1989/03/05a 嫌味なおばさんと、それにつりあった若い女がメキシコ旅行のためにやってきた

【ホテル加宝】
ホテル加宝は1989年の3月にはいると、とにかく人が増えた。
卒業旅行の若者も多いし、航空運賃の関係なのか、バブルのせいなのか?、一般人の個人旅行者もどんどんやってくる。

朝、僕は、加宝のロビーでグータラしていた。
僕の今日の予定は、昼ごろにロサンゼルスマラソンをリトル東京に見に行くだけ。

僕は旅に出る、旅に出ると言いながら、2か月以上も一向に出発しない。
加宝仲間もホテルの人たちも、みんな「西本さんは、このままずーっといるだろう」と思っている。

「あーら、みなさんなにをしてらっしゃるの?」という場違いな、変に僕たちを軽く見た、上から目線の言葉が聞こえる。
50歳を過ぎた痩せたおばさんと、20歳代のこれも(顔は悪くないが)性格の悪そうな女が立っていた。

僕は、旅先で出会った人と片っ端から(時にはとてもディープな)話をしている。
すると、ちょっと顔を見ただけで、どういう人間か見切ってしまえる。

僕の直感で、この2人とは「話が合わない」と、タグをつけた。
ただ、どんな面白くない人間でも、旅先で出会えば、話すことはあるんだよ。

だって、どうしてここに来たのか、これからどこへ行くのか、だけだって面白いからね。
話を聞くと、2人が出会ったのは、なんと「東京のメキシコ大使館」だという。

これはちょっと面白いね。
2人は別々に、メキシコ大使館へビザ代わりのツーリストカードをもらいに行った。

そこで、おばさんが若い女に声をかけて、「一緒にメキシコへ行きましょう♪」と話をつけたらしい。
結局2人とも、「寂しがり屋で、気が小さい」典型的な日本人なんだね。

加宝に来て、ロサンゼルスからメキシコへ行くという意味は、かなり長期の旅行になる。
長期の旅行ならば、誰と出会うか、なにが起きるか、わからない。

だとしたら、旅で誰と出会うかについては、神に任せたらいいさ。
ところが、日本人というのは、本当に気が小さい。

東京のメキシコ大使館で出会っただけで、旅行予定まで合わせて、一緒に旅に出た。
加宝に泊まったのは、そのころの「地球の歩き方」に載っていたからだろう。

日本人は、一人で旅に出ることに、恐怖感を抱くものだ。
それは、日本人の本質に根ざしている。

日本人は、日本で常に何らかの集団に属していたので、海外でも一人ぽっちはイヤなんだよ。
一般的な、一人の日本人はとても弱い。

ところが寂しがりやで気が小さい日本人は、集団になると急に態度がでかくなる。
それは逆に、一人で弱いということの裏返しなんだよ。

この2人の日本女性旅行者は、変に強気だった。
おそらく、メキシコ個人旅行をする自分をすごい旅行者だと、勝手にランク付けているのだろう。
そして、ホテル加宝でグータラしているような人間は、社会のオチコボレだと決め付けているわけだ。
それは、まあズバリ当たってるけどね(笑)。
僕は彼女らを、話が合わないと見切った。
加宝仲間を引き連れて、ロサンゼルスマラソンを見に、リトル東京へ行く。

ロサンゼルスマラソンは、リトル東京の二番街を西から東へ通過する。
二番街とサンペドロの角で「祭太鼓」という太鼓のパフォーマンスをやる。

ただ見学するつもりで行ったら、いつの間にか、リトル東京の給水を任されてしまった。
日本のマラソン大会で、ただ近くにいただけの人に給水所を全部任せるなんか、するかな。
日本なら、きっと給水所のボランティアも、登録した人間しか出来ないのではないかな?
ロサンゼルスでは、誰もそんな堅苦しいことは言わない。

ロサンゼルスは日本ではない。
何かをやろうと本気で思えば、いくらでもチャンスはある。

いつの間にか、加宝仲間はリトル東京の給水ポイントの主役にさせられてしまった。
だから、僕から声をかけて、加宝仲間を集めて、仕事をさせる。

これはつまり、紙コップに水を入れて、それをランナーの皆さんに手渡すわけだ。
これは結構面白かった(笑)♪

次々と変わった人がやってきて、水をもらっては、喜びを表すんだからね。
もちろんロサンゼルスだから、コスプレをしている人も多い。

日本とおそらく中国以外では、マラソンはお祭なんだよ。
日本は変にストイックにランナーを持ち上げる。

世界各地の都市マラソンというものは、ランナーや見物客、観光客誘致のためにやっている。
都市住民というものはボランティアで参加して、マラソンを盛り上げる。

それによって、その都市の知名度も上がり、経済的な発展もあるわけだよ。
そこが日本はわかってないからダメなんだよなー。

日本人は世界標準から見たら、なんにもわかってないけどね(涙)。
その原因は、日本のメディアが世界から閉鎖されて、引きこもっているからなんだよ。

「世界から閉鎖されている」とは、英語で発信していないってこと。
逆に、英語のナマの情報が、直接、日本の中に入ってないってことでもある。

僕はずーっと昔から、日本の地上波に英語専門局を作らないとダメだと言っている。
また、24時間英語ニュースのラジオチャンネルを作れと、アドバイスしているのになー(涙)。

まあ、日本人は農耕民族で、海外の狩猟民族と戦う能力はない。
だから、最終的には、負けてしまう。

それにしても、ちゃんと自主的に、世界から引きこもる政策を作った方がいい。
そうしないと、世界から馬鹿にされ、見捨てられてしまう。

この2つには、大きな違いがあると思うのだが…。
マラソンのボランティアも、ランナーが通り過ぎる1時間もすれば終わって、ホテル加宝へ戻ってきた。
加宝のロビーにいて、世間話をしている。
すると、次は日本人のピチピチヤングギャルがやってきたんだよ。

神様って、本当に僕を中南米旅行に出したくないんだろうね。
でも、世界旅行者が神の気まぐれのままに行動すると思っているとしたら、それもまた、間違いなんだよなー。
参照:「このおばさんと女子大生とメキシコで再会した話
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記