1989/03/05b バブル女「なおこ」と「ゆかり」がやってきたので、また送別会(パーティ)をする

【ホテル加宝のパーティの一場面】
3月5日。
ホテル加宝も3月になると、本当に旅行者の数が増えた。

ホテル加宝は2月3月の卒業旅行シーズンともちろん夏休みに客が増える。
部屋の数は結構あるのだが、使えない部屋も多かった。

夏休みなど、本当に客が殺到した時は、個人旅行者にお願いして、ツインルームに入れたこともあったとか。
1989年の3月は、バブル崩壊前で、次々と旅行者がやってきていた。
ちなみに、1989年12月29日に、日経平均株価が最高値38915円を出した。
これ以降株は下がり続けたわけで、僕が中南米旅行から戻って、南太平洋アイランドホップを考えていたころだ。
日本の空港のカウンターで切符を買って、そのままロサンゼルスへ飛んできた若者もいた。
卒業も決まり、大企業への就職も決まった後で、突然、「海外旅行に行かなければならない」と、焦ったからだそうだ。

現在のように、旅に出る前にネットで質問しまくるよりはずっとマシだよ。
旅に出る前からすべて頭で理解してしまったら、旅はちっとも面白くないからね。

この日の朝会った50歳代の変に態度の大きいおばさんと性格の悪そうな女子大生も、変わっているといえば変わってた。
この場合、おばさんにとっては有利な組み合わせだ。

女子大生にしてみれば、せっかくのメキシコ個人旅行をおばさんと一緒だったら、大損だよ。
同じような年代の若者と知り合いにくいからね。

日本から一緒に旅行日程も合わせて旅に出たら、途中で分かれることも難しいだろう。
特にあの口の悪いおばさんと一緒だと、友達なんか出来ないだろうからね。

Y谷くんとロビーで話をしていたら、次にやってきたのが、やはりちょっと上から目線の女の子2人だった。
僕は1987年、つまり2年まえに日本を出ていたが、この2年の間に日本はバブルで、人々の服装もきらびやかになってたんだろう。

普通の日本人から見れば、ジーンズにTシャツでクターッとしている日本人は珍しかったのかもしれない。
実際僕がこのあと1990年に東京へ戻ったら、新橋のサラリーマンの服装がイタリア系になっていて、びっくりしたくらいだからね。

この女の子は、「なおこ」と「ゆかり」で、かなりかわいくて、キャバクラ系の雰囲気があった。
2人はハワイで待ち合わせして、ロサンゼルスへ飛んできた。

なおこちゃんが先にハワイにいた。
何をしていたのかというと、不動産屋のおじさんとハワイを楽しんでいた(バブルだねー♪)のだとか。

Y谷くんも口がうまいし、僕は状況によってはどんなすごい話でも出来る。
2人を持ち上げて、危ない方向へ話を向けたら、2人とも遊びまくっている女だったよ。

ただ僕のタイプじゃないんだけどね。
僕は、まじめで頭のいい(orちょっと変わっている)女の子じゃないとダメなんだ。

夜は、また僕の送別会という口実のパーティをやることになった。
なおこちゃんとゆかりちゃん、ブラジルさん、Y谷くん、ギャンブル肺結核男、それに「自転車」に僕。

ノートに「自転車」と書いてあるのは、当然、北米一周サイクリストがいたのだろう。
ただ、僕の記憶からすっぽりと抜け落ちている。

おばさんと一緒の女子大生にも一応声をかけたが、やってこなかった。
結局7人になって、ワイワイと盛り上がる。

大川のおじさんが、トマトを6個、饅頭を7個差し入れてくれた。
僕が「おじさん、一応僕の送別会ですが、出て行くかどうかわかりませんよ(笑)♪」と言う。

するとみんなは、「西本さんが出て行くなんて、誰も思ってませんよ(笑)」という雰囲気だ。
なおことゆかりを誘って、明日はどこかへ行く計画も出来上がる。

女性は午前0時で部屋に帰した。
男性陣は、午前3時まで話をした。

今日も楽しかった。
明日も楽しい計画がある。

しかし、世界旅行者は、心の中で、「明日出発しよう」と決意していた。
というのは、なんでも一番盛り上がった時に、立ち去るのが格好いいからね。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記