないんだけどね。
旅の出来事は、いいことも悪いことも、すべて過ぎ去ってしまうのが特徴だ。
さて今日は、ダウンタウンのブロードウェイへ歩き、気になっていた靴を買った。
LAgearで29.99ドルプラスタックスで、31.94ドル。
この時代のドルが、1ドル=130円と考えれば、4千円ちょっと。
日本だと靴は1万円程度が普通だったから、アメリカは安かったわけだ。
午後には、ホテルの部屋で、TOEFLの問題を解き、仏語とスペイン語の動詞変化を軽くおさらいした[poder/pouvoir].。
夕方になって、日米文化会館の英会話レッスンに行く。
メモに「BEN&女」とあるのは、ボランティアの英語教師がBENという名前で、同じテーブルに日本人の女が座ったということだろう。
この日も英会話クラスは、適当に楽しかった。
今日はまた、一週間分の部屋代95ドルを払った。
これはウィークリー料金で、計算してみると、一日当たりは14ドル弱。
一泊1820円となる。
つまり一か月で54600円。
加宝ではこの時期、ウィークリーレートだけだった。
常連客が増えると、マンスリーレートもできて、350ドル程度だったのかな。
ロサンゼルスダウンタウンのシングルルームに、一か月5万円ちょっとで住めるなら、いいんじゃないかな。
光熱費はホテル持ちだし、朝食も付いている。
食品は安いし、ビールも安い。
骨付きチキンを買ってきて冷凍しておけば、飢えることはないしね。
素晴らしい生活だが、この日ちょっとした事件が発覚した。
ノートにメモしてあるが、「冷蔵庫盗難事件」が起きたんだ。
これは解決までに結構時間がかかった。
ただ、盗られたのは冷蔵庫の骨付きチキンと缶ビールが少しだったので、大問題にはなりませんでした。
解決までは結構時間がかかりましたが、いつごろ解決したかは、この旅行記を読んでれば、いつかわかるでしょう。
それよりも、明日とんでもない人物が来て、加宝の平穏を乱すことになります。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx