1989/02/09 オルベラ街のメキシコ領事館で入国条件を確認し、スキヤキパーティをして、旅へ出ると決意する

【オルベラ街】
昨夜の「おでんパーティ」のタテマエは「みきちゃん送別会」ということだった。
朝、僕1人で、みきちゃんがホテル加宝を発って、日本へ戻るのを見送った。

海外旅行のいいところは、出会いが盛り上がっても、それっきりになるところだ。
たとえ住所を交換しても、普通は連絡なんか取らない。

それが暗黙のルールだよ。
だから僕は、「ニセの住所と連絡先」を用意しておくように、アドバイスをしている。

旅先の出会いはその時だけ。
だから、いい想い出になるんだね。

これでみきちゃんの事はオワリ。
実際、なかなかいい女の子だと思っていたが、いまはどういう顔だったかも全く思い出せないからね。

本当に再会する人、再会の時と場所は、すでに神が決めている。
また会う運命ならば、自分で何もしなくても、自然と出会うように定められている。

僕はホテル加宝で知り合った女の子と、何年もあとに、地下鉄霞ヶ関駅で会ったことがある。
もう1人の女性とは、増上寺の境内で、偶然出会った。

どちらも向こうから、「あれっ、西本さーん(笑)♪」と、声をかけてきたんだけどね。
だから、僕と知り合いたい人は、自分から積極的に行動しないとダメだよ。

しかし、いつまでもホテル加宝で楽しんでばかりはいられない。
どう考えても、中南米へ下ることは間違いないのだから。

そこで問題になるのが、メキシコのビザの件だ。
実は僕は、ロンドンにいたときにすでにメキシコへ行くことを考えていた。

ロンドンのメキシコ大使館へ行ったことがある。
ビザをくださいというと、「はいはい♪」という返事があって、5分後に渡されたのが一枚の紙だ。

質問すると、この紙に記入して国境に提出すればいいだけだとか。
つまりこれが「ツーリストカード」だったんだね。

メキシコへ入国するには、エジプトやケニアのビザのように、パスポートに重々しくスタンプを押される必要はなかったわけだ。
ただ、このメキシコのツーリストカードには3か月の有効期限があった。

そしてもちろん、僕がロンドンからニューヨークへ入って、北米一周をしているうちに、3か月は過ぎる。
新しいツーリストカードを入手しなければならない。

この時期、ロサンゼルスのスペイン領事館はオルベラ街の入口横にあった。
なんとなく訪ねていったら、閉まっていた。

聞くと、開いている時間が「午前8時から午後1時まで」ということ。
それなら明日来ればいいさ。

郵便局へ行って、ジーンズやTシャツなど、さしあたり不要なものを日本へ送った。
これがかなりの量になって、送料だけで21.5ドルもかかる。

荷物を日本に送って、メキシコへ下る用意は出来た。
明日、メキシコのツーリストカードを取れば、すべては解決だ。

夕方になったらまた、ロビーに人が集まった。
今日は昨夜の失敗を反省して、「スキヤキパーティ」をやることになっている。

部屋もテーブルセッティングも昨夜と同じだ。
スキヤキに必要な、醤油や砂糖はホテル加宝のものが使える。

旅行天使の車に乗って、みんなでヤオハンへ行く。
ヤオハンではスキヤキ、しゃぶしゃぶ用の薄切りの肉がパックになって売ってある。

薄切り肉がワンパック2ドルちょっとだ。
その重さは記憶にないが、何しろアメリカなので、けちくさい量ではない。

牛肉パックをぽんぽんとカートに放り込む。
どうせ飲むのだからと、ハワイ製の3リットル日本酒パックを買う。

野菜と卵も買う。
肉があれば誰も野菜が欲しいなんて言わないだろうけどね。

しかも、ロサンゼルスでは、下手な日本野菜やシラタキを買うよりは肉の方が安い。
それでまた、肉を追加して、カートへ入れた。

ホテルに戻って、今夜はスキヤキパーティだ。
やはり人間、健康には悪くったって、肉と酒があれば、何もいらないよねー(笑)。

というわけで、この夜も非常に盛り上がったよ。
この日は女性がいなかったんじゃないかな。

そのせいか、互いのセックス体験談が弾んだ。
僕も、秘密の性体験を公開したりした。

僕のエッチ話を聞いて、さすがの美男子でモテモテのゲーブルくんも降参した。
「西本さんには負けますねー(笑)♪」と敗北を認めたよ。

ゲーブルくんと僕は、一応車でメキシコへ行くつもりだから、旅の話も交換する。
もちろん、僕のこれまでのアジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米旅行のウンチクが語られる。

旅行者にとって一番うれしいことは、旅の自慢話を感心して聞いてくれる観客がいることだよ(笑)。
この日のパーティ費用は、一人当たり7ドル10セント。
思い切り肉を食って、日本酒とビールを飲んだ。
それで、たったの千円弱だ。
みんな若くて元気が良くて、旅の話がガンガン交換される楽しい時間。
スキヤキはかなり余ったが、これはまた明日食べることにする。

みんなにジャーネーと手を振りながら、ふらふらっと部屋に戻って、ベッドに転がり込む。
ぼんやりした頭で考える。

楽しいパーティも、永遠には続かない。
もういい加減、覚悟を決めて、旅に出る時期だろう。

旅行神は旅行天使2人をホテル加宝へ送り込んで、僕に楽しい時間を過ごさせてくれた。
しかし、祭はいつか終わる。

大人は、祭が終わった寂しさを感じる前に、祭の途中で立ち去らなければならない。
それが出来るのが本当の大人なんだ。

世界旅行者は、明日メキシコのツーリストカードをもらうと決める。
銀行から金を引き出して、それをアメックスのトラベラーズチェックにすればいい。

それですべての準備は整うはずだ。
旅行天使の車で、一気にメキシコへ行ってしまおう!

この夜は、確かにそう決意したはずだった。
ではなぜ、旅行天使と一緒にメキシコへ行かなかったのか?

それは続きを読めばわかります。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記