1989/02/10 加州住友銀行から7千6百ドル出して、カリファーストで7千ドルをアメックスのトラベラーズチェックにする

【昔はカリフォルニアファーストバンク/今はユニオンバンクオブカリフォルニア】
連日のパーティでホテル加宝仲間はどんどん親しくなっていった。
今日も朝から、下のロビーで話が盛り上がっている。

それは、ヤオハンの掲示板にバイク売りますの広告が載っていた件だ。
XT350というオフロードバイクが千ドルで売り出されている。

旅行天使の1人ゲーブルくんが売主に連絡を取ったところ、850ドルまで下がるとか。
つまり、日本円で十万円だ。

ゲーブルくんは何しろサハラ砂漠をバイクで横断、オーストラリア一周をした経験のある本格的なバイク野郎。
彼の見立てでは、「あのバイクは300ドルが妥当ですねー」という。

日本だとまだ動く350ccのバイクが3百ドル(この時期のレートで4万円)とは安い気がする。
でも、この時期の米国では何でも安かったんだよね。

朝食の場にいた大阪工大の2人組は、カワサキの550ccを買った。
その値段が800ドルということだ。

それなら、ゲーブル君の言う350ccで300ドルはナットクできるかもね。
この時代はとにかく、バイクで旅行している日本人が多かったんだ。

日本でもバイクブームがあって、バイク雑誌が売れていた。
僕自身がホンダの250ccのバイクを持ってて、北海道一周ツーリングにも出た。
それは、東京の友人の家に置いてきたんだが。
この時代は、バイクに乗る人たちが多くて、海外ツーリングも大流行だったわけだ。

ホテル加宝には大きな駐車場があって、無料で駐車できた。
だから、アメリカのバイクや車での旅行者はほとんどホテル加宝へ来ていた。

ヤオハンのメッセージボードにも、車やバイクの売買広告がたくさんあって、選ぶのに困るくらいだ。
日本からホテル加宝に来て、すぐに車やバイクを買って、アメリカ一周旅行に出る人は珍しくなかった。

さて、メキシコ旅行の準備として、僕は昨日チェックしていた「メキシコ領事館」へ行った。
メキシコのツーリストカードをもらう。

ツーリストカードには有効期限のスタンプが必要なのだが、押し忘れてあった。
それをこちらから指摘して、スタンプを押してもらう。

実際は、メキシコとの国境でツーリストカードはもらえたけどね。
でも、時間がある時は、念入りに準備をしておいた方がいい。

さて、これで、メキシコへ出発する準備はほとんど完了した。
あと一つだけ残っている。

それがお金をトラベラーズチェックにすることだ。
「トラベラーズチェックはアメックス」と決まっている(世界旅行主義)。

ところで、銀行によってアメックスを取り扱わないところがある。
リトル東京では、ぼくの口座がある加州住友銀行ではアメックスを扱ってなかった。

サンペドロストリートをはさんで向かい合っている「カリフォルニアファーストバンク(現在のユニオンバンク)」では、アメックスを扱っていた。
ということは、現金を持ってサンペドロストリートを横断しなければならない。

1人で大金を持って歩くのが怖いので、ゲーブルくんに一緒に行ってもらった。
加州住友銀行から7千6百ドルを引き出した。

このときに、ついでに小額紙幣を用意した。
百ドル紙幣×65枚  =6千5百ドル
50ドル紙幣×10枚  =5百ドル
20ドル紙幣×5枚   =百ドル
10ドル紙幣×20枚  =2百ドル
5ドル紙幣×40枚   =2百ドル
1ドル紙幣×百枚   =百ドル
 合計7千6百ドル
7千6百ドルの現金を持って、横断歩道を渡って、カリフォルニアファーストバンクへ飛び込む。
ここで、アメックスのトラベラーズチェックを購入する。
【トラベラーズチェック(TC)の種類】
百ドルTC×10枚             =千ドル
50ドルTC×80枚             =4千ドル
20ドルTC×10セット(百枚)      =2千ドル
合計7千ドル
この両替のポイントは、加州住友銀行でお金を出すときに、1ドル、5ドル、10ドル札の小額紙幣を揃えたこと。
陸路国境を次々と越えていく海外個人旅行では、小額のドルの現金が必要なので、小額紙幣で5百ドルを用意した。

ちなみに7千ドルの現金をトラベラーズチェックにすると、1パーセントの手数料がかかる。
つまり、ここであっさりと70ドルが減ったわけだよ(涙)。

加州住友銀行から下ろしたお金が7千6百ドルで、カリファーストでトラベラーズチェックが7千ドルと小額紙幣5百ドルに変化した理由。
それは手数料で70ドルも取られたからなのね(涙)。

だから本格的な長期旅行で、百万円単位のお金を持っていくときは、両替手数料に注意した方がいい。
銀行によってはトラベラーズの発行手数料が無料なんていうところもあるからね。

20ドルのトラベラーズチェックを持ったのは、この時期中南米の物価が安いという考え方があったから。
現在ならば、中南米の物価も上がっているので、わざわざ20ドルのTCなどは持つ意味はないよ。

やはり、20ドルの場合は現金の方が使いやすい。
実際の旅では、用意したドルのトラベラーズチェックを、あちこちでドルの現金に両替した。

ドルの現金から現地通貨にして使うのが、この時期、中南米旅行のポイントだった。
ドルの現金を何千ドルも持って旅に出るなんて、それは自殺行為だからトラベラーズチェックにするのは当然のことなんだよ。

現金で持つのは、盗難にあっても何とか我慢できる金額に留めた方がいい。
だから、僕ならば、5百ドルが限界だね。

中南米旅行では、手数料の安いところを選んで、旅先でドルのトラベラーズチェックをドルの現金に両替する。
そして常に4百ドル程度の現金を持っているように調節するわけだ。

陸路旅行の場合は、4百ドルもあれば一つの国を見て通り過ぎることが可能だ。
万が一トラベラーズチェックが全く使えない国があったとしても、現金があれば切り抜けられるからね。

カリフォルニアファーストバンクは東京銀行系列だった。
トラベラーズチェック両替のカウンターで、品のいい「アラフォー」の日本人美女が受け付けてくれた。

日本では銀行のカウンターで世間話することはほとんどない。
でも、カリフォルニアだと、個人的な話をするのは普通だ。

聞かれるままに中南米一周旅行に出ると告げる。
すると「私もアメリカへ来た留学生時代に、中南米に1人旅をしたいと思ったんですが、結局行けませんでした」と、憧れの瞳で僕を見つめた。

僕はもしこの女性がアメリカ人の富豪と結婚して離婚して、財産がたくさんあって、現在独身ならば、結婚してもいいと思った。
問題なのは、カウンターで話をしているだけでは、女性の財産状況までは聞けなかったことだね(涙)。

さて、メキシコのツーリストカードを入手し、トラベラーズチェックも現金も用意した。
これで旅に出る準備は完全に出来た。

実は、旅行天使の2人は、明日2月11日にロサンゼルスを出る。
インターステイト5を南下して、一気にメキシコに入る。

夜に誰かの部屋に集まって、半分送別会みたいなものをする。
話をすると、ゲーブルくんはこの旅行に気が進まないのだとか。

つまり、のっぽくんにたいして、ちょっと疲れているようだ。
ゲーブルくんは、もともとバイク乗りだ。

一人旅が好きな人は、気ままに旅をしたいわけだが、車があるとそうは行かない。
彼はロサンゼルスで安くバイクが買えると知って、バイクの一人旅に気が傾いている。

僕も実は、疲れている。
僕はこのところのパーティで、いろんな人を車でのメキシコ旅行に誘ってしまった。

親戚の家へ行ってすぐに戻ってきた「ボンボン」もメキシコ行きに加わる。
また、一人旅の女の子にも、「一緒にメキシコへ行こう!」と誘った。

僕が一緒に行くとなると、5人になってしまった。
5人だけなら問題はないが、みんなのバックパックを積まなければならない。

いざ旅に出るとなると、いろんなトラブルが予想される。
一応僕が年長者なのだから、僕が全体をまとめなければならないだろう。

僕は人の世話をするのが大好きだ。
でもそれは、「僕がそういう気分になったときだけ」なんだよ(笑)。

でもメキシコ行きの車は明日出発する。
いろいろ話していたら、午前4時になった。

まあ、僕が出発するかどうか、それは明日朝の気分で決めよう。
神がすべてを決めてくれるだろう。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記