『スペイン語とフランス語の復習をして、美人女子大生とサンフランシスコへ行ったガテン系の若者とF君と、3人で午前2時まで飲む。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/08)

【ホテル加宝と4番街】
1989年10月8日。
昨日朝、ちょっと気になっていた美人女子大生さんを、サンフランシスコへ旅立たせた。
一人ではちょっと心配だったので、たまたま加宝にいたガテン系の若者と一緒に行かせた。
ガテン系も日本からロサンゼルスへ来ただけで、どこも観光はしてないので、ちょうどいいだろう。
まともな人間は、日本人宿のホテル加宝に長期滞在してはいけない。
特に旅に出てすぐに、加宝のようなだらだらした宿で、友達を作って楽しんでいては、海外旅行はダメになってしまう。
僕はそういう例を、東南アジアの日本人宿でもたくさん見てきた。
「世界一周旅行を志して、日本を出て、東南アジアへ行ったら、人間関係が心地よくて、東南アジアに居続けた」という話はよくある。
カオサンの安宿にはただカオサンに滞在するだけのために、日本を脱出してきた人も多い。
でも、日本からカオサンに行って、だらだら過ごしているのでは、人間としてもダメダメちゃんだけどね(笑)。
僕はインドネシアのジョグジャカルタで、世界一周に出た女性音楽家と話したことがある。
彼女は、現地の大金持ちとたまたま知り合って、メイドさん付きの大金持ちの家に住んでしまって、世界一周ができなくなった。

これは音楽家から直接聞いた話だ。
金持ちの家に長期滞在が悪いとは言えないが、世界一周旅行というもともとの目的は達成できなかったわけだ。
また、ナイロビの有名な日本人宿「リバーハウス」で、人間関係が居心地がよくて、アフリカ旅行を諦めた人もいる(ケニア旅行記(1988))
なぜわかるかというと、これは僕自身の話だからね(涙)。
「まあキモチよければすべてよし」だけど。
ただ、やはり、アメリカ一周を志して旅に出たら、ロサンゼルスの安宿でだらだらしてもらっては困る。
知的で美人のまじめな女子大生さんには、ホテル加宝程度の安宿で、だらだら過ごしてほしくはなかった。
僕は彼女が結構好きになったので、逆に、僕がだらだら過ごしているのを彼女に見られるのもイヤだったんだよ。
それは昨日、ガテン系の若者と一緒に、サンフランシスコへ送り出したことで、一件落着。
気になる女の子もいなくなったので、また加宝の自由な時間が戻ってきた。
とにかくフランス語とスペイン語の動詞変化を暗記する。
これはたいして時間もかからず、達成感が得られるので、時間潰しには最適です。
午前中には朝食を食べて、新しい旅行者と話をした。
この日は、グアテマラのアンティグアでジムを経営しているという人が来た。
陸路でアメリカ入国の時に、1時間調べられたそうだ。
興味深い話だったから、ノートにメモってあったが、全く記憶にないし、そのあと付き合った気もしない。
おそらく彼の話は嘘だと判断して、無視したのだろう。
海外では面白そうな経歴や体験を話す人は、ウソツキが多いんだよ。
午後の早い時間は、スペイン語とフランス語の勉強をして、TOEFLの問題集を解いて過ごした。
夕方になったら、部屋の電話がかかってきた(ホテル加宝には各部屋に電話がありました)。
なんと昨日朝サンフランシスコに行ったガテン系の若者が、もう戻ってきた。
昨日の午前中にロサンゼルスを出て、今日の午後戻ってきたということは、サンフランシスコで一泊しただけだ。
いつもロビーの長椅子でゴロゴロしているFくんを誘って、部屋で焼き肉をやった。
この焼肉パーティのことは記憶にありません。
知的美人女子大生とサンフランシスコへ行ったガテン系君が、たった一泊しかせずに加宝へ戻ってきた。
一応旅の話を聞く。
彼の話によれば、「あの女やっちゃいました」とのこと。
確かに、僕の「世界旅行哲学」によると、「知的な女性はセックスが大好き」ということになっている。
ただ、こんな口の軽い男とセックスするのは、ちょっと心外だった。
僕の彼女に対する評価は、ググッと下がった。
僕も2000年ごろに、アメリカ留学中の美人大学院生からメールをもらって、誘われたので、彼女のアパートメントに泊まりに行ったことはある。
だから(それ以外でも)、すでに「頭のいい女性は、セックスに積極的」という旅行哲学は完成していた。
でも、ガテン系男性のように口の軽い人間とエッチをしてしまうのでは、うたてしやな(興覚めです)。
僕がこの後、美人女子大生とエッチをしたら、ガテン系若者より下になる。
結果的に僕は彼女が加宝に戻ってきて、僕の部屋に電話をかけてきて、部屋へ来たいといったとき、敢えて会わなかった。
それは、世界旅行者としての矜持が許さなかったからだ。
この話、一か月後くらいに、彼女がアメリカ一周から戻ってきたときに、詳しく語ることがあるかもしれません。
ホテル加宝では、いろんな人間関係があったわけね。
1980年代の若者は、海外で友達を作っては、グータラ過ごしていた。
それはどこでも一緒で、すぐに仲間はできたものだ。
現代では、日本で旅仲間を募集して、一緒に旅に出たり、現地での出会いまで予約する人が多いようだ。
現実には、ネットで友達を探すのは無理だと思うけどね。
人間は、直接会って、話をして、その雰囲気とか、言葉遣いで判断するものだ。
ネットで募集かけて集まるのは無理だし、集まったらとんでもない人と出会うと思うよ(笑)。

そのまま3人で、午前2時まで飲み続けたとノートに書いてある。
覚えてないが、そうだったのでしょう。
いまの友達のいない人から考えると、なかなか面白い人間関係だったとわかるでしょう。
僕もこれを書いているのが、旅行ノートを読みながらなので、明日何が起きるかわかりません。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx