『午前中はサンアンドレス島カップルのことを考え、ロビーで話をして、昼は自分の部屋で英、仏、西語の勉強し、夜は日米文化会館の英会話クラスに通う。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/10)

【ホテル加宝と4番街】
1989年10月10日(火曜日)。
昨日は、カリブ海に浮かぶコロンビア領サンアンドレス島で僕が知り合ったカップルがホテル加宝にやってきた。
彼らと出会ったのが、1989年9月11日、サンアンドレス島のビーチだった。
サンアンドレス島から同じフライトで、グアテマラシティへ入り、夜中の3時ごろまでひたすら飲んだ。
9月12日の深夜3時(9月13日午前3時)まで飲んだわけだが、グアテマラシティのダウンタウンは午前3時でも結構にぎわっていたよ。
カップルと別れたのは、9月14日、アンティグアの日本レストラン「ZEN」だった。
別れるときに、「ロサンゼルスのホテル加宝にいるから」といった僕の言葉を覚えていたらしい。
義理堅く加宝に来て、僕に会って、一緒に午前3時までビールを飲んだわけだ。
話が午前3時まで続くというのは、本当に気が合わないと無理だ。
彼らは、知的レベルも高かったので、旅行も興味深かった。
だいたい、アルゼンチンのパタゴニアへ行って、3か月も過ごしたというのだから。
テントを張っていると、現地の子供から石を投げられたというのも、興味深い話だった。
さらに、アマゾン川をリバーボートで旅した。
これも本格的な旅の話だった。
このカップルがいいのは、女性がかなりビールを飲めるところだったね。
カップルがべたべたしていないのも格好いい。
日本人カップルが長期旅行をしている場合、モテたことのない同士だと、カップルで旅しているのを自慢していることが多い。
モテなかった人間が、やっとお相手を見つけてる場合。
これはとても見苦しいわけだが、本人たちは舞い上がっているので、その恥ずかしさに気付かない。
こういう夫婦(カップル)の場合、無謀にもカップル旅行の本を出したりする(恥)。
もちろんモテないカップルの話なんか、面白くないに決まっている。
が、旅行者というものは基本的には、全員がモテないので(だから海外旅行なんかに出るわけでね)、同じレベルのモテない読者はいるようだ。
ちなみに僕は結構モテてきているので、結婚もして、離婚して、本格的な海外旅行に出たわけだ(笑)♪
僕がどれだけモテモテだったのか、それは読んだらほとんどの人が怒り出すので、書きません。
例えば僕が結婚相手と別居していた時、モデルさんと割り勘でハワイへ旅へ行ったのは、有名な話だね(「世界冷や汗一人旅」に書いてあります)。
この本には海外でエッチを迫られた日本女性の体験も、紹介してあります。
長期のカップル旅行というものは、どちらかが主導権を取っていて、もう一方は従っている場合が多い。
中高年のカップルの場合は、男性が(金を出しているので)主導権を取ってはいるが、実は奥さんがご主人の世話をしている場合が多い。
以前ある新聞に、世界一周から戻ってきた夫婦の記事があった。
ご主人は、「また世界一周をしたい」と言っていたが、奥さんは「また行くなら一人でどうぞ」ということだった(涙)。
いまでは金さえあれば(そして日本の富裕層は激増しているわけだから)、世界一周は簡単にできる。
海外の情報もあふれているしね。
金があれば、豪華客船での世界一周もできる。
また、若者を集めた船旅もある。
ただ、そんな安易な旅をしても意味はないんだ。
一人旅できないようでは、人間として評価はできない(団体旅行で、世界一周しても意味はない)。
いまは金と暇がある人は、どんな旅行でもできる。
固定観念に取りつかれたまま、頭が固いまま、世界一周もできる。
長期旅行をしたところで、出る前と少しも変化していない。
行った世界遺産の数が増えて、旅した国の数がすこし増えただけ。
人間的に奥が深くなったわけでもない。
旅行自慢が激しくて、ますますウザったくなっただけだ。
こういう人たちは頭が固いので、話が面白くないんだよ。
サンアンドレス島で出会って、グアテマラのアンティグアで別れて、1か月後にロサンゼルスのホテル加宝で再会したカップルは、本当に気持ちいい人たちだった。
こういうタイプの人は、何かにとらわれることがない。
僕は女の子が少し好きになっていて、僕が言えば、エッチさせてくれるだろうと思った。
そういうタイプの人っているものなんだよ。
モテない人にはわからないけどね(涙)。
そういうことをぼんやり考えて、二日酔いの頭で反芻しながら、ホテル加宝のロビーでトーストを焼いて、コーヒーを飲んで、午前中を過ごした。
部屋に戻って、スペイン語[ir /venir]とフランス語の動詞変化[aller/ venir]を確認した。
TOEFLの問題集も少しやった。
まあでも、日本の英語教育はダメだなと思う。
図書館へ行って、本を5冊借りてきて読み始める。
夕方には久しぶりに、日米文化会館へ行って、英会話の授業を受けた。
僕のノートには、「米人おじさん」「ハゲ」「フィリピン人」とメモってあるだけ。
これは、英語教師のことでしょう。
前にも書いたが、日米文化会館の英会話クラスに先生として教えているのは、ボランティアだった。
特別な資格があるわけでもなく、ただ英語の話相手になるだけだ。
このクラスを目的にリトル東京に滞在して、無料(一年間50セント?)で英語を学ぼうと考えている人がこの時期多かった。
教師も、大学生や大学院生、おじいさんおばあさんが最初は多かった。
ところが、日本人の30歳前後の若い女の子が増えると、女の子は米国人男性とのおつきあいが目的になる。
米人と結婚して、アメリカに住み着きたい人たちばかりになる。
すると当然、日本女性を目当てにした男性が増えてきて、だんだん婚活パーティのようになってしまった(笑)。
こういう問題を相談されたこともあったね。
でもこの日の英語クラスは、それほどひどい状況でもなく、気持ちよく過ごせました。
明日も暇なので、英語クラスに出てみましょうかね。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx