1989/02/19 連日ステーキとワインで過ごしていると、一週間で体調がおかしくなった(ロサンゼルスは何でも安かった話)

【ホテル加宝の部屋/お酒のビンとパックがある】
2月19日日曜日。
今日もブラジル帰りの人と、他のホテル加宝宿泊者で、昼からステーキを焼いた。
ちなみに、夕食もステーキだ。
ところでヤオハンで売ってある日本人向けのステーキ肉の値段のメモを見つけた。
「一番高い肉がポンド(約450g)当たり8ドル26セント、安いのは2ドル60セント」と書いてあった。
1989年2月だと、米国の日系スーパーでは「高い肉は100g237円、安い肉は75円」という感じだったわけだね。
いまだと、米国の食料も値上がりしているだろう。
実際、2007年にロサンゼルスへ行ったとき、特に安いとは思えなかった。
2002年には、「米国も物価が高いなー」と、わざわざロサンゼルスへ行く理由がなくなっていたからね。
1990年代までは、ホテル加宝に泊まって、安いビールを飲んで、ヤオハンプラザで買ったもので食事をしていれば、東京よりもずーっと安く生活できたものだった。

とにかく1989年の2月の物価は、こんなものだった。
連日ステーキを食べても、ちっとも懐には響かない。

ヤオハンで売っている日本風の弁当を買うよりも、ステーキを焼いた方が安いわけだからね。
ただ毎日肉を食ってばかりいると、身体にはよくない。

というのは、最初は付け合せの野菜も調理していたし、ご飯も炊いていた。
でもさ、そういうのも面倒になって、肉を焼いてワインを飲むだけの生活になった。

毎日、昼食と夕食でステーキにワインを食べていた。
それが1週間続いたら、ウンコが健康的でなくなったのに気が付いた。

誰もどういう風なウンコが健康的で、不健康なウンコがどういうものか知りたくないでしょう。
僕も書きたくない。

それをきっかけに、ステーキ食は止めたけどね。
ステーキを焼くのも、飽きたわけだ。

ステーキの話は読者も飽きただろうから、ここら辺で止めておきましょう。
ここで終わると、ちょっと物足りないので、ロサンゼルスのヤオハンに売っていた気になるものについて。

まず、豆腐があった。
これは、日本のスーパーで売っているよりずっと大きくて、しかも、賞味期限が1か月くらいあったよ。

豆腐はだから、防腐剤がうんと入っていたのだろう。
ヤオハンで売っているキムチもまた特徴的だった。

これは、瓶詰めになっていたんだけれど、放っておくと、ふたを開けた時に、キムチが爆発するんだ。
多分、ずーっと発酵しているんじゃないかな。

日本のスーパーで売られているキムチでは、そういう経験がない。
ロサンゼルスのキムチについては、防腐剤なんか入ってなかったのかな。

ロサンゼルスの豆腐と、キムチについてのウンチクでした。
おまけとしては、ハワイ産の清酒というものもあった。
これは3リットルか4リットルの大きな紙パックに入っていた。
それで、10ドルくらいだったと思う。
つまり、ロサンゼルスでは、有名ビール(クアーズやバドワイザーなど)の350mlの缶が(大きな箱でまとめ買いすれば)60円程度。
ワインは3リットルで7ドルくらい、日本酒も3リットル(4リットル)が10ドルくらいで買えたわけだ。
また、かなり高級そうな日本酒も安く売られていた。
多分カリフォルニアの税金が安かったせいだと思うが…。
だから、1990年以前のロサンゼルスでは、食料品はびっくりするほど安かった。
アルコールも日本に比べたら問題にならないくらい安いわけだ。
しかも、気候も良くて、住んでる日本人もいい加減な、気楽な人ばかり。
ロサンゼルスにいたくなるのは自然だよ。
そういう気楽なロサンゼルスは、もう存在しないけどね(涙)。
ダラーンとしたロサンゼルスが好きで、のんびり過ごしていた人たちも、どこかへ行ってしまったよ。
僕が中南米旅行から戻ってきて、南太平洋をアイランドホップしてオーストラリアへ行く前の1990年のロサンゼルス。
そして、日本へ一度戻ってきて、やっていけなくて、ロサンゼルスへ逃げ帰った1991年。
この時期がロサンゼルスが終わる寸前の、気楽な時期だったんだと思う。
それをこの「ホテル加宝物語」は、本格的に描く予定なので、ご期待ください。

さて、この2月19日に、CBSで日本特集を連日放送し始めた。
これがCBSの「ジャパンウィーク」だった。

昭和天皇の大葬があるので、それに関連して、日本の現在のレポートを日本から放送したわけだ。
CBSは日本のTBSに特設スタジオを作っていた。

またもちろん、米国で知られている日本人に対しての、英語インタビューがある。
それは、僕としては、米国のメディアが日本をどう考えているかという意味で、興味深かったんだよ。

CBSは、かなりの準備をして日本特集をやるようだった。
日本の知米派といわれている人たちには、インタビューをしていた。

またもちろん現代(1989年)の日本をどう捉えるかという問題もあった。
僕はその中に、かなり偏向した日本像を見たし、それを通して米国のメディアも考えた。

でもそれは、ちょっとディープになるので、明日にしましょう。
もし明日時間があれば、じっくり語りたいと思います。

ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記