1989/02/13 明日旅に出ると決心したが、ホテル加宝仲間と話をしたら行く気がなくなった

【ホテル加宝の部屋】
2月13日。
起きた時に、明日、2月14日に出発しようと決意した。

ホテル加宝へは戻ってこないようにしよう。
2月11日に日本人のグループと一緒にメキシコへ下らなかった理由は、考えていた。

「1989/02/12 世界旅行者は、旅行天使と車でメキシコへ下らなかった理由を、日本人の本質から旅行哲学する」に書いてある。
でもそれは、もちろん本当ではない。

ただ、論理を使った遊びとして書いたものだよ。
僕はかなり追い詰められていた。

中南米へ下らなければ、僕の世界一周旅行の筋が通らない。
中南米旅行から逃げたら、一生後悔するだろうこと、それは十分にわかっている。

2月11日に、旅行天使たちが旅立ったあとで、図書館へダッシュして、本を5冊借りていた。
その本は、11日、12日で読み終えていたので、その5冊を図書館へ戻す。

加州住友銀行へ行って、自分の口座を閉じることにした。
11日の時点では、口座は開いたままだった。

旅立ったとしてもまだロサンゼルスへもどってこようと考えていた。
ロサンゼルスの銀行口座を持ったままにして置いたんだ。

でも、明日中南米旅行に出たら、ホテル加宝へ戻ってくるというこだわりは捨てよう。
そういう決意で、住友銀行の口座を閉じる。

口座に残っていた142ドル34セントを手にする。
図書館の本を全部返却して、銀行口座も閉じた。

11日に詰めたバックパックはそのままだ。
すべての用意は出来ている。

あと、Tシャツや靴下やジーンズを全部洗濯した。
準備をしていると、ホテル加宝で知り合った人が声をかけてくる。

「西本さん、いつ出発ですか」ってね。
この時期、世界旅行者がホテル加宝にやってきて、なかなか中南米旅行に出ようとしないという話はロサンゼルス中の噂になっていた(うそ)。

僕は「明日出ようと思ってるんですけどね」と答える。
すると、「それじゃあ、お別れだからちょっとビールでも飲みますか」という話になる。

ロビーでビールを飲んでいると、人が集まってくる。
ホテルで最初に知り合ったパイロットも来た。

「あれっ、西本さん、とうとう旅に出るんですか(笑)?」だってさ。
ホテル加宝で結婚していると話していた女性もなぜかやってきた。

なにしろ、ロサンゼルスではビールが安い。
さらに、ロサンゼルスのビールはなぜか酔わないんだ。

アルコール度数は、名目上は日本と変わらないと思うんだけどね。
日本のビールは酔うために飲むものだが、アメリカではビールはソフトドリンクだ。

そのせいか、ロサンゼルスのビールは、いくら飲んでも酔わない。
だから、話をしながら、舌の滑りをよくして、喉の渇きを癒すために飲むには最適だ。

ただ、どんどん飲んでいると、さすがに酔ってしまう。
それで、酔ってしまうと、次の日のことはどうでもよくなっていく。

ロサンゼルスからメキシコに入るには、サンディエゴ経由でティファナへ行くのが普通だ。
ここで問題になるのが、バスでサンディエゴへ行くか、鉄道(アムトラック)で行くか。

この時期、ロサンゼルスのバスディポは6番街にあったので、行くのは簡単。
僕自身何度もバスディポへ行っている。

鉄道は、これも歩いていけるユニオンステーションからサンディエゴへと列車が出ている。
どちらもたいして時間は違いがないだろう。

実はこのほかに、いまでは、メキシコ系のバス会社がある。
でも、1989年はそれほど知られてなかっのか、僕は知らなかった。

僕の北米一周旅行のとき、サンディエゴからロサンゼルスへは、グレイハウンドバスでやってきた。
グレイハウンドの乗り放題アメリパスを持っていたからね。

とすればだよ、サンディエゴへはグレイハウンドじゃなくて、アムトラックで行ったほうがいい。
ところが話をしていると、「アムトラックのサンディエゴ行きは予約しないとダメですよ」と言われる。

おいおい、それじゃあ、明日ふらっとユニオンステーションへ行っても列車に乗れないの??
だったら、明日行くのはやめましょう(笑)。

ということで、世界旅行者は決心していた14日の出発を止めました。
まあ正直言うと、決心がつかなかっただけなんだけどね。
注:アムトラックは実は予約無しに簡単に乗れました。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記