1989/02/05 旅行神からつかわされた旅行天使2人と一緒に中古車を見に行って、美女とテキーラを飲む

【ヤオハンプラザの掲示板に車を売る情報があります】
2月5日。
世界旅行者はもともと決断力がない。

世界旅行者が世界のあちこちへ旅をしているのは、旅をしなければならない状況に追い込まれてしまうからだ。
僕は周囲に流されて、定見もなく、ふらふらと生きている。

流れ流れてロサンゼルスへやってきて、どう考えても中南米へ下らなければならない状況にいる。
旅行するだけのお金はあるし、いままでアジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米と旅をしてきた。

しかも日本に帰っても、離婚しているし、住むところもない。
だから、正直、旅を続けるしかないわけだよ。

スペイン語は旅行する程度は全く問題ないし、様々な旅行経験も積み重ねてきた。
ホテル加宝では中南米から帰ってきたばかりの旅行者から、フレッシュな話も聞いている。

その話からも、僕が中南米旅行をするのには全く問題がない。
ある状況に入れば、僕はその状況の中で立派に振舞うことが出来る。

それもわかっている。
ただ、中南米へ旅立つ思い切りが付かないだけなんだ(涙)。

旅行の神も僕とは長い付き合いなので、そこはよくわかっている。
それで、長身の日本人の若者2人(実は旅行天使)を遣わして、僕を旅出させようとしているわけだ。

旅行天使の2人は、僕と一緒に車でメキシコへ行くことになっている。
その車はロサンゼルスで買う。

彼らは日系スーパーマーケット「ヤオハン」の入り口付近にある掲示板で中古車を捜した。
いくつか電話をかけて、条件に合う車を見つけたようだ。

日本女性が中古車を売っている。
その売値が1300ドル。

ロサンゼルスでは、車は潰れるまで使うもの。
10年くらいたった車は、いくら乗っても値段は下がらない。

だから、時間のある人は、ロサンゼルスで10年くらいの中古車を買って、それに数か月乗って、同じ値段で売り飛ばすことが出来る。
調子のいい人は買ったときよりも高く売る人もいる。

旅行天使の2人は、車をメキシコへ持っていって、どこかで売り飛ばそうと考えているらしい。
さすが、考えることが大胆だねー。

旅行天使の若者は違うよ。
僕はこういう面白い話に首を突っ込んで、おいしいところだけ味わおうとする。

自分で中古車を買うとしたら、僕は間違いなく精神的にダメになってしまう。
まず僕は車のことをよく知らないしね。

どんな欠陥車をつかまされるかわからないし。
だいたい千ドルちょっとの車なんて、どこか調子が悪いに決まってるんだし…。

だから他人が車を買うのに着いていって、横から適当な感想を言うのが気楽だ。
旅行天使たちは電話で売主の日本女性と連絡を取った。

それで、確か女性が車に乗って、ホテル加宝へやってきたんじゃないかな。
バスで行った記憶がないからね。

売主の女性は30前後の、なかなかきれいな人だった。
ロサンゼルスの会社に勤めていて、1人で住んでいる。

最近新しいHONDAを買ったので、いままで使っていた車を売るということだ。
彼女も休日に長身の美男子2人と、おまけに付いてきた世界旅行者に会えて、とても喜んでいた。

みんなで彼女のアパートの近くのメキシカンレストランで食事をする。
その後ベニスビーチの彼女のアパートへ行った。

ここでテキーラをご馳走になって、話をした。
話はものすごく盛り上がった。

この時、僕は、旅行天使2人の関係がよくわかったんだけどね。
のっぽくんのほうはまだ学生じゃなかったかな、かなり金持ちのお坊ちゃまらしい。

ゲーブルくんは、30歳過ぎているが、自分で働いては旅に出るタイプの人だ。
ゲーブルくんはバイクでのサハラ横断、バイクでのオーストラリア一周の他にも旅行経験が豊富だ。

バンコクでは白人女性と同棲していたという。
確かに彼はモテルだろうなー、と僕も思う。

売主の女性も、魅力的な男性に囲まれたので、千3百ドルの値段を簡単に千ドルまで下げた。
というか、もともと千ドルと考えていたわけだ。

ただ、彼女の車はラジエーターの水がすぐになくなるという特徴があった。
つまり、ラジエーターに穴が開いているらしい。

「車に乗るときは、いつもミネラルウォーターのボトルを持ってるの」とのこと。
僕ならばそんな車に手を出さないが、なにしろ千ドルなので、旅行天使の2人は買うことに決めた。

これから所有権を示すピンクスリップをDMV(Department of Motor Vehicles)に持っていって、名義を書き換えるようだ。
その他、保険などをどうしたのか、そこまではわからない。

彼らは車をホテル加宝の駐車場に停めて、旅行の準備をしているようだった。
結局次の日曜日が来る前に、旅行天使はメキシコへ行ってしまった。

僕はなぜか、ホテル加宝に残っていた。
その理由はまたじっくり書くので、楽しみにしてください。

ただ、次の土曜日2月11日の朝に、車を売った女性からホテル加宝に電話があった。
「出発してないなら、またパーティでもやりませんか?」というお誘いだ。

美男子の2人は出発してしまっていた。
電話は僕が受けたが、この女性と僕が2人で会っても仕方ないだろうと、僕が断ってしまった。

僕もまだまだ若かったんだよね。
「女性が会いたがるのは背の高い美男子に決まっている」と思い込んでいたから。

背は低くても見掛けは少々悪くても、「エッチ話が上手で精力絶倫の中年男性」の方が好きな女性もいるんだよ。
僕はそのころ、女性と2人きりで会うならば、エッチしなければならないと思い込んでた。

そういう関係になると、中南米旅行に出るのがまた遅くなるからねー。
でも難しく考えずに、この日本女性と同棲してもよかったんだ。

そして、何かのコネでも見つけて、ロサンゼルスに住み着いた方が良かったかもしれない。
人生というものは、いろんな分岐点があるものでね。

僕は中南米旅行という固定観念に囚われてしまっていたわけだ。
それよりも、「女性からの誘いには迷わずに乗ってしまう」ほうがいい。

これは特に、若者に言っておきたいね。
自分の固定観念で女性からの誘いを断ってはダメだ!ってね。

この2月5日の日曜日は、旅行天使の2人と車を買いに行った。
なかなか魅力的な日本女性とテキーラを飲んで、盛り上がった。

ねー、ホテル加宝にいると、いろんな楽しいことがあるでしょ。
でもホテル加宝の話は、こんなものじゃ済まないんだよ。

僕なんかは、ロサンゼルスの高級住宅地にある豪邸に住む日系美女とお見合いしたこともあるよ。
いやはや、ロサンゼルスは何でもありだからなー(笑)。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記