1989/03/03 出発しようとしたが、起きるのが遅くて、女子大生さんに誤解されて、出発しそこなう。

【世界旅行者@ユニオンステーション(2007)】
さて今日はいよいよメキシコへ出発する日だ。
とはいっても焦る必要はない。

なにしろ、ロサンゼルスからサンディエゴまで3時間もあれば到着する。
サンディエゴは、北米一周旅行の途中で立ち寄ったことがある。

その時は、YMCAで泥棒に入られるという貴重な経験をした。
サンディエゴに泊まるならば、YMCAにすればいいし、土地勘もある。

メキシコ国境を越えて、ティファナに泊まってもいい。
それとも、夜行のバスで、一気にカリフォルニア半島の南端に近い港町ラパスへ行ってもいい。

だから、昼ごろにホテル加宝を出ればいい。
急いでホテルを出る必要はない。

昨日も、人と話をして夜更かししたので、午前10時に起きた。
身体が重くて、すっきしない。

部屋で荷物を整理してまとめた。
一段落して、ロビーで朝食を取ろうと、自分の部屋のドアを開けると、そこにメモを見つけた。

このところ話をしている美人留学生からだ。
メモには、彼女の名前と住所や電話番号が書いてある。

うーん。
これは海外旅行の原則としては、間違いだ。

海外旅行では、「一度わかれたら、それっきりで、二度と出会わない」と考えるのがいい。
実際は違っていて、案外と旅先や日本で、偶然会ったりするものなんだけどね。

二度と会えないと思っているから、また偶然に再会したときに、懐かしさと、感動があるわけだ。
何かの運命だろうかと、恋に落ちることもないとは言えない。
しかし、海外で住所を交換したら、逆に、わざわざ日本で連絡を取ることはない。
ゲレンデの恋のようなもので、旅先だったから、少し好きになっただけ。
日本で無理に再会しても、話が合わないもの。
その結果、旅先でのステキな記憶まで汚れてしまう。

でも、せっかく住所をもらったのだから、旅先から絵葉書でも出してあげよう。
例えば、「マチュピチュにて」だけ書いてね。

そう思ってロビーに降りたら、午前11時。
コーヒーを飲んで、さあ出かけようかとしたとき、メモをくれた美人女子大生とばったりと会ってしまった。

女の子は、「あれ〜、まだいたんですかー?」と、汚いものでも見るような目つきだ。
どうも、女の子をガッカリさせてしまったようだ。

女の子をガッカリさせてしまった以上、意地でも、すぐに加宝を出て行くわけにはいかない。
あたふたと出発してしまったら、まるで「恥ずかしいから逃げ出した」ように思われてしまう。

僕は、たかが美人留学生に変な目つきで見られたくらいでは、びくともしないよ。
人生経験が豊富だからね。
思い出すのは、この最初の世界一周旅行で、マラケシュ(モロッコ)のフナ広場で話をした女の子にも誤解されて軽蔑されたね。
僕は女性に軽蔑されることに、慣れてるんだ。
離婚した元妻にも、思いっきり軽蔑されていたし。
いまでは、軽蔑されることに、快感さえ感じている。
こうなったら、意地でも今日は出発しない!
そう決めて、フロントで、また一日分の宿泊費20ドルを払った。

さすがホテルの人も、もう何にも言わない…(涙)。
女の子は、黙ったままどこかへ行ってしまった。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記