1989/02/06 大川のおじさんの話/コリアタウンの焼肉屋へ行ったらビールが高くて、これ以降ホテル加宝でパーティをすると決める

【ホテル加宝/HOTEL CARVER】
1989年の2月6日は台湾の正月(旧正月)だった。
台湾人がオーナーのホテル加宝のフロントもなんとなく賑やかだ。
ホテル加宝のおじさんと話をする。
おじさんとは言ってもそのころ、すでにおじいさんだったけどね。
僕たちは「大川のおじさん」と呼んでいたが、おじさんは台湾人なので、大川は本名ではない。
ただ、台湾が日本の領土だった時代に、日本軍に勤めていたのか、軍人にかわいがられていたのか、日本人が大好きな人だった。

日本が戦争に負けたときに、「何でも持って行け!」と言われたそうだ。
ところがトラックがなかったので、何も持って帰れなかったとのこと。

日本軍の敬礼やそのころ覚えた歌を教えてくれたりした。
大川のおじさんは、おばさんの尻の下に敷かれているようだった。

ホテル加宝のオーナーはおばさんの方の親戚だったらしいからね。
台湾では女性のほうが強いので、まあそれはそれで似合っていたよ。
おじさんにはちょっとした副収入があった。
この時期のホテル加宝では、自分がビデオデッキを持ってなくても、ビデオを見ることができた(以前書いたよね)。

フロントに見たいビデオと1ドルを渡すと、フロントのビデオデッキで、部屋に流すというシステムがあった。
僕が部屋にいると、大川のおじさんから突然、電話がかかってくる。

「西本さん、いいのがあるからテレビをつけて!」と言われる。
それでテレビを付けると、エッチビデオが流れている。

誰かがエッチビデオを流すように頼むと、それを勝手に他の部屋に流していたわけだ。
しかしもちろん無料ではない。

ビデオは途中で切れて、また電話がかかってきて、「続きみたいなら1ドルね!」と言う。
そこで、部屋を飛び出して、フロントへ行って1ドルを渡して、続きを見るわけだ。

僕と大川のおじさんは気が合ったのか、特別にいろいろ親切にしてもらった。
おじさんは僕だけ特別に1ドルを免除して、エッチビデオを流してくれたよ。

ちょっと迷惑な時もあったけどね。
僕が中南米旅行をしていたときは、出会う旅人にホテル加宝の宣伝をして、ホテルへの伝言を頼んでいた。

旅先の話は人づてで、あっという間に広がるものだ。
この時期、ホテル加宝の名前は、中南米旅行者の間で広まったわけだ。

その原因は、おしゃべりな僕がかたっぱしから宣伝して歩いていたからだけどね(笑)。
だから、「西本さんから聞いたんですがー」と、客もずいぶんと増えたらしい。

僕が中南米一周して戻ってきた時は、「西本先生♪、西本先生♪」と、完全に加宝での扱いが違ってたよ(笑)♪
歩いていると大川のおじさんから声をかけられて、「ロサンゼルスオリンピックのバッジ」をプレゼントされたりした。

確か1991年を過ぎると、大川のおじさんはもうホテルの仕事からは引退した。
僕がホテル加宝に行くと、わざわざ僕に会うためにやってきてくれたりした。

大川のおじさんの話はこのくらいにしておこう。
僕が中南米旅行に本気で出発しようとする時に、おじさんはまた登場するのでお楽しみにね。

さて僕のメモによると、この日も「バイク野郎が1人出発した」とある。
とにかくこの時期は、次々と旅行者がやってきては、出発していった。

だから誰が誰で、何をしていたのか、覚えてない。
この日は、田中裕子に似た若い女の子が男と一緒にやってきた。

加宝のロビーにいると、次々と新しい旅行者と知り合える。
旅行者は常に、その人それぞれの面白い話を持っているものだ。

話をするだけで刺激になる。
僕はこの時期、毎日毎日いろんな人と会っては、日本では話せないようなディープな話をしていたよ。

この時期の長期旅行者は、会社を辞めたり、学校を休学したりしてたからね。
旅に出る理由も、目的も、興味深くて重かった。

そういう風にワイワイやっていたら、コリアタウンの話になった。
コリアタウンには安くておいしい焼肉屋があるとか。

誰かが言い出して、知り合った6人で韓国人街の焼肉屋へ行くことになった。
僕の友達の旅行天使の車があったので、それに乗ってみんなで行った。

そうそう、旅行天使の若い方、のっぽくんはお酒が飲めなかったのでちょうど良かったわけだ。
「安くておいしい」という評判の店だったが、正直言うと、僕はあまり味にこだわりがない。

僕はとにかくビールが飲めて、つまみがあればそれでいいという単純明快な人間なんだ。
ロサンゼルスの問題点は、ビール自体の値段は安いが、飲食店で飲むビールの値段が高いこと。

スーパーマーケットならばビールの一缶は50円くらいで買える。
それがレストランで飲むと、300円くらいするわけだ。

焼肉があるのに、ビールを飲まないなんて考えられない。
焼肉は安いがビールが高い。

それでビールを思い切り飲んだら、結構かかってしまった(涙)。
その上に、ロサンゼルスだとチップも必要だしね。

男4人、女の子2人で行ったのだが、お酒を飲む人飲まない人がいる。
女の子の1人は、いま思い出したが、レストランで食事をするだけのお金がなかった。

それだけ節約して旅をしていたんだ。
食事をしない女の子を横に置いて、僕たちだけが食べるなんて出来ない。

考えるのが面倒なので、僕の発議で、「女の子は2人とも無料!」ということにした。
それで男4人で割ったら、男1人が40ドルもかかってしまった。

日本だと食事をして酒を飲んだら4〜5千円は普通だが、ロサンゼルスではかなり豪華なんだ。
長期海外旅行中にこんな豪華な食事を取っていたら、やっていけない。

これ以降、「みんなで盛り上がる時は、ホテルでやろう」ということになった。
それが結局、ホテル加宝での、あの連夜のパーティの話につながっていくんだけどね。

コリアタウンからもどってくると、ホテル代を請求された。
僕は、また一週間分95ドルを支払った。

また1週間ホテル加宝にいることになった…。
でも、連日面白い旅行者がやってくるんだものなー。

こりゃ中南米旅行なんかに出るよりは、ずーっと面白いっすよ。
ホテル加宝にいれば、日本では絶対に話もしないような全く違ったタイプの人と盛り上がれるからね。

そうそう、この日はメチャ寒くてテレビ局ではどこも、ロサンゼルス寒波がトップニュースだった。
いくら2月でも、ロサンゼルスで摂氏0度(華氏32度)まで下がるのは珍しい。

でも、ホテル加宝の「酒と薔薇の日々」はまだまだ続きます。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記