『ホテル加宝の日常/買い物/街歩き/旅行者との出会い』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/06)

【ホテル加宝と4番街】
1989年10月6日、加宝に戻ってきて、やるべきことを次々とやっている。
中南米一周旅行に出る前に知り合っていた人とも再会した(ホテルのスタッフや長期滞在者)。

アメリカのホテルだから、ビザもなしに旅行でやってきた観光客が、半年以上たった後に、まだいるのはおかしい。
ただ、1989年の時点では、アメリカの入国管理が緩かった。
観光で来て、バイトをしながらだらだら滞在していても、ごく普通のことで黙認状態だった。。
ロサンゼルスのリトル東京のお土産物屋、小さな店、カラオケ店、などの従業員はほとんどがそういう若者だった。
アメリカ旅行に来てそのままバイトしてアメリカで5年生活していても、次の入国で問題は起きなかった。
それはもちろん1990年以前の話です。
いまは不法滞在、不法就労は、記録が残って、いろいろ問題が起きると思われるので、注意してください。
日本人旅行者がのんびりだらだら過ごしていた時代の気楽なアメリカが、本当のアメリカだと思うんだけどね。
僕の「ホテル加宝物語」は、そのお気楽な時代のことを描いている。
だから、面白いんだね。
その面白さが十分に書けてないのは、僕の能力が足りないからでもある。
もう一つは、僕が知っている「非常に興味深いこと」をそのまま書くと、いろいろ問題が起きそうだから抑えている(笑)。
ネットでは下手なことを書くと、一斉に攻撃されるからね(涙)。
だから、僕がぼかして書いているところは、精一杯想像を膨らませて読んでください。

中南米旅行中に考えていた「ホテル加宝でのパーティ」も、すき焼きパーティ、水炊きパーティと済ませた。
面白そうな旅行者も次々にやってくる(そしてそれぞれの目的地に旅立っていく)。
新しい仲間がどんどん現れるし、それぞれに興味深い体験をしているので、話すだけで面白い。
ただこの時期は、僕のノートには、一つ一つの出会いを、細かく書いてない。

とにかく、毎日違った人がやってくるので、退屈することはない。
新しい人と話をするだけでも、午前中は潰せる。
午後になって、ヤオハンに行って、弁当を買うなりすれば(一日一食)その日の食事は終わり。
ホテル加宝には、この時代はゆで卵と食パンの朝食が無料でついていたので、その他に一日一食食べれば十分。
コーヒーは自由に無料で飲み放題だ。
だから、誰かに声をかけて、だらだらコーヒーを飲みながら、ロビーでいくらでも話をして時間が潰せる。

夜にはビールを飲んで、つまみを口にすればいい。
その時は一階のロビーに集まって、テレビのクイズショーでも見ながら、みんなでワイワイ答えを言い合ったりしたものだ。
物価が異様に安く、気候も温暖で、人間関係もカラッとしている。
日本では他人のことを気にするが、ロサンゼルスでは基本的に、他人のことは気にしない。
楽しく会話していても、互いに相手の言うことを信じてない。
まあ、ロサンゼルスにいる人が語る経歴などは、信用できない。
つまり、表面だけの付き合い。
だからロサンゼルスは、気楽なんだよ。
今日は僕は町へ出かけた。
ロサンゼルスのブロードウェイから7番街の繁華街へと歩いた。
ロビンソンデパートだったと思うが、リーバイス505を25ドルで一本買った。
それから靴をチェックして歩いた。
ブロードウェイには、小さな靴屋が並んでいる。
リーボックのスニーカーを見つけたが(42ドル)、サイズがなかった(とノートに書いてある)。
この時代、日本の物価は海外に比べて高いというのが常識。
だから、僕のような長期旅行者は、日本では服も靴も買わずに、ロサンゼルスで買っていた。
僕が1990年代から2004年ぐらいまで、毎年ロサンゼルスに1か月ほど行ってたのは、単に物価と生活費が安かったからなんだね。
通りを歩いていると、ブラックレインを上映していた。
言葉は英語で、スペイン語のサブタイトルがついているらしい。
この時は、ノートにメモしてあるだけで、映画を実際に見たのは、ハリウッドのマンズチャイニーズシアターだったけどね。
あとはだらだらと本屋に行ったり、図書館によったり、レンタルビデオ屋をチェックしたりた。
一度加宝に帰ると、最近よく話をしている若者がいたので、一緒にヤオハンへ行って、遅い昼飯を食べた。
僕のノートには、この日「アラスカバイク野郎」と「南アメリカ行き」と書いてある。
アラスカをバイクで走って、ロサンゼルスまでやってきた人がいたのでしょう。
それから、これから南米へ下る旅行者と会ったわけね。
この時代はほとんどが長期旅行者だったので、こういう旅行者は多かったんだ。
だから特にはっきり記憶に残っているわけではない。
でも誰が考えたって、アラスカをバイクで走って、カナダ、米国と旅をして、ロサンゼルスへ着いた人の話は面白かっただろう。
また、これから南米へ行く長期旅行者と会えば、僕は中南米旅行から戻ったばかりなので、いい話相手になったでしょう。
加宝にのんびりと滞在して、だらだらしているだけで、一日でこんな人に出会えるのだから、旅行者としては天国のようなところ。
ただ、どういう人だったのか、覚えていません。
旅の内容もメモってません。
とにかく今日のような、特別に何にもない日でも、ホテル加宝にはいろんな人が出入りして、面白かったという話です。
この時代、毎日毎日、いろんな旅行者が現れるので、飽きることはなかったね。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx