1989/03/04 ロサンゼルスマラソンを、ロンドン、ニューヨーク、東京と比べて旅行哲学する

【ホテル加宝のロビーの日常のありふれた風景】
さて、「1989/03/03 また出発をやめて、ユニオンステーションでサンディエゴへの列車の情報をゲット」]で、一つの謎を示しておいた。
「僕がなぜ、ロサンゼルスマラソンをみなければならないと考えたか、その理由は、明日のお楽しみ」とまではっきりと書いてしまった。

でもまあ、特に理由はないんだけどね。
僕は世の中のどんな事柄にも、人より一歩踏み込んだウンチクが語れるんだ。

僕は東京にいたとき、港区南麻布に住んでいて、国立競技場のトレーニングセンターの会員だった。
週のうち半分は、トレーニングをしていた。

「東京国際マラソン」は必ず、国立競技場で見ていた。
というのは、そのころ東京国際マラソンの出発とゴールが国立競技場だったからね。

僕は国立競技場のトレーニングセンターの会員。
出発をテレビで見て、国立競技場へ行って、トレーニングをして、そのあとマラソンのゴールを観客席の下から見て、拍手をして、シャワーを浴びるというのがなかなか粋だったものだ。

僕がロンドンに行ったとき、1987年のロンドンマラソンを見た。
これは、グリニッジを出発して、ビッグベン横がゴールだった。

僕と、そのころ一緒だった銀座ママの息子と一緒に、まずグリニッジの出発を見に行った。
ところが、いろいろと手間取って、グリニッジに着いた時はすでに、マラソンが出発していた。

それでまた地下鉄を乗り継いでビッグベンの横へ行って、マラソンのゴールを見たものだ。
そのあと、僕はアフリカとヨーロッパを大胆に旅行して、ロンドンからニューヨークへ飛んだ。

ニューヨークにしばらくいたが、ニューヨークを出たのも、1988年のニューヨークマラソンを見たあとだった。
このときのゴールがセントラルパークだった。

つまり、僕は、東京国際マラソン、ロンドンマラソン、ニューヨークマラソンを、それぞれ自分の目で見ている。
1989年3月5日にロサンゼルスマラソンがあるとしたら、なにがあっても見ないわけには行かないよ。

ロサンゼルスマラソンは、完全な市民マラソンだ。
そして、ロサンゼルスは世界中の人種、民族、国籍の人のサラダボウルだよ。

ロサンゼルスマラソンは、リトル東京を通過する。
だから、リトル東京では、ランナーを励ますために、太鼓のパフォーマンスもある。

リトル東京の日本人にとっては、完全なお祭だね。
もちろん、ロサンゼルスで日本人に負けまいとがんばっている韓国人社会は、さらに盛り上がるわけだ。

韓国人の場合は、ずいぶんがんばりすぎて、地域社会から嫌われているけどね。
実際、僕自身、韓国人の酒屋で3リットルの紙パックワインを買ったら、味が変質していて、飲めなかった経験がある。

日本人の店ならば、こんなワインは売らないし、万が一客が文句を言ったら、頭を下げて、交換する。
さらには、お詫びとして、もう一つ品物をあげる事くらいはするだろう。

でも、韓国人の店に、「この店で買ったワインが変質していて飲めない」なんて言ったら、大変だ。
下手をすると、銃撃されるかもしれない。

これは大げさな話じゃない。
実際例の「ロサンゼルス暴動」の前に、黒人の少女を韓国人店主が、店の中で銃撃して、殺したこともある。

そのせいで、ロス暴動の時は、韓国人経営の小売店が黒人に襲われたんだよ。
韓国人と対抗するためにも、リトル東京のマラソン応援は盛り上げないとね。

ホテル加宝の連中はだから、ほとんど全員が、リトル東京へ行って、ロサンゼルスマラソンの応援をすることにした。
この日、「3月4日、5日と泊まって6日に出ます」とホテルに宣言する。

でも、もちろん誰も信じない。
「西本さん、無理しなくていいのよー」などと声をかけられる。

そうそう、この日、「スペイン語と日本語の通訳をした」と、僕のノートに書いてある。
ただ、なにをしたのか、思い出せない。

ひょっとしたら、中南米系の人がやってきて、ホテル加宝に泊まりたいと言ったのかもしれない。
それを僕が頼まれて、得意なスペイン語を使って断ったってことじゃないかな。

とにかく明日のロサンゼルスマラソンが終わったらそれでいい。
旅に出ることにしよう(もう、誰も信じないとは思うけど…)。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記