『コロンブスデーに軽薄な中年男と出会ったが、夕方にサンアンドレス島のカップルが来て、みんなでビールを飲む。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/09)

【ホテル加宝と4番街】
1989年10月9日(月曜日)。
今日はアメリカでは「コロンブスデー(COLUMBUS DAY)」らしい。
コロンブスデーは、毎年10月の第二月曜日だそうだ。
1989年10月9日はたまたまその日に当たっていたので、ロサンゼルスでは、一応休日になっていた。
ただ僕にとっては毎日が日曜日なので、休日も平日も関係なく、フーンと思っただけだ。
僕のグータラ生活にとっては、特に何の影響もなかったが、ノートにメモしてあったので、それを書いてみただけです。
今日もホテル加宝には、わけのわからないひとがやってきた。
中年の日本人でへらへらした、信頼できない人だ。
朝飯のときにちょっと話をしただけで、まともな話が続かないので、僕とはそれっきり付き合いはなかった。
これでもわかるように、旅先で出会って話をする人間が、みんな誠実で気持ちいい人かというと、それは大きく違う。
特に中南米旅行中の出会いでは、かなり怪しい人が多かった。
こいつはダメだなと感じた旅行者は、出会っても無視してきたので、この旅行記には最初から存在しないものとして考えている。
誰だって、旅をしていて、気が合わない、いやなタイプの人と出会ったことは、記録したくない。
思い出すだけ時間の無駄だ。
旅行記が面白いとしたら、面白い出来事、面白い出会いがあふれているからだが。
もちろん面白くないこともあるわけだが、それは自動的に記憶から消去されている。
だから世間にありふれている旅行記は、本来、半分嘘だともいえる。
旅行記は旅人が出会った面白い人のことは書くわけだが、わざわざつまらない人のことは書かない。
実際つまらない人のことは、思い出したくないし、あっさり忘れてしまうのが、人間というものなのだろう。
旅行だけではなくても、昔の思い出は全て美化され、甘酸っぱく思い出されるものだ。
いまのところ金もまだまだあるので、そんなつまらないことをまじめに考えたりはしない。
スペイン語の動詞の変化をおさらいした[hablar/ comer/ vivir]。
それからフランス語の動詞変化も、復習した[chanter/ finir]。
勉強しすぎて、頭が疲れたので、リトル東京の「ビデオジャック」へ行った。
適当なビデオを借りようと考えたが、選んだのは葉山令子の「処女宮」と「ひょうきん族」「北野テレビ」だった。
午後は部屋にこもって、ビデオを見て、過ごす。
夕方に部屋にホテルのフロントから、電話がかかってきた。
「西本さん、お友達が来てますよ〜♪」とのこと。
誰かと思って、3階から1階まで階段を軽やかに駆け降りると、立っていたのはなかなか格好のいい日本人男女カップル。
コロンビア領のカリブ海の島「サンアンドレス島」で出会って、グアテマラシティで別れたんだったっけ。
ちゃんと僕の旅行記に書いてある。
出会ったときの話がこれ。
『サン・アンドレス島のビーチで、日本人カップルと会って、話が盛り上がり、出発を延ばす』@サン・アンドレス島/コロンビア
一緒にグアテマラシティへ飛んで、同じ宿に泊まって、このカップルと僕の3人で、午前3時まで飲んだ。
そのあと僕は、一人でウエウエテナンゴへと移動したんだった。
『サン・アンドレス島からグアテマラシティへ飛んで、宿を決めて、午前3時まで飲む』@グアテマラシティ/グアテマラ
その時に、ロサンゼルスのホテル加宝の話をしたんだろう。
グアテマラシティで別れた旅行者が、僕の情報を信じて、ホテル加宝へやってきた。
これは飲まないわけにはいかないでしょう。
いつもの飲み仲間、Fくんとガテン君、サンアンドレスで会ったカップル、それからロビーにいた暇そうな若者にも声をかけた。
結局、6人で誰かの部屋でビールを飲んだ。
この時代は、冷蔵庫に缶ビールがたっぷりあったからね。
またまた午前2時ごろまで飲んでしまいました。
これがホテル加宝の日常になってしまったわけだ。
ビールの値段が安いので、水代わりにのどに流し込んでいた。
つまみも誰かが持っているものだからね。
この時の話は全く覚えていないが、旅の話には、中身がない。
ワイワイと話すこと自体が、旅の話なんだからね。
今日もおかしい、楽しい、気楽な日だった。
明日はどんな変わったことが起きるのでしょう(笑)?

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx