1989/02/12 世界旅行者は、旅行天使と車でメキシコへ下らなかった理由を、日本人の本質から旅行哲学する

【エクスポジションパークの恐竜骨格標本の前で@自然史博物館/エクスポジションパーク/ロサンゼルス】
2月11日に、ゲーブル君(ペルーのクスコで再会した)とそのグループがメキシコへ向けて旅立った。
世界旅行者だけが一人、ホテル加宝へ残る。

その理由を旅行哲学してみる。
まず僕は、基本的に、みんなでワイワイ旅をするのがイヤなんだ。

現在の日本には、一人で海外旅行に出るのがイヤで、誰か一緒に行く人を求めている人が多い。
インターネットでも、旅の同行者を募集している人がいる。

でも、知らない人と一緒に旅に出たら、気が合わなかったりして、大変なんじゃないかな。
特に日本人は欧米人のような野外活動、キャンプ経験などがほとんどない。

小さな時から個室を与えられて、部屋に閉じこもってゲームをしている。
だから人間関係を作る能力が不足している。

きっと頭の中で、理想的な旅行同行者を想像しているのだろうが、そんな理想的な同行者なんていない。
自分の日常生活でも、理想的な友達や理想的な恋人、なんていないんだからね。

旅に出れば、その場その場で、いろんな人と出会って、そこで盛り上がる。
そして、相手の嫌なところが気になりだす前に、あっさりとさわやかに別れる、これが一番いいんだ。

狩猟民族である欧米人、中国人、韓国人はここがよくわかっている。
だから、恋愛もすぐに燃え上がる。

日本人が(国内で)恋愛する場合は、時間をかけて、じっくりと相手を選んで、お付き合いをする。
じっくりと時間をかけて付き合い始めただけに、逆に、別れるときは見苦しい状況になる。

だいたい農耕民族の結婚には恋愛なんかないんだよ。
農耕民族は、ただ、だまって田畑をおとなしく耕していればいい。

結婚の目的は、農村の労働者としての子供をたくさん産むことに尽きる。
だから、男女ともに働き者でありさえすれば、見掛けは関係ない。

だって、夜は灯りがないので、真っ暗で、顔も見えない。
顔が悪くても、子孫が残せて、労働力が確保できれば、それでよかった。

そこに男女とも恋愛感情が絡むと、農村共同体に血の雨が降ることになる。
だから、農村の女性はみんなの共有物で、夜這いの対象になっていたわけだ。

そうして、農村の女性が農村の共有物となるから、農村は安定し、共同体が成立する。
農村では、貞操観念などはもともと存在しない。

漁村でも、夫が漁に出ている間は、フリーセックスが普通だった。
ポリネシアでは、女が妊娠するのは「風が孕ませる」ということになっている。

そうでないと、子供の父親が誰だということで、また問題にならないとも限らない。
つまり、農村共同体の上に成立した日本国には、「恋愛」というものは存在しない。

明治維新の西欧文化の流入によって、日本人は「恋愛」という、不安定な、わけのわからないものを知ってしまった。
だから、恋愛を結婚とリンクさせることで、なんとか精神の安定を得たわけだね。

精神的にはまだ農村共同代に生きている日本人は、常に安定を求めている。
それが、女の子が「付き合っているからセックスする」という言い方に現れている。

日本の普通の女の子は「セックスしたいから、セックスする」とは、まずゼッタイに言えない。
繰り返すが、それは日本人が安定を常に求める農耕民族だからだ。

だから、学校を出て社会人になるとき、終身雇用が確保された会社/官公庁に入ることを希望する。
同じように、旅に出るときには、不安定な状況を出来るだけ避けようとする。

本来の海外個人旅行とは、次になにが起きるか、さっぱりわからない不安定な状況だ。
そのなかを、旅に自分の身を任せて流されていく。

何か問題があれば、自分の判断と感覚で、次々と切り抜けていく。
その不安定さそのものを、楽しむものだよ。

ところが日本人は、もともと不安定な海外個人旅行に恐怖を感じてしまう。
現在の日本人の海外旅行は、すべてを計画して、完全に予約して、旅先で出会う人までもあらかじめ決めておこうと考える。

そんなものはだね、残念ながら、海外個人旅行ではないんだよ。
旅とは常に、不安定さ、変化の可能性を含んでいるべきものなんだ。

それが、僕が旅行天使グループの4人と一緒に車に乗って旅に出なかった理由だった。
僕は結局、一人でアムトラックでサンディエゴへ行って、グレイハウンドに乗ってティファナへ行ったんだ。

サンディエゴのグレイハウンドのバスターミナルで、ドイツ人の若者ラルフ君に会った。
ラルフ君と一緒にバスでエンセナーダへ行って泊まって、中華料理店で一緒に食事をした。

彼とはバハカリフォルニアを下る途中で別れたが、また中米で再会したよ。
これは、やはり、ホテル加宝から日本人が固まってメキシコへ行くよりも、ずっと面白かったんじゃないかな。

旅は必ず新しい、興味深い、想い出に残る出会いを与えてくれる。
だから、海外個人旅行者は一人であることを恐れる必要はない。

一人であるからこそ、旅行の神は出会いを与えてくれるものだ。
そして、世界旅行者はそれがわかっている。

そうそう、旅行天使が出発した翌日の2月12日。
僕は何もしなかった。

昼間は部屋でごろごろして、図書館で借りてきた本を5冊読んだ。
夜になって13チャンネルで、あの名画「カサブランカ(Casablanca)」を見た。


「カサブランカ」イングリッド・バーグマン, ハンフリー・ボガート
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記