1989/02/04 この時代のグレイハウンドの乗り放題「アメリパス」についてのウンチクを語る

【ホテル加宝の前をバイクで走る世界旅行者(1991/02/02)】
1月30日の月曜日に一週間分の宿泊費95ドルを払っている。
すると、2月6日の月曜日までだらだら過ごしてしまう。

それが人間というものだよ。
一般の人がそうでなくても、少なくとも世界旅行者に当てはまるのは間違いない(涙)。

この時期、日本からの旅行者が、次々とホテル加宝にやってきていた。
彼らはいまのように、日本出発から帰国までびっしりと旅行計画を立てたりしていない。

ほとんどの人は予約をしてなかったので、旅は自由度が大きかった。
僕が中南米を一周して戻ってきた後は、アメリカ旅行にやってきた旅行者を中南米旅行に変えさせたものだ。

この時期は、僕が北米一周し終わって、ロサンジェルスへ落ち着いたばかり。
だから、アメリカからカナダ旅行のアドバイスをしていた。

この時期の若者は、ほとんどがヨーロッパかアメリカへ旅をしていた。
また、航空運賃が高かったので、旅行者はほとんど飛行機は使わなかった。

ヨーロッパならユーレイルパスを使った鉄道旅行と決まっていた。
もちろん、アメリカならばグレイハウンド乗り放題のアメリパスを使ったバス旅行だった。

再度確認しておきますが、このお話は1989年のロサンジェルスの話です。
いまは「アメリパス」という名称はなくて、別の乗り放題パスがあるはずです。

そのあと、乗り放題のパスは廃止されたとか(涙)。
自分で、グレイハウンドのサイト(http://www.greyhound.com/)で調べてください。

2月4日の土曜日の朝も、日本からアメリカ旅行にやってきた旅行者がロビーに3人いた。
朝食時間に知り合って、他の旅行者も加わったり抜けたりして、ずーっとアメリカ旅行の話をしていた。

グレイハウンド乗り放題の「アメリパス」がアメリカで買えるかどうか、というのが話題だった。
日本のガイドブックには「アメリパスは日本でしか買えず、延長は1日2千5百円。出発前に日本で延長しておかなければならない」とはっきり書いてあった。

しかし、実際はアメリカ国内でもアメリパスが買えた。
僕自身がマイアミのバスディポで、一か月のパスを250ドルで買ったんだから。

ちなみに日本のガイドブックには「ユーレイルパスはヨーロッパでは買えない」とも、書いてあった。
しかし、愛読者の皆さんはご存知の通り、僕はスイスでユーレイルパスを買って、あの伝説の「21日間で14カ国旅行」をしたからね(笑)。

僕が世界旅行者と呼ばれて尊敬を集めている理由は、ここでもわかるだろう。
ヨーロッパをユーレイルパスで鉄道旅行して、北米(米国とカナダ)をアメリパスでバス旅行をしている。

ただそれだけならば、珍しくないかもしれない。
でも、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)はだね、ユーレイルパスをチューリッヒで、アメリパスをマイアミで購入している。

日本のガイドブックでヨーロッパ内では買えない、米国内で買えないとはっきり書いているパスだ。
それを両方とも現地で買っている、というのはまず日本人では僕だけだろう(笑)♪

僕は旅をしながら現地で情報を仕入れいる。
だから日本で考えていてはありえない旅をしているんだよ。

アメリパスを1日あたり10ドルで延長できるとは、この時期アメリカ旅行をしている旅行者の間では常識だった。
僕は、アメリカ旅行に来てアメリパスを持ってない旅行者にはパスを勧めていた。

ところがこのパスは、ロサンジェルスのバスディポのカウンターでは買えなかった。
僕が何かの用事で、グレイハウンドのバスディポにいったときに確認したんだ。

グレイハウンドのカウンターの列に並んでいた。
僕のすぐ前に20歳くらいの日本人の若者がいる。

彼が、カウンターで紙を見せて指差していた。
僕は彼のすぐ後ろだから、それを覗き込んだら「アメリパスを買いたいです(I want to buy an Ameripass)」と英語で書いてある。

この程度の英語を紙に書いてくるのは何か特別な事情があるのかも?と、通訳してあげたよ。
その特別な事情とは「英語が出来ないので、誰かに書いてもらった」という単純なものだったけどね。

彼は、マイアミの英語学校に通っていると言ってた。
詳しい事情は聞く時間がなかったので、それだけでわかれた。

カウンターでは結局、その時アメリパスを売ってないとわかった。
しかし、「ハリウッドのチャイニーズシアターの斜め前のビルの中にある旅行会社で買える」と教えてくれた。

その若者とはバスディポで別れたが、僕はロサンジェルスでアメリパスを買える場所を知ったわけだ。
僕はもうアメリパスを使う予定はなかったし、情報は自分で持っていても仕方ない。

アメリパスと北米のバス旅行情報について、僕の旅のエピソードを含めて、語ることはたくさんあった
この時代は、インターネットもなかったし、ガイドブックもいい加減だった。

旅先で旅行者同士で話をすることが、旅をするためにも重要な意味があったわけだ。
僕は話し出すと止まらない上に、北米旅行に来た旅行者が興味を持つ話を持っている。

結局朝から午後4時まで、加宝のロビーで話し続けたよ。
話をした3人のうち2人は、ハリウッドへ行ってアメリパスを買って旅に出ることにした。

今日もいいことをした。
いいことをするのはいいが、自分の中南米旅行はどうなるのか?

とにかく、トラベラーズチェックを作らないと、旅行には出られない。
しかし今日は、土曜日だ。

アメリカのATMでは、1日当たりの引き出しが制限されている。
だから月曜日にならなければ、トラベラーズチェックも作れない。

月曜日になれば、また1週間泊まってしまう。
無理に1週間泊まらなくてもいいんだけど、今の調子だと泊まってしまうね。

何かのきっかけがないと、旅に出る決断が出来ない。
すると、先日話をしていた、中米へ車で下るといっていた美男子2人が声をかけてきた。

彼らが車を買って、僕を含めて3人でメキシコへの国境を越えよう、と約束していた。
僕はすっかり忘れてたけど、彼らは覚えていたようだ。

「明日、車を見に行くんですけど一緒に来ますか?」と誘ってくれる。
そりゃ面白い話だ。

アメリカで個人売買で、車を買うのはどうするのか、興味もある。
日系スーパーマーケット、ヤオハンプラザの掲示板には、個人売買の車やバイクのお知らせがびっしり貼ってあったからね。

というわけで、翌日はゲーブルくん、のっぽくん、僕の3人で、車を売るという日本女性の所へ行きました。
その話は、また次回にね。
参考: グレイハウンドバスのサイト http://www.greyhound.com/
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記