1989/03/01 世界旅行者が旅に出ようと決意すると、女の子がやってくる

【Hotel Carver】
1989年3月1日。
いくらなんでも、ロサンゼルス滞在が長すぎる。
最初は単に、ちょっと身体を休めて、中南米旅行の準備をして、すぐにメキシコ国境を越えるつもりだった。

ところがホテル加宝には、予期しないものがあった。
それが、個性的なホテル加宝宿泊者の皆さん、次々とやってくる興味深い旅行者の皆さんたち。

また、広いシングルルームが1週間95ドルという安さも魅力的。
部屋で一人静かに過ごすことが出来る。

キッチンがあるので、自分で食事を作ることも出来るし、冷蔵庫があるのでいつでも冷えたビールが飲める。
歩いていけるところには、日系スーパーマーケットヤオハンの入った大きなモールがある。

近くの日米文化会館には図書室があり、平日夕方には3時間の無料英会話教室もある。
ロサンゼルスのテレビ番組も興味深く、特にこの時期は日本特集が放送されていた。

生活費がとても安いうえにお金もまだあるわけだから、ずーっと居続けてもいいくらいだ。
ただ、僕にはそれができない理由があった。

というのが、僕はロンドンからニューヨークへ飛んできた。
それが1988年の10月。

ニューヨークJFKでの入国の時、ビザがあるので6か月の滞在許可をもらっている。
そのあと、ニューヨークに約1か月滞在。
カナダ、アメリカをグレイハウンドで、約2か月旅行。
そして、ロサンゼルスの「ホテル加宝」に、2か月以上滞在。
つまり、すでにアメリカに5か月いることになる。
このままいて6か月を過ぎると、見事に不法滞在になってしまう。
ただ、この1989年ごろは、アメリカに不法滞在しても、それほど問題にはならなかった。
何年も不法滞在して、アルバイトをしていた日本人だらけだったからね。
僕は、「アメリカに、5年不法滞在して、働いていたが、一度日本に戻った。そのあと、何の問題もなく、再度アメリカに入国した」というカップルにも、アメリカで会ったことがある。
他にも、旅行できたままアメリカで働いている人も多かった。
このあと、「ホテル加宝」で出会う、K谷くんは、ずーっとロサンゼルスで働いて、住み着いたからね。
この時代は、誰も、難しいことは言わなかったんだよ。
ただ、そのあと、規則が厳しくなったので、今ではそんなことは出来ません。
僕が書いているのは、ロサンゼルスが、日本人の若者をやさしく受け入れていた時代の話なので、誤解しないようにね。

僕は、世界一周旅行に出る前から、日本でも、とてもここに書けないような経験をどっさりしている。
いくら気楽でも、面白くても、勉強になっても、もうそろそろホテル加宝滞在に飽きてきてないことはない。

1週間支払ったホテル料金が、3月1日の夜で切れる。
3月2日に出ると決めたのだから、出ることにしましょう。

まず図書館へ行って、借りていた本を全部返却した。
たまたま図書館で不要な本を売ってたので、文庫本を6冊買った(1冊50セント)。

最後に絵葉書を出そうと、切手(25セント)を5枚買う。
お金を整理していたら、20ドルのトラベラーズチェックは使いにくいと考える。

銀行へ行って、20ドルのトラベラーズチェックを10枚、合計200ドル窓口に出す。
これを、100ドル札一枚、20ドル札5枚に交換してもらった(手数料無料)。

旅に出る準備は完了。
荷物は何度もまとめているし、最終は明日の朝にチェックすればいい。

明日の夜は、サンディエゴ泊まりでもいいし、国境を越えてティファナにしてもいい。
時間は十分余裕があるし、サンディエゴも、ティファナも土地勘があるので、問題はない。

準備を全部午前中に済ませてしまった。
ホテル加宝のおじさんやおばさん、お姉さんにあいさつをする。

「明日出発する前にお会いできないかもしれませんので、今日、ごあいさつしておきます。長い間ありがとうございました」
と言葉をかける。

「西本さんも、とうとう出て行くのねー。また戻って来てね」と、優しい声がかかる。
「中南米を旅しながら、ホテル加宝の宣伝をしますから、客が増えますよー(笑)♪」と、盛り上げる。

これですべてが済んだ。
ホテル加宝のロビーのソファに座って、コーヒーを飲む。

ここで過ごした2ヶ月のことを思い出す。
いろんな人に会ったけど、みんな、今はどうしているかなー。

物思いにふけっていると、男性旅行者が入ってきて、あいさつしてきた。
彼は山口くんといって、ロサンゼルスからメキシコへ行って、アメリカ東海岸を旅してきた。

彼の旅行ルートは、まず飛行機で、ロサンゼルスからメキシコシティ、さらにカンクン、マイアミと旅をした。
この合計の航空運賃が318ドル。

マイアミからニューヨークまでグレイハウンドで北上した。
そして、ニューヨークからロサンゼルスまでの航空運賃が片道250ドルだったそうだ。
ただこの料金は、2週間以前に切符を買った場合の特別料金だとか。
普通ははじめて会った人にこういう細かい航空運賃の話はしないものだが、山口くんはちょっと自慢したかったんだと思う。

この話は、1989年のことなので、いま書いても旅行情報としては意味がない。
ただ、1989年にはこういう航空運賃もあったという記録のために書いている。

今でも、現地に行けば案外と安い切符が売ってあるものだ。
僕自身2007年にロサンゼルスからカンクンの往復切符を265ドルポッキリで買ったことがあるからね。

夕方にブラジル帰りの男性と、山口くんとでビールを飲んで軽く話をする。
僕は明日のこともあるので、早めに切り上げる。

とっとと部屋に戻って、テレビを見る。
眠るにも早いので、なんとなく、また夕方の8時ごろに、ホテル加宝のロビーへ降りた。

すると、日本女性が3人いた。
彼女たちは、米国への留学生のようだった。

2人は一泊しただけで、明日はワシントンへと向かう。
3人のうち、一番きれいな女の子はあと数日ホテル加宝に残るそうだ。

ロビーで話が盛り上がり、深夜0時まで話が弾んだ。
まだまだ話し足りない気持ちだ。

「西本さんは明日メキシコへ行かれるんですか?せっかく知り合ったのに残念ですー(涙)」と言われる。
僕は、「いや別に明日出なければならない理由もないんですが…」と答えた。

かわいい女の子がホテル加宝に来たという意味は、「世界旅行者よ、無理に急ぐ必要はない」ということだよ。
僕は、明日の出発を延期して、もう1泊することにしました(オイオイ)。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記