1989/02/18 「A Glorious Way to Die」で、海外旅行で外国人と話して、英語の本をガンガン読んでいた時代を回想する

【世界旅行者@誰かのステキなポルシェの前で/ラグナビーチ/カリフォルニア】
2月18日。
朝10時に起きて、昨日覚えたステーキとご飯をさっそく昼飯にする。

変にステーキを食べたくて仕方がない。
ヤオハンに行って、まず3ドルちょっとの大きなステーキ肉を買った。

でも、それでももっと食べたいかも…、と考えて、1ドル90セントの小さめの肉を追加する。
つまり、ステーキを二枚食って、ご飯を食べて、ワインを飲んだ。

お腹が一杯になったら、眠くなるもの。
それで、当然、昼寝をする。

夕方になって日米文化会館の英語教室へ行って、夜は英語の本を読む。
日米文化会館の図書室から「A Glorious Way to Die」を借りていた。

A Glorious Way to Die: The Kamikaze Mission of the Battleship Yamato, April 1945
これは、戦艦大和の特攻出撃を日米双方から描いたものだ。
大東亜戦争の戦記は、英語で読むと、とても興味深い。

日本の戦記はすべて「誰も悪くない」ということを前提にしている。
「みんな一生懸命に戦いました。でも時代が悪かったんです」というのが日本の戦記だ。

そんな馬鹿なおとぎ話があるかね(笑)。
戦争の中では、いろいろと汚い話があるんじゃないの(涙)。

例えば、日本の高級軍人は、戦地にも芸者を連れて行って、連日芸者遊びに明け暮れていた。
日本の官僚というものは、しょせんその程度のレベルなんだよ。

「みんな立派でした」との御伽話が通用するのは日本だけ。
世界標準では、負けた戦いがあれば、当然その責任者、またドジった将校の名前を書くものだ。

日本の戦記がダメなのは、無理に「誰も悪くなかった」という風にオチをつけるところ。
とにかく日本では、亡くなった人の悪口を書いたらいけないという圧力がある。

だから日本人は、近現代史を書くことが出来ない。
歴史を書けないという意味は、日本では誰も、歴史の責任を取らない、取れないということなんだよ(涙)。

日本が完全にダメになっているのは、ダメな人間を責めないから、なんだ。
高級官僚連中が仲間をかばっているうちに、「誰も悪くない」という話になってしまった(笑)。
米国の戦記では、たとえ間違いや誤解があったとしても、日本側の話も取材して、きちんと書いてある。
日本の戦記では、米国側の話は全く存在しない。

それはだね、日本の戦記は、文学であって、記録ではないってことなのね。
日本人が描く戦争は、最初から嘘なんだよ(涙)。

相手側について全く取材してないんだから(笑)。
そんな本が通用するということ自体が、日本の戦記が根本的にダメなところなんだ。
根本的には、日本の歴史書は、文学であって、歴史ではない。
それに英語が喋れないから、徹底的にダメなんだよ。

それは、戦記の著者だけの責任だけではなくて、日本の出版社の責任でもある。
もっと言うなら、レベルの低い日本の戦記を読む、知的レベルの低い、日本人読者の責任でもあるね。

大東亜戦争について、ある程度の自分なりの意見を持ちたいならば、まず、英語の戦記を読まなければダメだ。
英語の戦記と、日本側の戦記を照らし合わせる作業がなければ、大東亜戦争についても、まともな歴史観は得られない。

昔は、海外旅行に出ると、英語の環境に飛び込むことになった。
イヤでも英語が上達したものだよ。

まず、旅先で出会うのが、欧米人旅行者ばかりだった。
海外では日本語の本は、ほとんど見つけられなかった。

本が読みたければ、英語のペーパーバックくらいしかない。
僕が1984から1985年にかけて、タイ、ネパール、インド、スリランカの旅に出たときがすごかった。

このときは、カトマンズのタメル地区の古本屋で英語の本を借りていた。
英語の本1冊を1日か2日で読み終えて、また別の英語の本と交換していたからね。

インド旅行で覚えているのが、ジョントーランド(John Toland)の「The Rising Sun」だったかな。
これは、大東亜戦争の歴史を描いたものだった。

この本は新宿の紀伊国屋書店で、自分で買って読んでいた。
それを旅に持っていって、暇があれば読み続けていた。

ペーパーバックはメチャ厚かった。
だから、読み終わったところは破って捨てていた。
バックウォーターボートにて@ケララ州/南インド

男の子は僕がJohn Tolandの「The Rising Sun: The Decline and Fall of the Japanese Empire」のペーバーバックを読んでいるところに話しかけてきたんだったよなー。
ただ、ボートのエンジンの音がやかましすぎてほとんど話はできなかったけどさ。

「The Rising Sun: The Decline and Fall of the Japanese Empire, 1936-1945」
もちろんこれは、あの反日映画として有名になったMichael Crichtonの「Rising Sun 」じゃないよ。
僕は「ライジング・サン」は、もちろん英語版で読あだ。

この映画は、日本でも何度かテレビで放映されている。
僕は、スロバキアのジリーナという町の駅前ホテルに泊まっていた時に、部屋で見た。

「ライジングサン」を、現地のテレビで見た記憶がある。
それで、「こんな反日映画を世界中で放映していいの?」と、不安になったんだ。
Rising Sun(book) ライジング・サン(DVD)
「ライジング・サン」の影響ではないと思う。
でも、この小さな町ジリーナでは、東洋人に対しての扱いが、とても悪かったよ(涙)。

昔は確かに、海外の旅先で日本語の本を読むのは大変だった。
今は、世界中どこでも、観光地の古本屋に行けば、日本語の文庫本がずらりと並んでいる。

確かに旅は楽になった。
でも、海外旅行中に自然と英語を学ぶという状況はなくなったね。

1989年のロサンゼルスでは、僕はまだ、英語の本を読んでいた。
日本から来た留学生諸君は、ヤオハンプラザの旭屋書店で日本のマンガ本を立ち読みしてたよ(涙)。

いまだと、世界中どこへ行っても、日本語の本が簡単に安く見つかるのではないかな。
それだと、なんか、海外に出たという感激がないような気もするが。

現在では、海外旅行をしている日本人はほとんどネットで日本のニュースを日本語で読んでいる。
中には、海外にいて、海外旅行の疑問を日本語の海外旅行掲示板に質問する人もいる。

僕が旅をしていたような、本格的な旅というものは、現在は存在できないのだろうね。
そして僕は、こんな時代の前に、本格的な旅をしたことで、ガンガン自慢できる。

いまはもう、何年世界旅行をしても、僕の世界旅行には追いつけない。
だから僕は、とってもうれしいんだよ(爆笑)。

参照:英語の本を読み、クロスワードパズルを解くくらいやってないと、日本での英語能力は保てない

ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記