1989/02/14 世界旅行者、出る出るといって、あまりに旅に出ないので、リトル東京の笑いものになる(!?)

【4番街とアラメダストリートの角から「ヤオハンプラザ」を見る(1998)】
2月14日、今日メキシコへ出発するつもりだったが、気が乗らないので止めた。
でもなにか、中南米旅行に出る準備をしたい。

ほとんど済ませてしまっているのでいくら考えても、これ以上「準備」なんか出来ない。
しかし、頭を絞れば何かあるもので、髪の毛をスッキリとカットすることにした。

そのころリトル東京の1番街にあった床屋へ行く。
マリーン(海兵隊)カットにしてもらうと、料金が9ドルプラスチップ1ドルで10ドル。

床屋のおじさんとも世間話で、「これから中南米旅行に行く」と話をする。
すると、「あー、あなたが4番街のホテル加宝に泊まっていて、いつまでも旅に出ないと噂の世界旅行者さんですか」と言う(うそ)。

実際はそうは言わなかったのだが、どうもリトル東京の住民みんなが、僕のことを知っていて噂をしている気がする。
「あれが、正月から中南米旅行に出ると言って、2月になっても出発しないヘタレだよ(笑)」と言っている。

リトル東京中のみんなが、僕が歩くいたあとで振り向いて、僕を後ろからじっくり見ている。
僕が振り返って目を向けると、僕から目をそらす、のでわかる。

LAPD(ロサンゼルス市警)のパトカーも、僕のあとをつけてゆっくりと走っている。
世界旅行者は、リトル東京の笑いものになってしまったんだ(涙)。

そうじゃないんだよー!
僕は本格的な世界旅行者なので、旅に出るためには決意が必要なんだよ。

それを説明しようとしても、僕が話しかけたら、きっとみんな知らない振りをするだろう。
説明しようとしても無理だから、堂々と旅行の準備をしよう。

ロサンゼルスのシティホール(市役所)の建物の地下にあるスーパーマーケットへ行った。
そこで、金属製のチェーンとナンバー錠を買った。

これは、もちろん、バックパックをホテルの部屋の家具などに固定するためのものだ。
何しろこれから向かう先は、泥棒さん強盗さんがウジャウジャいると噂の中南米だからね。

旅行の準備として、床屋で頭をスッキリ刈ってもらった。
次に、バックパック固定用の鍵とチェーンを買ったら、いくらなんでも、もう思いつかない。

そこで、「ヤオハンプラザ」へ行った。
確かこの時期は、「リトル東京ショッピングモール」だったかな、名前は違っていたと思う。

このショッピングモールは、とにかくこの時期は賑わっていて、いろんな店があったよ。
確か4階(3階?)に、ボーリング場もあったし、日系の映画館まであったんだから。

その映画館では、「BAKAYARO(バカヤロー)」というオムニバス映画をやっていた。
4本ぐらいの「バカヤロー」をテーマにした短い映画をまとめたもの。

その時期は日本でも少しは話題になったはずだ。
ロサンゼルスの旭屋書店で立ち読みする日本の雑誌にも紹介してあったからね。

その中の一本が、女の子の家が遠くて、デートをして食事をして話をして、さあこれからエッチになるかという時に、女の子が家に帰らなければならないので「バカヤロー」という話だった。
これこそ「バカヤロー」な話だと思ったね。

時間がないならば、デートをする時に、食事をせずに、最初からエッチをすればいいだけだ。
でもこの時代はまだまだ、「デートからエッチ」などという間違った考え方が一般的だった。

今になると、初めて会った人と、すぐにエッチをするのはごく普通のことだよ。
そういう意味では、社会は進歩していると言えるかもしれないね。

この映画館を出るときに、英会話のクラスでよく一緒になる黒人と出会った。
彼は日本語の勉強のために映画を見ているようだった。

それで久しぶりに、日米文化会館の英会話教室へ行った。
黒人も「西本さん、中南米旅行はどうなりました?」と、聞いてくる。

うーん、このままでは恥ずかしくて、もうリトル東京は歩けないよ(涙)。
外へ出るのは恥ずかしいから、ホテル加宝に引きこもるしかないね。

ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記