1989/02/07 ロングビーチへ行ったあと、ホテル加宝のロビーで一缶60円のクアーズを飲んで盛り上がる

【グレイハウンドバス】
2月1日に出会って7日のこの日まで、のっぽくん、ゲーブルくんの旅行天使とはすっかり仲良くなっていた。
特にゲーブルくんとは毎朝、ホテル加宝のロビーで朝食を取りながら、話をしていた。

2人の中南米旅行計画の相談にも乗っていた。
また、日曜日には、一緒に車も買いに行った。

車の売主の美女とみんなでテキーラを飲んだときも、話が異常に盛り上がったよ。
また、昨日はロサンゼルスの韓国人街コリアタウンで、焼肉を食べながら話をした。

いまのところ、彼らがメキシコから中米へと車で南下するときに、僕も一緒に行くことになっている。
ただ僕は、まだ彼らと一緒に国境意を越えるという、最終決定はしていないんだけどね。

いつものように、僕がロビーで朝食を取っていると、旅行天使の2人がやってきた。
また、アメリカ旅行でやってきた女の子が1人いた。

彼女は美保純に似ていたので、ここでは「純ちゃん」と呼ぼう。
旅行天使2人と僕の男性3人と純ちゃんは、全員話が面白いので、すぐに盛り上がる。

純ちゃんは、帰国したら日本の米軍基地に勤める予定だ。
僕はこういう話ははじめて聞いたので、かなり興味を持った。

日本的なものが好きじゃない場合は、もちろんアメリカに行くのがいい。
ただ、アメリカに行って住むのは、ビザの関係などで大変だ。

でも、日本の米軍基地に勤めれば、基地の中は米国と同じ。
しかも、カッコイイ米国軍人がたくさんいるわけだから、女の子が結婚相手を見つけるのも難しくない。

そうなると、最終的にアメリカへ住み着くことも出来るよね。
これは、かなりいいアイディアだと思う。

問題は、どうやったら米軍基地に勤められるかってことだけどね。
純ちゃんの場合は、いろいろとコネもあり、英語もペラペラなので、問題はないようだ。

純ちゃんと僕がロビーでテレビを見ていたことがある。
僕が英語が聞き取れなくて、「いまなに言ったのかなー?」みたいなことを、ぽつんと言った。

すると彼女は、「いま言ったのは、こうこうですよ」と教えてくれた。
世界旅行者は、「やはり日常的に外国人と話をしていなければ、英語の聞き取りは無理だ」と再確認したね(涙)。

彼女も普通の日本人とは、ちょっと感覚が違っていた。
なにごとにもアメリカ風にあっさりしているので、僕とは気が合ったよ。

あと1人、ちょっと単純な20歳くらい男の子もロビーにやってきた。
親が金持ちで、親戚も米国に住んでいるらしい。

彼は日本からアメリカへ来て、「まず親戚の家に泊まる」という。
彼を「ボンボン」と名付けよう。

僕はボンボンに忠告してあげた。
「いくら親戚だとはいっても、日本から泊まりに来られたら迷惑なんだよ」

「親戚のところへ泊まると、気を使うから止めたほうがいい」
「親戚が長くアメリカに住んでても、旅行のことは知らないから役に立たない」

「どうせ親戚の家には居づらくなるから、挨拶だけしにいって、ホテル加宝に泊まるのがいい」
などと、人生の真実を深く教えてあげた。

しかしボンボンは、人生の本質がわかってないので、ホテル加宝の宿泊は、昨晩一泊だけの計画。
今夜9時半に、グレイハウンドに乗って、親戚のところへ行く。

とても世話好きな世界旅行者は、「車もあるから、今日はみんなでロングビーチへ行こう!」と提案する。
そこで、旅行天使の2人、純ちゃん、ボンボン、と僕の5人で出発。

まずロングビーチへ行く。
ロングビーチの「クイーンメリー(Queen Mary)号」へ行ってみた。

ところが中に入るには、このとき14ドル95セント、つまり2千円かかるという。
これは、金のないホテル加宝組は、全員一致でパスした。

大型客船は無理に中に入る必要はない、外側から見れたらそれだけでいいのでは?
次は僕が何度も行っている「ベニスビーチ」へと移動して、ビーチの店を冷やかして歩いた。

僕は、何度も行っている、なじみの韓国人のTシャツ屋へ。
自分のためにTシャツを2枚買った(6ドル75セント)。

これだけでとっとと切り上げて、ホテル加宝へ戻る。
夜には、純ちゃんを連れて、日米文化会館の英語教室へ行った。

これは、ナイショだが、彼女の英語能力をチェックしたかったんだ。
純ちゃんは英語の聞き取り能力は非常に高かったが、自分で英語を話す時の語彙は少なかった。

これで僕は、ちょっと安心したんだけどね(笑)。
夜になって、ボンボンをグレイハウンドのバスディポ(バスターミナル)へと車で送った。

車があったので、バスディポからの帰りに、ヤオハンでクアーズ(Coors)24缶のボックスを9ドル99セントで買う。
これだと税金がついても、一缶当たり60円しない。

一缶60円のビールなら、思いっきり飲めるよね。
この夜はロビーでクアーズを飲みながら、話が盛り上がった。

僕が言ったのは、「ボンボンはホテル加宝にいたほうが良かったのに」ってこと。
実はこれはすぐに実現して、ボンボンは親戚の家に一泊しただけで戻ってきた。

「西本さんのおっしゃるとおりでした(涙)」と言ったが、僕はあまりに可哀想で、それ以上聞かなかったっけ。
ロビーでワイワイやっていると、ホテル加宝のほかの宿泊者も集まってくる。

一缶60円のビールは値段がないようなものだ。
だから、僕はどんどんビールを振舞った。

ビールばかりをガンガン飲んでいたが、ちょっとお腹もすく。
そこで世界旅行者先生は、言った。

「明日はおでんパーティをしよう!」ってね(笑)。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記