1989/02/03 雨の中をバイクで旅立った男に関連して、1990年前後の海外バイク旅行を語ります

【世界旅行者とヤマハの650cc(1991)@ホテル加宝の駐車場】

【バイクも後ろから見ると事故ったところがわからない(1991/02/25)】
2月3日。
僕がこの「ホテル加宝物語」を書くについては、小さなノートを参考にしている。

そのノートに出来事をメモしてあって、そのメモから出来事を思い出しているわけだ。
ところが、とても重大なことではっきりと覚えているのに、メモってないことがある。

だって、僕は出来事を細かく記録していたわけではないからね。
1989年2月3日のところには、「バイクを見送る but Rainy」「BRAZIL(未来世紀ブラジル)、最後がBLADE RUNNERとOPPOSITE」「JEANSせんたく3ケ」と書いてあるだけだ。

ビデオ屋で、ずーっと気になっていた「未来世紀ブラジル」を見つけた。
それでこの日に、やっと見たわけだ。

これまで読者さんが「みどさんは、いったい何本ジーンズを買ったのだろう?」と思うくらいたくさん買ってた。
ジーンズは、洗えば縮むものなので、どれくらい縮むかそれで、試しに洗ってみたというわけ。

さて問題なのが、バイクを見送った話。
僕がはっきりと記憶に残っているのでは、バイクは2回見送っている。

1回はアメリカ大陸縦断をしていた「熊さん」だ。
彼は大型バイクでアラスカから下ってきていた。

アラスカでは、石油のパイプラインの上を走ったと言ってた。
これから南へ下っていって、南米最南端のフエゴ島まで行く予定だった。

熊さんとは旅の話を交換して盛り上がった。
ただ彼はそんなに長居はせず、せいぜい1週間ほどいただけで、あっさりと旅に出て行った。

もう一人覚えている若者がいる。
彼はロサンジェルスからフロリダまでバイクでアメリカ横断をする予定だった。

ところが、加宝仲間と付き合いだして、毎日楽しく盛り上がった。
そこで、なかなか旅に出られなくなったというわけだ。

しかし、バイクも買っているので、加宝にいつまでも留まるわけには行かない。
ある朝決意して、出発することにした。

加宝仲間は彼を見送るために玄関の前に集まった。
そこで初めて荷物をバイクの荷台に縛りつけたが、紐が足りない。

彼は荷物をホテル加宝に置いて、ロープを買いに出た。
加宝仲間は冷たいので、「行くならとっとと行けよなー」と盛り下がる。

ロープを買って戻ってきて、無事荷物を全部バイクに載せた。
加宝仲間も「やっと出て行くかー(笑)♪」と、また玄関前に集まった。

彼がバイクにまたがって、出発しようとしたその時に、雨が降り始めたんだよ。
カリフォルニアにも雨が降るわけだ。

彼はこの日、ラスベガスまで行く予定だった。
朝すんなりと出発していれば、明るいうちに着けただろう。

しかしロープを買いに行ったりと手間取ったので、これから行くとなると、暗くなる。
僕は「今日は止めて、明日行ったほうがいいよ」と、アドバイスする。

ただ彼は、みんなが見送りに出ているところで、「出発は明日にします」とは言えなかった。
それで、雨の中をバイクで出発した。

その後、僕は毎日テレビで天気予報を見ていた。
すると、彼の移動と同じスピードで雨雲がフロリダまで移動していった。

フロリダでバイクを売り飛ばしてもどってきた彼の言葉では、「アメリカ横断中ずっと雨でした」(涙)。
バイクと雨といえばこのバイク野郎のことが一番に頭に浮かぶんだけどね。

最初のホテル加宝経験のこの時期は、僕は中南米へいつ下るのかで頭が一杯だった。
ホテル加宝でそんなに盛り上がることはなかった。

でもこの時期は、バイク旅行が多かった。
僕自身も東京でバイク(ホンダの250ccに乗ってたしね。

スーパーマーケット「ヤオハン」の掲示板には、バイクの売買広告がたくさんあった。
先日会ったゲーブルくんはバイクでサハラ砂漠横断やオーストラリア一周をしていた。

この時期、バイク旅行は結構流行ってたんじゃないかな。
確か海外バイク旅行をして本を書いていた作家もいた記憶があるし。

とにかく日本人は、みんな一斉に同じ事を始める癖がある。
1989年から1990年にかけて、リトル東京にも「アメリカ大陸バイク横断旅行」「北米一周バイク旅行」というタイプの若者が一気に増えていった。

ヤオハンの向こう側に中国人経営のバイク屋が店を出して、大儲けをした。
中古のバイクを、日本人旅行者に2千ドルから3千ドル程度で売って、旅行から戻ってきたバイクを二束三文で買い叩くのを繰り返した。

バイクの所有権を示す「ピンクスリップ」を渡さないで置いて、他のバイク屋に売れないようにしたんだ。
日本人バイク旅行者は時間がないので、泣く泣くバイクを安く売らされていた。

このバイク屋は、日本からバイク雑誌の記者が来ると、焼肉屋で接待して記事を書いてもらっていた。
焼肉営業のバイク屋というので有名だったよ(笑)。

アメリカのビジネスが日本と違うのは、儲けるだけ儲けてどこかへ消えてしまったこと。
日本だと、バイク屋をある場所で始めたら、潰れるまで動かないだろう。

ところが、米国ではお店自体にはこだわりがないようだ。
ダウンタウンの大きなホテルも、ショッピングモールも、行く度に所有者が移って名前が変わるくらいだからね。

今では、日本人の若者も、バイクでの長期旅行をする人はいなくなったようだ。
でも1990年前後は、若い女の子でも、北米一周バイク旅行だとかよくやってたものだよ。

その時期にホテル加宝に泊まっていると、帰国前にバイクの処理に困った若者から、タダ同然でバイクを入手することが出来た。
僕と一緒に写真写っているバイクは、ロサンジェルスで働いていた「ケンちゃん」が処理に困って僕にくれたものだ。

無料どころか、バイクにボールペンを1本つけてもらった。
もちろん、登録料が10ドルと保険代が60ドル程度かかったけどね(それにヘルメットも買ったし…)。

なぜバイクを処理できなかったかというと、これは誰かが乗っていた事故車で、売れなかったこと。
ディスクブレーキがほとんど利かなかった。

僕はこれでメキシコとの国境まで往復したことがあるけどね。
また、このバイクがあったので、カリフォルニア州のバイク免許も取ったよ。

その運転免許試験については、世界旅行者の「世界冷や汗一人旅」に書いてあります。
知りたい人は買って読んでくださいね。
このあと南米を旅行していたときも、バイクで旅をしている日本人に、時々出会った。
彼らに聞くと、旅自体は難しくないが、バイクを屋外に止めていると部品を盗まれるのが問題だったそうだ。

まあそういう個別の詳しい話は、南米旅行の話のときに、詳しく書きたいと思います。
ご期待ください。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記