1989/03/06 世界旅行者は、誰にも見送られず、ひっそりとホテル加宝を出て、中南米旅行に出発する

【ユニオンステーションの待合室にて(2007)】
前夜午前3時まで話をしていたが、自分の部屋で、午前7時に目が覚める。
このところ体調がスッキリしなかったが、今朝はなぜか気力がわいてくる。

よーしこのまま、旅に出よう!
荷物はほとんどまとめてあったが、それをもう一度ベッドに広げて、バックパックに詰めなおす。

とっととトイレに行き、シャワーを浴び、髭をそり、歯を磨く。
ユニオンステーションからサンディエゴ行きの列車は2時間おきくらいにある。

ノートには午前10時20分、午後12時25分とメモっている。
午前10時20分の列車に乗れば、お昼過ぎにはサンディエゴへ着けるはず。

そうすれば、午後の早い時間にティファナのバスターミナルへ行く。
そのバスターミナルで、どこへ行くか考えればいい。

体調がよければ、そのままカリフォルニア半島のラパスへ移動するつもりだ。
しかし、海外個人旅行の計画は常に柔軟に考えた方がいい。

今日どこで寝るかは、ティファナのバスターミナルまで行ってから考えることだ。
ロサンゼルスで考えても意味がない。

午前9時7分にホテル加宝を出る。
ホテルの受付には誰もいなかったので、部屋の鍵を受付に置く。

実は、これが僕の望んでいた出発だ。
誰にも見送られず、誰にも知られず、こっそりとホテル加宝から消滅すること。

ゆっくり歩いてユニオンステーション到着が、午前9時半。
サンディエゴへの自由席の切符が23ドル。

【アムトラックの巨大な機関車(2001)】
指定席は5ドル余計にかかるが、席はあるので必要ない。
駅で発車時刻を確認したら、午前10時50分の列車があった。

プラットホームから、列車に乗り込み、海側の窓際席、つまり右側の席る。
アムトラックはさすがにシートが大きくて、とても楽だ。

客車はオープンサロン式で、席は全部前方を向いている。
バックパックを荷物棚に上げて、シートに座ると、列車が動き出すのが午前11時。

発車のベルもなく、列車は、静かに、しかし力強く動き出した。
これが世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)の中南米旅行の始まりだった。

この続きは「世界旅行者の「中米旅行記1989」を読んでくださいね♪
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記