1989/01/31 リトル東京のビデオを論じつつ、中身の違ったビデオを交換する

【世界旅行者@ブロードウェイ/ロサンゼルス(2007)】
1月31日。

昨日、ホテル加宝宿泊者の若者が働いている2番街のビデオジャックで、エッチビデオを借りてきた。
しかし、昨夜はきっちりと英語教室で3時間も頭を使ったので、見る暇がなかった。

エッチビデオというものも、この時期は停滞していたんじゃないかな。
もともとは、日本のエッチビデオは「本番なし」というのが常識だった。

ある女優が人気が落ち目になって、エッチビデオに出演したことがある。
そのとき、「あれは本当にエッチしているのではないか」というのが話題になったくらいだ。

この時期のロサンゼルスでは、「お土産ビデオ」などという呼び方で、日本の表ビデオのボカシを外したものが売られていた。
ところが、「ボカシを外したら、やってなかった(怒)」というとんでもないものもあったわけだよ(涙)。

ただ、日本のエッチビデオは、たとえ実際にやってなくても、なかなか面白いものがあった。
アメリカのエッチビデオというものは、それ以前には、確かにいいものがあったよ。

例えば、「TABOO」なんかは確かに興味深かった。
もともと米国のエッチビデオは、思想的なものから始まっていたんでね。

汝の隣人の妻/ゲイ・タリーズ(Gay Talese)
ただ、日本のほうがずーっと高度に進化していった。
今では、日本のビデオは、世界中で大人気だ。

特に、香港での日本のAV女優の人気はすごい。
香港ですごいという意味は、中国本土でも大人気になる可能性を秘めているわけだ。

ベンチャーキャピタルは、日本のAV産業に投資をしたらいいと思うんだけどね。
ただ問題は、百億円を資本投下したAVを作っても、一千万円のAVと、たいして違わないってことだけどさ(涙)。

もちろんつまらないエッチビデオも多い。
ただ、時々、制作者や女優の個性、才能が垣間見れたりする。

思いがけなく、「この女優はすごいな」とか「監督はすごい感性を持ってるなー」とか、発見することがあるんだよ。
AVを撮るという意味は、やはり監督の根本的な世界観が出るわけなんだ。

監督の思想が現れないAVは、ただ惰性で作っているから、たいていはダメなんだ。
そういう意味では、有名AV監督の「村西とおる」や「代々木忠」は、さすがにちゃんとした思想を持っていた。

僕がこの時期、ロサンゼルスで日本のAVを見ていたのは、「AVを通して日本社会の変化を考えてみたい」という理由だった。
昨日のビデオは、義理で借りてきた。

だって、知り合いのいるビデオショップへ行ったら、一応、借りるのが礼儀でしょう。
ホテル加宝仲間が勤めているビデオショップへ行ったから、特に興味がなくても、会員になって、ビデオの一本を借りるのが常識だ。

だから、それほど深く考えず、ただタイトルだけで選んだ。
そのタイトルは、あまりなものなので、とてもとてもここには書けません(涙)。

で、ビデオを借りた翌朝、ホテル加宝のフロントへ持っていって、部屋に流してもらった。
ところで、自分のビデオデッキの場合と、ホテルのフロントで流す場合は、大きく違う。

自分のビデオデッキで流す場合は、つまらない場合は、早送りをしてしまう。
全部を見るのが面倒な場合は、最初から最後まで一気に早送りして、いいところだけを見ることも多いよね。

でも、ホテルで流してもらう場合は、最初から最後まで見ないと、どこがいいかわからない。
それで、部屋に戻って、テレビを見ていた。

すると、最初にかなり古めの外国映画みたいなものが流れる。
僕は、この監督は凝った演出をする人だなーと、思った。

ただ、見ているといつまでたっても、外国映画が流れる。
あれっ、フロントで別の人が頼んだビデオを流してるのかな?

と思って、フロントへ電話をかけた。
ちなみに、ホテル加宝には各部屋に電話があったんだよ(だからホントまともなホテルだったんだ)。

すると、僕のビデオを流しているそうだ。
それで確認のために、フロントへ降りてみた。

確かにフロントでは、僕が預けた、とてもここでは書けないタイトルのビデオを流している。
しかし流れているのは、まともな古い洋画だ。

ということはだよ、誰かがエッチビデオを借りて、中身を入れ替えたのかな?
どういう風にしたのかは別にして、タイトルと中身が違っていると確認した。

それで僕はビデオを持って、ビデオジャックへ行った。
店員の若い女の子に、「中身とタイトルが違うんですけど」と言った。

女の子はビデオデッキに入れて早送りして確認する。
僕は「中身が違って、びっくりしました」と言う。

女の子は僕が借りたビデオがどういうものだったか知っているので、ふふっと笑った。
「びっくりしたでしょうねー(~ー~)」だってさ。

せっかく外に出たので、また図書館へ行って本を読む。
夜にはまた、日米文化会館の英会話教室へ行った。

今日で一月も終わる。
ホテル加宝へ来たのが12月31日だったから、まるまる1か月たったわけだ。

いろんな人と会って、興味深い話をした。
そろそろホントに南米へ下らないといけない。

ホテルでの僕の評判も、だんだんと落ちてきている。
最初は、「世界一周中の本格的旅行者さん」という立場だった。

今では、「南米へ行くと言いながら、だらだらとホテルに居座って、エッチビデオばかり見ているおじさん」と変わってきている。
でも僕は、他人の評判なんか気にしない。

問題なのは、自分自身の自己評価もまた「僕ってダメな人間かも…」と変わってきていることかな(涙)。
いいさいいさ、世の中にはいろんなことがあるよ。

しかし、神様も世界旅行者の状態に、あまりに呆れたらしい。
2月になると同時に、必殺の仕掛けをして、僕を中南米旅行に出そうとした。

それが、翌日の2月1日に会った美男子2人組だった。
その話は、次の回にね。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記