1989/02/08 おでんパーティをしたら、おでんの種が膨らんで鍋から飛び出した上に、予算もオーバーした話

【ホテル加宝のパーティのほんの一場面】
2月6日は、ロサンゼルスの韓国人街へ行って焼肉を食べたが、ビールが高かった。
2月7日は、車でクアーズ(Coors)を箱で買ってきて、思い切り飲んだが食べ物がなかった。

そこで考えることは、「ホテル加宝で食事を作ってパーティをやればいい♪」ということ。
ホテル加宝で何か料理を作って、みんなで囲めばいい。

ビールはとにかく安いわけだから。
だから前日に、「ホテル加宝でパーティをしよう!」という話になっていた。

ところでパーティには何かの口実が必要だ。
ちょうどホテル加宝へ来ていた「ミキちゃん」という女の子が、2月9日に日本へ帰るとのこと。

それならばと、「ミキちゃんの日本帰国送別会」というタテマエにした。
この日の昼間は、誰も姿が見えない。

昼飯を抜いて、お腹をすかせて夜のパーティの準備をしているのだろう。
僕自身も、部屋に閉じこもって、キャサリンターナーとマイケルダグラスの「ナイルの宝石/The Jewel of The Nile」を見た。
しかしこれはちっとも面白くなかった。
やはり、前作の「ロマンシングストーン秘宝の谷/Romancing the Stone」の方がずーっと面白かったよ。
実は僕が1984年に最初のインド旅行に出たとき、「Romancing the Stone」のペーパーバックを読んでいた記憶がある。
それを日本から持っていったのか、それともカトマンドゥのタメル地区の古本屋で購入したのか、記憶にないが。

夕方になって、ロビーに人が集まる。
旅行天使の車でヤオハンに行って、食材を買い集める。

このとき僕は1987年9月に日本を出てから足かけ3年、実質1年半ほど日本を離れていた。
また、この年2月のロサンゼルスは、結構寒かった。

ヤオハンを歩いていると、おでんが目に付いた。
おでんならば、ただ鍋に放り込むだけで、すぐに食べられる♪

というわけで、おでん種各種とおでんのスープ、それからビールを箱買いした。
ホテル加宝のキッチンで大きな鍋におでん種を入れる。

すると、おでんの種がどんどん膨らんで、鍋からあふれる。
別の鍋に分けて、やっと落ち着いた。

このときは、ロビーではなくて、誰かの部屋でパーティを開いたと思う。
ホテル加宝の部屋には小さなテーブルも標準装備されていたので、各部屋からテーブルを3つほど集める。

その上に、おでんを置いて、パーティを開いた。
この時期はまだ「イワタニのカセットコンロ」はなかった。
だから、部屋でおでんを温められず、時々温めなおしにキッチンへ行った。
僕はもともとお酒を飲むときは、あんまりものを食べない。

パーティ参加者は6〜7人だったと思う。
だから、おでんは十分に足りた。

ビールはせっかくだからと、余るように箱買いしてある。
だから、すっごく満たされた気分になったよ。

ただ飲み食いをみんなでワリカンにしたら、1人頭11ドルとなった。
これは正直、予想よりもかなり高かった。

だいたい、ビールを10缶飲んでも600円だよ。
あとはつまみのつもりだったのに…。

張り切りすぎて、高価なおでん種を食べきれないほど買ってしまった。
つまみでいいのなら、この時代、ロサンゼルスは思いっきり安かったんだから。

ロサンゼルスの場合は、物価は安くても、おでんはやはり高いものなんだ。
高価な食材のおでんを買いすぎた、という反省の言葉が出る。

「おでんよりも肉が食べたい」という意見も出た。
確かに、アメリカでは牛肉はメチャクチャ安いわけだ。

それならばだよ、明日はすき焼きパーティをしましょう(笑)♪
ビールも余ってるし、おでんも残っている(おでんの残りは翌日みんなで朝食で食べた)。

「ホテル加宝物語」の愛読者は、いつになったら中南米旅行に出るのだろうと、イライラしていると思います。
でもね、若い女の子が入れ替わり立ちかわりやって来て、話の会う旅行者もいて、ビールが安いところだよ。

連日パーティをしていて、話が盛り上がり、ビールが思い切り飲める。
こんな楽しいところを出て、あっさりと中南米旅行なんかに行けるかな?

そんなことが出来るとしたら、そりゃ人間として、ちょっとおかしいよ(笑)。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記