1989/02/15-17 ステーキと炊き立てのご飯を食べて、ワインを飲んで、天国へ行く話

【世界旅行者@ホテル加宝のキッチン】
リトル東京には「ホテル加宝に泊まっている世界旅行者が中南米旅行に出ようとしない」という噂が広まっている。
実際その通りなので、あまりに恥ずかしくて、外を歩けない。

それで、ホテル加宝の部屋に閉じこもることにした。
2月15日、何もせず部屋で寝ていた。
2月16日、一週間分の部屋代95ドルをフロントに支払う。
これでまた1週間ホテル加宝に泊まることになる。
最近よく話をしていたパイロットくんが日本へ戻るというので、ホテルの玄関まで見送った。
僕は何もしていないのに、なぜか疲れている。
この日は午後9時にはベッドに入って、本を読みながら寝た。
実際、体調が悪かったり、精神的に疲れているときは、寝るのが一番だよ。

2月17日、よく寝たので、スキッと元気よく目が覚める。
ホテル加宝のキッチンで、ブラジル帰りの日本人が料理をしていたので、話をする。

彼は自分専用の小さな鍋を使って、ご飯を炊いている。
チキンとブロッコリーをフライパンで炒めて、おかずを作る。

この時代のロサンゼルスの物価は、異常なほど安かった。
ヤオハンで食材を買って自分でちょっと手をかければ、本当に安く生活できた。

例えば、セロリが一束(というか4,5本つながっているやつ)で、99セントだったからね。
日本だとほとんど食べるところのない葉ばかりのセロリ1本が150円位する。

ロサンゼルスでは、セロリを一束買って、それをつまみにしてバドワイザーを飲めば、十分に食事が成立する。
ビールも安いし、セロリも安いので、とっても安く健康的な生活が送れる。

1989年のロサンゼルスの物価は、日本の4分の1くらいだったと思うよ。
米国人向けのスーパーだと、オレンジ5ポンド(だいたい2.5kg)が1ドルだったからね。

ただ米国では、レストランで食事をすると、チップだなんだかんだと面倒。
自分で食事を用意すれば、メチャ安い。

僕が中南米旅行へ出て、もしロサンゼルスへ戻ってこないとしたら何が心残りだろう。
それは、牛肉、ビーフだね。

日本ではこの時期、ビーフは高かった。
そのあと、90年代半ばに、日本でも米国ビーフが入ってきて、スーパーマーケットでも安く売られるようになった。

そのあと、米国ビーフはBSE問題で自由に輸入できなくなった。
誰が考えても、日本の官僚(農林水産省)の米国イジメ(日本国民イジメ)だね。

本当に米国牛肉に危険性があるならば、日本人の米国在住者に「米国牛肉は食べないように」との危険情報を出すべき(笑)。
日本の普通の観光客は、米国へ旅行して、米国牛肉を思い切り食べているんだから。

公務員の頭にあることは、何かのチャンスを利用して、自分の権限を拡大することだけだ。
何か問題があれば(自分ででっち上げてでも)、それに対しての政策を作り、その途中で権限(利権)を拡大するのが仕事だ。

それは常識なので、米国ビーフを食べるのは問題ない。
もちろん、英国でビーフを食べてもいい。

ロサンゼルスのビーフは、特に日系のスーパーマーケットでは、日本人向けの肉をパックにして売っていた。
日本人向けの脂身の付いたステーキ用の牛肉が、一枚2ドルちょっとだ。

もちろん米国人向けのスーパーへ行って、肉の塊を買えば、もっとずっと安いけどね。
日本人はそこまではしない。

ロサンゼルスにいる間に、ステーキを食べるというのはいいアイディアだ。
しかもステーキは、ただ焼くだけ(笑)♪

ヤオハンにはもちろん日本のお米を炊いてパックしたものが売ってある。
でも、やはり、自分でお米を炊いて、ホッカホカのものを食べたいよね。

どうせステーキを焼くんだし。
もちろん、ステーキの付け合せは、ブロッコリーやニンジンを茹でればいい。

ただ僕は、これまでお鍋でお米を炊いた経験がなかった。
ブラジル帰りの人から、鍋でご飯を作る方法を聞いたので、ここで公開します。
【ホテル加宝のブラジル帰り男性から教わった鍋でお米を炊く方法】

お米を、白い濁りがなくなるまで研ぐ。
鍋にお米を入れて、それよりちょっと上まで水を入れる(水の量でやわらかさを調節)。
鍋にふたをして、コンロにかけて、中火で沸騰するのを待つ。
沸騰したら、火をギリギリまで小さくして、そのまま14分待つ。
14分たったら、火を止める。
火を消す止める寸前に、強火にしてわっと蒸気を出す。
そのあと15分くらいふたを開けずに放置プレイ(蒸らす)。
これで、おいしいご飯が完成!
この時期、赤ワインは3リットルで7ドル程度で売ってあった。
中南米から戻ってからは、高級ワインの「GATO NEGRO」というチリワイン(1本5.99ドル)にした。

2ドルちょっとのステーキを焼いて、付け合せはニンジンとブロッコリー。
炊き立てのご飯を食べて、安いワインは飲み放題となるわけだ。

こんな幸せって、世の中にあるかな?
ホテル加宝の部屋のテーブルに料理を並べて、テレビを見る。

図書館から借りてきた本を読みながら、ステーキを食べて、ワインを飲む。
ちょっと食べ疲れたり、軽く酔ったら、全裸になって、すぐ横にあるベッドに転げ込む。

これこそ、人類が古来から夢見てきた天国というものではないか。
部屋のベッドに色っぽい美女がはべっていれば、さらに天国だが。

ただそれだと、一人でゆっくりとベッドに寝られない。
美女からしつこく攻められたら、天国は地獄に変わるかもしれないし…(笑)。

僕は部屋にいて、食事をする時は裸だ。
だって、ステーキの汁や醤油やワインをこぼして高価なバナナリパブリックのTシャツ(1枚9ドル)に染みをつけてはいけないからね。

僕は思った。
日本にいれば、毎日ステーキを食べるなんて、経済的にも精神的にも、ほとんど不可能だ。

ロサンゼルスのホテル加宝ならば、何でもアリだ(笑)。
こうして、世界旅行者はホテルに引きこもって、新しい喜びを発見したわけだ。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記