1989/02/01 朝食の時に会った旅行神の使い、長身の美男子2人が世界旅行者を中米ドライブに誘う

【旅行神の使いと出会った、ホテル加宝のロビー】
1989年2月1日になった。
僕は前年の1988年12月31日に、ホテル加宝にチェックインした。

そして1月は中南米旅行の準備をするという口実で過ごしていた。
確かに中南米旅行に必要なガイドブックや、こまごまとしたものは買った。

参照:「世界旅行者の旅の持ち物リスト」

でも実際は、図書館に通って、日本語や英語の本を読み、日米文化会館の英語教室に出ていただけだ。
またもちろん、ホテル加宝に来た興味深い人たちと話をしていた。

この時期は、日本の景気が良かったせいか、いろんな人が軽い気持ちでロサンゼルスへ来ていた。
いろんなバックグラウンドを持つ興味深い人たちと毎日会っていた。

テレビでは英語の番組を見て、知的レベルをぐぐっと上げた。
おやおや、それならば、旅行に出るよりも、僕にとってはずーっといいんじゃないかな(笑)。

僕はもともと世界一周をしようなどと考えてはいなかった。
単に離婚をしたあとの寂しさを、一年程度ヨーロッパ旅行をして癒そうと思っていただけだ。

だからロンドンでは一流語学学校「International House」に行って、ケンブリッジ英検特級(CPE)というものすごい資格を取るために勉強した。
そのあと、パリへ行ってフランス語学校へ通おうとしたが、適当な学校が見つからなかった。

パリで身体を壊したので、スペインへ移動して、バルセロナでスペイン語学校へ通う。
そのまま、スペイン語を続けようとして、安い公立学校を受験をしたら、落っこちてしまった。

僕は、日本へ帰るつもりで、その前にアンダルシアを見に旅に出た。
その勢いのまま、うっかり北アフリカを横断した。

ヨーロッパを回ってロンドンへ戻る。
さらにロンドンからギリシア、トルコ、エジプトを回って、ケニアへ行った。

ケニアからの帰りに、中近東、東ヨーロッパ、西ヨーロッパを回り、ロンドンへ戻った。
ここですっぱりと日本へ戻るつもりだったが、なぜかバルセロナで取っていた米国のビザが気になる。

米国経由で日本へ戻ろうと考える。
ロンドンからニューヨークへ飛んで、YMCAに泊まって、ニューヨーク中を見て歩いた。

グレイハウンドの北米乗り放題のアメリパスを使って、グレイハウンドで北米一周をした。
ロサンゼルスへ落ち着いたところで、ホテル加宝にだらーんと滞在しているわけだ。

ここまで旅をしてきたら、やはり中南米一周をしないとオチが付かないよなー。
僕はもともとスペイン語は日本でも、バルセロナでもやってきたのだから、中南米旅行程度の言葉は話せる。

僕の口座のお金を、ロサンゼルスの加州住友銀行の口座に送ってもらった。
中南米一周する程度のお金は十分にある。

思い切って旅に出れないのはなぜだろう?
ホテル加宝の居心地が良すぎて、身体がこの状況に慣れすぎてしまったんだよ。

僕は思った。
いままでも、僕の人生は神によって導かれてきた。

神が僕を中南米旅行に出すのならば、きっとなにか大きなきっかけを与えてくれるはずだとね。
2月1日の朝、いつものように、トーストとコーヒーの朝食を取りに、ロビーへ降りる。

そこに美男子が2人いた。
2人とも長身で180cmは超えている。

1人は20歳をちょっと超えた程度、もう1人は30歳前後だった。
年上の方とは、僕は南米で何度も再会することになる。

南米で再会した時は、クラーク・ゲーブルのように口髭を生やしていたので、「ゲーブルくん」と呼ぶことにしよう。
若い方はロサンゼルスで会っただけでそれほどのエピソードもないので、単に「のっぽくん」としておこう。

彼らは、オーストラリア一周旅行の時に知り合った。
ゲーブルくんがバイクでオーストラリアを一周していて、のっぽくんが車でオーストラリア一周をしていた。

その旅の途中で知り合って、「次は一緒に、中米を、車で一周しよう♪」と、話が盛り上がった。
細かいことを書いておくが、ゲーブルくんは中南米一周をする予定。
のっぽくんは、時間がないので、中米旅行だけだとか。
そこで2人は、中米を一緒に車で下る計画を立てていた。

いまは日本人の若者旅は小さくなってしまった。
この時期、オーストラリア一周バイク旅行、自転車旅行というのはごく普通のことだった。

話を聞くと、その前に、ゲーブルくんはサハラ砂漠をバイクで横断していた。
サハラ砂漠で事故を起こして、足の骨を折って入院したとか。

ゲーブルくんは豪快だねー。
身長もあるし、旅行経験も豊富で、美男子で、話も面白く、考え方もスカッとしている。
ちょっと話をしただけで、すっかり大好きになってしまった。
僕も一応、モロッコ、アルジェリア、チュニジアと北アフリカを横断しているので、話が盛り上がる。
車はどうするかというと、ロサンゼルスで購入する。
これからロサンゼルスで中古車を買って、メキシコ、中米へ下っていく。

車には余裕があるので、あと一人くらい乗せてもいいという。
彼らはスペイン語が出来ないが、僕はスペイン語がわかる。

2人でずっと一緒だと、相手の存在が気に触ったりするもの。
でも旅慣れた男性3人で、メキシコシティくらいまで行くだけならば、特に問題はおきないだろう。

僕はとにかく、中南米旅行の最初のきっかけになればいいだけ。
メキシコへ入ってしまえば、あとは適当なところでわかれて、一人旅をすればいいだけ。

うーん。
これは、どう考えても、旅行の神が僕を中米へ連れて行くために使わした天使たちに違いない。

彼らはこれから車を買うのだから、まだまだ時間はあるかな。
彼らと一緒にメキシコへ行くことも、一応選択肢に入れておこう。

実は、僕が中南米へ行くのに躊躇している理由は、とにかく危険らしいこと。
「Lonely Planet South America on a Shoestring」を読んでも、とにかくペルーが危ないとか。

腕時計をしていると、時計を盗むために、手首を切り落とすという話を聞いた。
また、バックパックをバスの屋根に持ち上げたら、その逆側でバックパックを降ろして盗むという。

スリやこそ泥も多いだろう。
だとしたら、安全に旅するためのものが必要だ!

急にそう考えて、3番街とサンペドロストリートの角からダッシュに乗った。
ブロードウェイプラザへ行って、「LEG SAFE」という足につける貴重品袋を購入した(8.5ドル)。

これは貴重品を入れて、「ふくらはぎ」に巻き付けるものだ。
こんなものをつけて歩き回るわけには行かない。

が、夜行バスなんかに乗るとき、貴重品を入れて、足に巻きつける。
こうしていれば、強盗に襲われても、少しは安全だと考えたわけだ。

ダウンタウンから戻って、移民局へ行ってみた。
僕は米国にB−1,B−2ビザで入ってきた。

ビザを取ったのが、バルセロナの米国領事館(1988年3月)。
その時に有効期間一年のビザをもらって、ニューヨークへ入ったのが10月だった。

ということは、もし僕が中南米旅行をして米国へ戻ってくる時、ビザの有効期限も切れている。
LAPDの北にあるビルの移民局に、どうしたらいいのか聞きにいったわけだ。

するともちろん、「ビザは米国外で申請して取ってください」と言われる。
だから僕の中南米旅行では、「どこで米国ビザを取るか」というのが、ひとつの問題点だった。

結局僕は、エクアドルの首都キトの米国大使館で、「5年有効のマルチエントリービザ」を取ったけどね。
実際、この時期の米国ビザについては、面白い話がたくさんあるよ。

夜はまた英会話教室へ行った。
が、ボランティアの教師が日本語の初心者でしかも宗教家、という大ハズレだった(笑)。

さて今日は、僕を車でメキシコへ連れて行ってくれそうな若者2人と会った。
それから、足に付ける貴重品袋を買い、移民局でビザの相談をした。

2月の初めなりに、中南米旅行に一歩進んだのではないかな。
しかし、このあともまだまだまだずーっとホテル加宝にいることになるんだけどね(涙)。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記