1989/02/11 世界旅行者は、メキシコドライブ旅行から出発直前に逃げて、みんなを見送って、爆睡する

【ホテル加宝/Hotel Carver】
1989年2月11日の夜が明けて、朝食を取る。
昨夜(というか今朝)午前4時までいろいろと話をしていたので、身体が重い。

旅行天使の車は、今日メキシコ国境へ向かう。
旅行天使のゲーブルくんとのっぽくん、ボンボン、それから女の子が1人の4人。

問題は僕がこのグループと一緒に出発するかどうかだ。
ゲーブルくんは昨夜話をしたので、僕が行くかどうか迷っているのを知っている。

他の3人は、何しろこの話を進めた中心人物が僕なので、当然一緒に行くと思っている。
今日は、ロサンゼルスから下って、インターステート5を通って、サンディエゴ経由でティファナへ入る。

泊まるのは、ティファナになるだろう。
ロサンゼルスから3〜4時間程度。

午前中に準備をすれば十分に間に合う。
準備といっても、車にバックパックを積み込んで、座るだけだが。

しかしこのときになっても、僕はまだ迷っていた。
どうも気が乗らない。

ゲーブルくんが昨日言ったように、本物の個人旅行者というものは、本当は1人が好きなものだ。
みんなでワイワイがやがややるのもいいが、それが一日中だと疲れる。

他にもいろんな感情がある。
実は僕の基本は「逃げる男」なんだよ。

僕にはもちろん人生で、数々のチャンスがあった。
友人も多かったし、結婚もしていたし、離婚後は恋人もいなかったわけではない。
本も5冊出したし、他からも声がかかってないわけではない。
有名人から、是非会って食事をしたい、と言われたこともある。
かなりある意味で問題な人から電話がかかってきて、僕を抱き込もうとする話もあった。
正直言うと、そういう話に乗っていれば、僕の名前はもっとずっと売れているだろう。

ただ僕はそれから、常に「逃げて」いるんだよ。
何か大きなチャンスが来た時、僕はそれから逃げるのが癖になっている。

なぜチャンスから逃げるのか、はっきりと説明するのは難しい。
僕は、チャンスから逃げる理由を考えることからも、逃げているからね。

例えば僕は、女性と会う約束(そのあとのエッチもアリ)が出来ているのに、突然断るようなことがよくある。
美女とお酒を飲んでいて、女性がその気になって、エッチが出来る状況になってるのに、「ジャーネー」と、帰ってしまうのは普通だ。
さらには、美女から「今夜、お付き合いしてください」と、目の前で言われても、言を左右にして断った経験もある。
もっとすごいエピソードもたくさんあるが、僕は口が堅いので、芸能人や著名人などの名前は出しません(安心してね♪)。
だから魅力的な提案があっても、一歩引いて、考えて、断るのは僕にとっては普通のこと。
この日の場合、メキシコへの旅が目の前にあると、僕はそれから逃げたくなるんだ。

それにほとんど眠ってないせいか、身体がだるくて、頭もぼんやりしている。
「出発しよう!」という精神的な高揚がない。

決意が出来ないならば、僕は行くのをやめる。
ゲーブルくんに、「僕は行かない」と告げる。

ゲーブルくんとのっぽくんの旅行天使の2人は、メキシコと中米を車で下るつもり。
のっぽくんは学生なので、行けるところまで行って、日本へ戻る。

ゲーブルくんはどこかで車を売り飛ばして(処分して)、それから南米旅行を始める予定だ。
神がそう定めているならば、ゲーブルくんと僕が南米で出会うこともあるだろう。

普通の人は、同じ時期に旅をしていても、広大な中南米で再会するなんて、そんな偶然はないと思うだろう。
が、実はゲーブルくんと僕は、クスコのアルマス広場で再会したよ。

それ以前も、ペルーのチャンチャン遺跡の入場者名簿で彼の名前を見つけたりしていた。
実際、本格的な旅になると、案外と別れた人とまた会ったりするものなんだよね。

結局、僕1人だけ行かないことにした。
持っていたベルリッツの「Spanish for tarvellers」を、語学が好きだといっていた女の子に渡す。
この旅行の件で、結構話をして親しくなっていたので、女の子は僕と別れるのがつらそうだった。
彼女の目が涙で潤んでいたことを、僕は覚えている。

以前にも書いたが、この出発した日に、車の元の持ち主の美女から、お誘いの電話がかかってきたのだった。
僕は断った。

メキシコドライブ旅行のチャンスから逃げた。
美人からのお誘いにも乗る気がない。
無理をすることはない。
僕が旅立つとしたら、それはすでに神が決めている。
美女の誘いにも、友達との居心地良い安楽な旅にも惑わされない。
僕は、一人ぼっちの、孤独な旅を求めている。
きっと体力も気力も充実した日に、僕は旅立つだろう。
誰にも挨拶せず、サヨナラも言わず、1人でこっそりと。

午後3時、部屋でベッドに横たわる。
そのまま翌朝の午前9時まで、18時間爆睡した。
INDEX ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記 各国別旅行記