1989/03/03 中南米旅行に出発する決意を固めると、面白そうな人が、「ホテル加宝」にどんどんやってくる。

【「ホテル加宝」とロサンゼルス中心部】
女の子に誤解されたので、今日の出発は止めた
僕は行くところもないので、ロビーでコーヒーを飲んでいた。
するとそこへ、「こんにちわー」と明るく、若者が入ってくる。
彼が、これ以降、ずーっと「ホテル加宝」に滞在する、Y谷くんだった。
僕は暇つぶし相手ができたと喜んで、ロビーに誘う。
彼は、おそらく僕以上に話が面白いので、すぐに盛り上がった。

彼がアメリカへ来たのは、旅行者としてだ。
だが、どうやら、働き場所を探しているようだ(この時期は、特に不思議ではなかった)。
彼は、僕が中南米旅行に出て、また「ホテル加宝」に戻ってきたときに再会した。
リトル東京にすっかり馴染んで、働いていたよ。
彼の特徴は、話が異常に面白いこと。
例えば「アメリカで柔道のマッサージなんかをやったら儲かりますかね」と聞いてくる。

僕が「アメリカは何でもアリだから、そういうのも面白いんじゃないの。やったらいいよ」と適当に合わせる。
すると、Y谷くんは「ただ僕は柔道も、マッサージもやったことないんですけどね」と、落とす。

この話の持って行き方を聞いて、「こりゃすごい才能だなー」と感心する。
彼はロサンゼルスにしばらくいる、という。
ホテルにいるのも陰気なので、リトル東京近辺を案内するという口実で外へ出た。
ちょうど暇そうにしていた、カナダ帰りのK林さんも誘って、3人でオルベラ街へ歩く。
僕がオルベラ街へ歩いた理由は、実は、すぐ横のユニオンステーション行くため。
サンディエゴへの列車に、予約が必要だという話だったので、それを確認したかったんだ。
答は「いつもガラガラだよ」という話。
サンディエゴ行きの列車の時刻表をもらった。
また、ロサンゼルスからサンディエゴへの列車の片道料金は23ドルだった(1989年)。
予約をしてもいいが、5ドル余計にかかるらしい。

適当に歩いて、加宝へ戻ってくる。
するとホテルの「大川のおじさん」が、「西本さん、今日も出なかった。もうずーっといてくださいよ」とやさしく声をかけてくれる。

この日、Y谷くんの他に、もう一人ホテル加宝へ来た男がいた。
記憶がないのだが、僕のノートには「結核ギャンブル男、10万円」とある。

これを読み解くと、おそらくは結核(が治って)で、ギャンブルをしにアメリカへ来たのだろう。
そして、ギャンブル資金が10万円あるということかな。

いまの人がこの文章を読むと、違和感を感じるかな。
「結核にかかった男がアメリカへ10万円持ってギャンブルしに来るなんて、そりゃないだろう」と思うかもしれない。

でもだね、僕が中南米旅行をしてまた加宝へ戻った時、「50万円ラスベガス倍増男」もいたからね。
彼はアメリカで一旗挙げようと考えていた。

それで、まず百万円の資金が必要だと考えた。
日本では、五十万円しかたまらなかった。

彼は50万円を百万円にしようと、ラスベガスでバスケットボールに賭けた。
最初は細かく賭けて、一気に大きく勝負に出たら、50万円をすってしまった(涙)。
大胆な男だね。
夢を持っているといえるだろう。
しかも、その夢に向かって、努力をしている。
僕はもう、この時期(離婚をして、海外に出た後)、人生に何の夢ももてなかった。
だから、大胆な夢を語る若者と話をするだけで、うれしくなってしまう。
僕は、そういった若者の夢の近くにいただけで、若さを保つことができたんだ。

この1989年から1991年にかけては、そういう若者がたくさんロサンゼルスに来た。
だから楽しかったよー(笑)。

この夜は、ホテルの人間は大川のおじさんだけだった。
おじさんは、サービスでロビーのテレビに、そのころ有名だったAV女優「豊丸」のビデオを流した。

Y谷くん、結核男、大川のおじさん、僕と、ロビーに入ってきた数人で、ビールを飲んで話をした。
大川さんは、ビールのつまみのポテトチップスなんかを出してくれる。

さらに、戦争中に覚えた日本軍の軍歌も歌ってくれた。
話をしていると、3月5日の日曜日は、「ロサンゼルスマラソン」があると聞く。

ロサンゼルスマラソンがあるとしたら、これはゼッタイに見なければならない。
5日の日曜日まで加宝にいようっと♪

僕がなぜ、ロサンゼルスマラソンを見なければならないと考えたか。
その理由は、明日のお楽しみ。

ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記