1989/03/02 KCETで「HIROHITO BEHIND THE MYTH」を見る。

【ホテル加宝の廊下から入り口を見る】
計画では3月2日の今日、メキシコへ向かって旅立つ予定だった。
何しろ昨日、ホテルの人や宿泊者の皆さんに、すでに立派なあいさつを済ませている。

しかし今日も泊まることにしたので、今日の宿泊費をフロントに払いに行く。
ホテルのおねえさんが「西本さ〜ん、旅に出なくてもいいから、ずーっとここに住んだら?」と声をかける。

このおねえさんは30歳を越えたくらいで、なかなかかわいい女性だ。
ホテルの経理をしに、時々やってきていた。

ホテル加宝を経営している台湾人一族は、他にもいくつかホテル、モーテルを所有している。
ということは、このおねえさんと結婚すれば、僕はロサンゼルスの実業家として、やっていけるかもしれない。

ただ、台湾人女性は気が強いからなー。
しかし、台湾での日本人男性は、モテモテだ。

日本企業の駐在員なら、台湾で美人女子大生と付き合っているのはよくある話だからね。
それにアジアでは、「日本人はまじめで優秀だ」という定評がある。

青年海外協力隊などでアジアへ行って、現地で大金持ちから請われて娘さんと結婚した、という話は珍しくない。
僕が知っている話では、協力隊員が海外へ出る前の研修中に、六本木で金持ちの娘と知り合って、結婚して、海外へ出なかった、ということがあった。

海外に住み着くのは、現地の人と結婚するのが手っ取り早い。
だから、日本女性の場合は現地の人と結婚さえしてしまえば、比較的簡単に海外に住むことができる。

台湾人実業家(ホテル加宝のオーナー)の後日談だが、北京大学卒の中国女性がオーナーの息子に取り入った。
次には実業家(つまり、父親)と関係を持って、いろいろゴタゴタがあった。

北京大学卒の中国女性は、中国で結婚していたという。
結局、オーナーからホテルを一軒慰謝料としてゲットしたそうだ。

すごいね。
日本人は、こんなことは出来ないよ。

昨日買っていた切手で、また絵葉書を出した。
余っていた食料品などを、ブラジルさんに引き渡す。

この日は、28チャンネルのKCETで、英国で製作された「HIROHITO BEHIND THE MYTH」という2時間番組をやる。
これは日本では絶対に見ることの出来ないドキュメンタリーなので、それを見るという立派な理由がある。

HIROHITO : Behind the Myth
昨日知り合った美人女子大生さんと、夕方に、ロビーで話をした。
僕は今までの、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米旅行について語り、またこれから始まる中南米旅行を論じた。

「HIROHITO BEHIND THE MYTH」は、午後7時半から9時3分までの約1時間半の放送だ。
ロビーで話をしてた人たちに、「これは一人でじっくり見たいから」と、部屋に閉じこもる。

放送が終わって、またロビーへ戻り、美人女子大生さんの部屋へ電話をかけた。
「僕は明日出ますから、会えないと思いますが、またどこかで♪」と、さわやかだ。

よーし、明日は旅に出よう。
ホテル加宝にステキな想い出を残して…。

と思ったが、そうは行かないのも、また人生なんだよね。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記