1989/02/21 世界旅行者は「日本人が英語がしゃべれない根本的な理由」を語る

【Santa Monica Beach】
CBSテレビで連日「日本特集」を見ている。
そこで、あらためて、日本人と英語について考えたりする。

昔は、「英語なんて、アメリカや英国に住んで半年もすればうまくなるよ」と言う、英語のできない人がたくさんいた。
今は、こんな御伽話を信じている人はいないと思う。

ただ、1980年代までは、まだそういう話がないわけではなかった。
僕が離婚したあとで、すべてについてポッカリと空白が出来た。

まず考えたことは、自殺することだった。
しかし死ぬ前に、イギリスの英語学校へ行ってみたいと考えた。

海外に住んで英語の環境に自分をおくと、どれだけ英語が上手になるのだろう。
という長年の疑問の答を知って死にたかったからだ。

僕は大学受験のころから、英語は不得意ではなかった。
大学では英語を専攻したわけではないが、普通に英語の本を読んだりしていた。

そのあと某建設会社に入社して、海外事業部門に配属された。
英語の仕様書を読み、英語の図面を読み書きし、英語の入札書類を作ったりする。

会社では、海外に出るスタッフのための英語教室みたいなものの担当もしていた。
毎日、英語教師と話をして、英語のクラスに参加する。

ただ、それだから英語がうまくなったとは全く思えなかった。
おそらくは、もともとの英語のレベルが低下しなかったというだけではないかな。

なんとなく受けた英検一級に合格した。
合格したからといって、別にそれほどすごい英語力はないのは、よくわかっていた。

ただ、英検の最後試験のスピーチで、一緒になった受験者のレベルの低さにびっくりした。
そのころの英検一級の最終試験(スピーチ)受験者は、ほとんどが一流大学を卒業して一流企業に勤めていた社会人だったからね。

受験者には、英語の学校教師をしているひともいたが、それでもまともに英語が話せない。
そのころのスピーチの試験は大勢が集まって、一人ずつ話していく形だから、僕は受験者の英語のスピーチの中身を自分で追って、間違いを修正していた。

僕は一緒に試験を受けていて、他の人のスピーチのレベルの低さに、愕然とした。
英語よりも、それ以前の論理構成がダメなので、「頭が悪いなー」と思ったわけだ。

離婚のあと、英国へ行って英語学校に通った。
僕の入ったロンドンの「インターナショナルハウス」は、英語教師も養成している一流校。

「ケンブリッジ英検特級(CPE)」受験の特別クラスに入った。
このクラスは10人くらいで、ドイツ人、スイス人、イタリア人の若者がほとんど。

クラスは午前中だけだったが、宿題が山ほど出されて、試験の連続だ。
エッセイ(作文)の課題が次々と出されて、課題図書は読まなければならず、とんでもない勉強をさせられた。

僕はノイローゼになりそうだった。
確かに、心身症で身体がおかしくなったからね。

このときはかなり勉強して、ほとんど英語で生活していた。
この話はまた別に、じっくり書こうと思う。

1987年12月の試験を受けて、「ケンブリッジ英検特級(CPE)」に合格した。
これは、まずほとんど日本人は合格しない、ものすごい試験なので、ちょっとうれしかった(笑)♪

ただ問題なのは、日本ではCPEを知らない人がほとんどなので、自慢できないってこと。
CPEがあれば海外で英語教師も出来るレベルの、ヨーロッパでは有名な資格だ。

つまり、僕は国際的に評価される、すごい英語能力を持っている。
その僕でも、アメリカに来て、テレビを見ていて英語は聞き取れない。

PBSなんかの、ちゃんとした討論番組の英語は聞けるんだけどね。
ドラマの英語は聞けない。

まあこれは、英国人の英語教師も「アメリカのスラングだらけの英語はわからない」と言ってたから、普通なのかもしれないが。
僕としては、BBCの英語ニュースが理解できればそれでいい、とは思うんだけどね。

僕は、もう英語能力としての最高の試験に合格してしまっている。
それでだね、CBSの日本特集に出てくる日本人の英語を聞いて、「日本人は、しょせんこんなものだな」と悟ってしまった。

日本人は英語がうまくならない。
うまくなったとしたら、日本人でなくなってしまう。

英語は論理的なものなので、英語を学べば当然論理的になる。
ところが日本人は論理を嫌うので、論理的な日本人というものは存在しない。

日本人はなあなあと、周囲の空気を読んで、その雰囲気の通りのことを言う。
だから、自分で考えることがない。

自分で考えずに、雰囲気(空気/ニューマ)の中でだらだらと生きているのが日本人だ。
物事を自分の頭で考えたら、日本人ではなくなるわけだね。

日本人が本当に英語が話せるようになるとしたら、論理的な思考が自然に出来るようになる。
しかし、日本で論理的な思考をしていたら、日本社会から排除される。

だから、日本社会で成功している人で英語がペラペラの人はいない。
英語がしゃべれる人は、日本の大衆社会から攻撃を受けるわけだ。

これは、宮澤元総理に対する非難が「いつも英語の新聞を読んでいる」「英語で外国人をやりこめた」とかいう「英語が出来る」というところから発していたのでわかる。
「英語をしゃべれるから、日本社会がわかってない」と、人格攻撃に使われたんだ。

日本の普通の人は英語が出来ないことを受け入れている。
そちらの方が、日本社会では生きやすいからだ。

ただ、日本という国が、世界から見捨てられていく時に、日本の中に閉じこもっていては、オワリだよね。
でも、日本から外に出て行くためには、論理的な思考と、もちろん英語力が必要だ。

ところが、日本人に論理的な思考が出来て、英語力が付いたら、それは日本人ではない。
つまり、日本の時代は去って、日本はまた鎖国をして、世界から隔絶された、箱庭のような、小さな、平和な社会を作っていくしかないのだと思うよ。

僕がCBSの日本特集を見て思ったのは、そういうことだった。
ただ、1989年のこの時期は、まだまだ日本の経済力は強く、世界への影響力も大きかった。

2月21日の深夜だったかな、「Morton Downey Jr. Show」を見た。
このテレビ番組で、ものすごい日本叩きの放送をやったよ。

だから僕はびっくりして、ノートにメモをしたくらいなんだからね。
でも、叩かれているうちが華だったろうね。

今はもう、日本なんか誰もなんとも思ってないのはミエミエだ。
日本を無理に叩く価値もない。

僕は、自分の考えを持って、英語で堂々と世界と渡り合える日本人を切望している。
でもそんな日本人はいない。

理論的で知的な日本人は、すでに日本人じゃないんだよ(涙)。
だからどうなるにしても、これまでの日本と日本人は滅びる道しかないわけだ。

ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記