1989/02/22-28 世界旅行者いよいよ中南米旅行への決意を固めるが…

【世界旅行者@ブロードウェイ/ロサンゼルス(2007)】
2月22日も、英語の本を読んですごしていた。
CBSのインタビューを受けた日本の著名人が、dimensionalを「ダイメンジョナル」と発音していたのが気になった。

図書館へ行って、辞書を調べた。
結局、dimensionalには「ディメンジョナル」と「ダイメンジョナル」の2つの発音があることを確認した。

夕方には英語教室へ行った。
この日のボランティアは、大手銀行勤務のキャリアウーマン、マーガレットちゃんだったよ♪

彼女にも、日本の奇妙な風習を面白おかしく説明してあげて、人気をあげた。
ただ、どういう風に面白くしたか、メモには残っていない。

「英語クラスで○○銀行勤務のマーガレットちゃんと会う。とても楽しかった」としか書いてない。
多分、日本人も知らないくらい、すごい話をしたのだろう。

僕は昔から、海外で「日本では自殺が多いので、月曜日の通勤列車は時刻どおりに動かない」と話し続けてきた。
最初は、冗談半分で外国人を驚かせるためだった。

しかし現在は、それが現実化しているよ。
なにしろ、日本の自殺者数毎年三万人というのは、本格的な戦争の死亡者数より多いんだから(涙)。

2月23日の米国の夕方、昭和天皇の大葬の礼がCBSやABCで放送された。
ホテル加宝仲間とテレビを見て、いろいろ話が尽きず、そのまま午前1時半まで起きていた。

2月24日。
この日、前にも書いていた、雨の中をバイクでアメリカ大陸横断旅行に出た若者が帰ってきた。

彼の話では、旅行中ずーっと雨で大変だったとか。
彼は最初は、ロサンゼルスまで、またバイクで戻ってきてもいいと考えていたようだ。

でも、マイアミでバイクを売って、ホテル加宝へ戻ってきた。
これは正直、ホテル加宝の人間関係に一刻も早く戻りたいってこと。

バイク旅行では、というか海外旅行では、単に旅をしただけでは旅は完結しない。
その旅の出来事、旅で感じたことを、誰かに話をして、感心してもらってこそ旅は終わるわけだ。

ひとつの旅は、一つの人生みたいなもの。
人生の終わりにお葬式あるように、旅の終わりには旅の話をすることで旅は成仏する。

僕はそれが十二分にわかっているので、バイクくんを含めた4人で、パーティをして話を聞いてあげた。
ただバイクくんの話よりも、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)の旅の話が多くなってしまう。

僕はなにしろ、どんな話題でもついて行って、どんな問題に対しても、独特の解釈ができるからね。
これは、旅行経験も膨大だし、話も面白いので、仕方ないことと許していただこう。

2月25日。
旅行天使の2人と一緒にメキシコへ行っていた、ボンボンがメキシコシティから戻ってきた。

彼はメキシコシティの米国大使館で米国のビザを取った経験談を語ってくれた。
彼が米国大使館に並ぶと、長い列があった。

メキシコ人の係員が日本人か?と声をかけてきて、列に割り込ませてくれた。
「午前8時に行って、正午12時ごろに、3か月有効のビザがもらえた」という。

すでにこの時期には、日本人に対してはビザウェーバープログラムが適用されていた。
実際はビザ無しでもアメリカへ陸路入国することは可能だ。
ただ、この制度が始まったばっかりで、細かな運用については、いろんな噂が飛んでいる時期だったのね。
だから、アメリカに陸路入国するには、ビザが必要だという話もあった。

だから、陸路で中南米へ下る旅行者は、「どこで米国のビザを取るか」というのがちょっとした問題だった。
このあとも、「グアテマラシティでは簡単に米国のビザが取れる」という話が流れたりした。

僕自身は、中南米旅行の途中、エクアドルのキトの米国大使館で、5年有効のマルチエントリービザを取った。
この時代(1989年)は、チリのサンチアゴで米国ビザを取る日本人旅行者が多かった。

ただこの話は、昔のことで、今は関係ないです。
でも昔の旅行というのは、いろんな問題があって、それをどう解決するのか、情報を交換することで、旅人の仲間意識が盛り上がったものなんだよ。

面白かったのが、ボンボンは、ホテル加宝の廊下で大きなスリーピングバッグをたたんでいたこと。
僕も手伝って、寝袋をたたんであげた。

なんでボンボンが寝袋を持っているかというと、彼はメキシコへ車で移動したことで、旅に目覚めてしまったらしいんだ。
彼は最初は、米国に住んでいる親戚のところでに泊まって、おとなしくしていようと考えていた。

僕がアドバイスしたとおり、親戚は彼を親切にあつかったりせず、居心地が悪かった。
だから彼は、すぐにホテル加宝へ戻ってきた。

僕が彼をメキシコ旅行グループに入れて、彼は考えてもいなかったメキシコへ旅をすることになった。
旅の中で、ボンボンの精神が突然変異を起こす。

彼は、メキシコ旅行で、旅というものに目覚めて、これから一人でどこかへ行こうと考えている。
ただ、普通の旅行だと寝袋までは必要ないけどね。

僕の予想では、彼は、目覚めすぎてしまって「野宿すれば安く過ごせる!」というレベルまでイッちゃったんだろう。
まだまだ精神的に幼い若者が、全く新しい世界を知って、全能感を持ってしまったんだ。

もちろん現実にぶつかって、その全能感も減衰していくものだが。
でも、若者が突然自信を持って変化していくのを見るのは、興味深いものだ。

ところで、ボンボンが戻ってきたという意味は、神が「世界旅行者よメキシコは悪くないぞ。とっとと行け!」とお告げをしている。
2月23日にホテル加宝に一週間分の宿泊料を払っている。

だから、3月1日の夜まで泊まって、3月2日の朝に旅に出ると決意した。
26日には、Agatha Christieの「The Murder of Roger Ackroyd」を読み終えた。
27日には、阿川弘之の「井上成美」を読了した。
28日は「Unexpected Japan」を読んだ。
3月1日は、ロサンゼルス最後の日だ。
1989年の1月、2月とまるまる2か月もロサンゼルスにいたことになる。

明日を最後として、3月2日には、旅に出よう。
でも、世の中、そんなに簡単には行かないものなんだよね(笑)。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記