1989/02/02 アメリカに住み着きたい日本人には、ほとんど情報がないという話

【ホテル加宝のロビー】
今でも2月になると、世界中に日本人旅行者が溢れるのだろうか?
1990年前後は、卒業旅行は入社直前の2月から3月ごろと決まっていた。

現在だと、学生さんたちはおそらく就職は夏休み前にとっとと決めてしまうのかな。
そして、夏から秋にかけて、旅行をするのかもしれない。

とにかくこの1980年代後半は、学生にしろ学生でないにしろ、2月には旅行者が増えたものだった。
ホテル加宝に来た学生たちは、だいたいアメリカ一周旅行などで、次々と来ては旅立っていく。

僕が会った若者のなかには、「アメリカへ住み着きたい」という考えで、やってくる人もいた。
今では留学情報も、移住情報もいくらでも手に入るが、この年代は、「とにかくアメリカへ行ってみよう」というスカッとした考え方の人が多かった。

僕がこの朝ロビーで話をしたのも、そういう若者の1人だった。
彼は、「アメリカに永住したいんですが、どうしたらいいでしょう」と聞いてきた。

ホテル加宝に長期に住んでリトル東京で働いている人は、正規の資格を持たない違法労働者が多かった。
だから、ホテル加宝で聞いてもまともな情報は入手できなかったのではないかな。

でももちろん、グリーンカードを持って、ちゃんと働いている人もいた。
ただ、僕から見ても「この人はどうやってグリーンカードを入手したのだろう?」と不思議に思うような人もいた。

この時ではないが、ずっと後で、ホテル加宝で知り合った30歳ごろの男性も知っている。
彼は「16歳でアメリカへ来て、それからずっと働いている(グリーンカードを持っている)」という。

米国では、「不法入国でも、5年滞在して働いていれば、自動的に永住権を与えた」ということもあった。
もともと米国は移民で出来ている国なので、そういうことにはやさしかったんだよね。

2001年の9.11以降は米国ではすべてが厳しくなったので、今はどうかわからないけど(涙)。
働いている店のオーナーが、ちゃんと身元引受人になって労働許可を申請したりすれば、グリーンカードも取れたようだ。

ただ、中にはそういう申請をエサに、安い給料でこき使う悪徳オーナーもいたらしい。
ロサンゼルスの韓国人コミュニティを見れば、韓国人の場合はそこは人間関係でうまくやっているのだろう。

ロサンゼルス在住の日本人は、ほとんどが日本企業の駐在員や、日本人居住地域のレストランや商店で働いている。
ただ、日本人で個人で米国でビジネスを始めようとする人は、あまりいない。

世界中を旅すると、韓国人のバイタリティにはいつも感心するよ。
実際、リトル東京自体、すでにほとんどの店は韓国人経営だという話もあるくらいだ。

サンパウロの日本人街も、韓国人の進出が激しい。
最近では、カンボジアのシェムリアップも韓国人の店だらけだ。

日本がいやになって海外に住みたいと考える日本人は多いだろう。
でも、それに対応した移住情報、移住ビジネスは、日本ではあまり耳にしない。

日本以外の国では、海外移住はごく普通のことで、家族が数か国に分かれて住んでいるのもよくある話だ。
日本人の国際化は大きく遅れているね。

普通の日本人の若者が、海外に住みたいと思っても、その手段についての情報がない。
これが日本の根本的な欠陥だろう。

日本社会で負け組になったら、一生這い上がれない。
だったら、単純明快、海外で勝負をかければいいだけだ。

自殺する人が毎年3万人もいるほど住みにくいのならば、海外に出たほうがいいに決まってるのだから。
と、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、旅行哲学をした。

僕のこの時点での知識では、米国に住みたいという若者に適切アドバイスは出来ない。
がとにかく、あちこち見て歩くのは悪いことではないと、彼ともう一人を連れて、またUCLAへ行った。

何度もいうが、この時期UCLAは、日本人にとっては、憧れの観光地だったんだよね。
自分でも何でこんなにUCLAばかり行ってるのかわからないけど。

夜はまた英会話教室に行って、適当な話をした。
普通の日本人はボランティアの英語教師に、適当な話を吹き込まれている。

しかし、世界旅行者先生は、英語教師に適当な日本情報を吹き込んでいる。
だからいつも、「あなたの言うことは初めて聞いたわ♪」と感動を与える。

まあこれは、英語の勉強にはならなくても、米国人の日本人観に影響を与える。
それって、結構いいことじゃないかな(たとえまるっきり嘘だとしてもだよ)。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記