1989/01/30 ロサンゼルスのバイトについて、日本の労働について、旅行哲学する

【ホテル加宝の部屋】
1月30日月曜日。
ホテル加宝には、この時期、アメリカに旅行に来て、そのまま居座ってバイトで働いているという若者もいた。
いまは無理だが、以前は正規の労働許可証(グリーンカード)なしに、アメリカで働くのは常識だった。

実際、ニューヨークにしてもロサンゼルスにしても、日本レストランのウェイトレスやウェイターなどは、無資格で働いているのが普通だった。
米国の労働長官の家庭の家政婦が、無資格のラテンアメリカ人だったという報道もあったくらいだ。

日本の一流企業にしても、以前は観光ビザで米国へ渡って、そのまま働いて、途中で労働ビザに切り替えることはよくやられていた。
いまはもちろん無理だけどね。

以前はとにかくいい加減だったんだよ。
この時期の気楽なアメリカ、というのが本当だと思うんだけどねー。

確か1994年?の規制強化によって、違法滞在、違法労働に対しての罰則が厳しくなった。
その時に、米国でバイト生活をしていた日本人が一斉に帰国した。

ロサンゼルスで働いていた人たちが、日本へ戻ったら、大変だったと思うよ。
僕が知っている限りでは、米国のバイト生活はかなり気楽だった。

日本でバイト経験があり、ロサンゼルスでもウェイターをして、旅の費用を稼いでいる若者に聞いたことがある。
彼の話では、「日本と比べると、ロサンゼルスはとにかくいい加減」だそうだ。

ウェイターなのにメニューを覚えてない人もいるらしい。
彼は、ちゃんとメニューを持ち帰って、暗記してた。

メニューを覚えて説明できて、サービスがいいと、それだけチップも増える。
でも、でもチップをもらえないなら、ウェイターが丁寧なサービスをするはずがない。

そう考えるのが常識だよ。
でも、日本では全員に高度のレベルを求めるから、働きにくいんだ。

また日本人というのは、全員がある程度の能力があって、しかも単純思考なのね。
「給料が安ければ、適当に働く」という世界標準の考え方が欠如している。

このあと出会った日本の女の子は、バイトでホステスさんをしていた。
日本でも水商売の経験がある彼女にいわせると、「ロサンゼルスの女の子は何もしない」のだとか。

ホステスは水割りを作るのも出来ないし、お客のタバコに火もつけない。
まあ、客は日系企業の社員だから、日本人の若い女の子さえいれば文句はないのだろう。

ホステスとはいっても、もちろん女の子は労働許可がない。
女の子もお客というタテマエで働いていたんだけどね。

日本ではホステスさんも、同伴出勤や服装の規定があったりと、きっちりしているようだ。
ところが、ロサンゼルスでは、すべてが適当なので、誰もなんとも言わない。

学生がロサンゼルスでちょっとバイトをするのはいい。
ただ、ロサンゼルスで本格的に働いていると、あまりに気楽過ぎて、日本では働けなくなるとか。

実際、ロサンゼルスで長く働いていた若者が、日本へ戻ることがある。
しかし、日本ではやっていけなくて、また米国へ帰ってくる。

日本だと、労働をなにか神聖なものとして、命をかけてやらなければならない雰囲気があるからね。
日本以外の世界中では、ただの労働者にそんな高いレベルを要求するはずもない。

労働というものは、出来るだけしない方がいいわけだ。
だから、労働するとしても、できるだけがんばらないというのが世界の常識だ。

その世界標準の考え方が、日本だけには通用しない。
だから、死ぬまで働く「過労死」などという馬鹿馬鹿しい言葉が出来るわけだ(涙)。

ロサンゼルスだと、どの店へ行っても、店員と客が普通に世間話をしている。
日本では、顔を知っているコンビニの店員と客が世間話をしていたら、店員は首になるだろうね。

日本は無意味にストレスの多い社会なんだよ。
と、旅行哲学してみた。

その朝、ホテル加宝に泊まっていたバイトで働いている若者と話をした。
彼はリトル東京2番街の「ビデオジャック」というレンタルビデオ屋で働いているとか。

僕は、リトル東京を歩いたついでにビデオジャックへ行って、エッチビデオを借りてきた。
また、「Newsweek」を買った。

ニューズウィークには「The Rising Japanese Restaurant of the United States」という特集があったからね。
1989年だから、日本の景気が良くて上り坂で、日本人ビジネスマン(サラリーマン)の豪遊が噂になっていたわけだ。

戻ってくると、オフィスで「西本さん、また1週間泊まるの?いつ南米へ行くの?」と聞かれて、言葉を濁す。
この時期は自分でビデオ再生機を持ってなかったので、オフィスにビデオを渡して、部屋で見ていた。

僕がエッチビデオばかり見ているという個人情報が、ホテルの人には筒抜けだ。
「西本さんは、エッチビデオばかり見ていて、いつになったら南米に行くのだろう」というのは、いい話のネタだ。

多分、さんざん馬鹿にされているのだろう。
でもそれを気にするのは、日本にいる日本人だ。

日本だと、本気で「あの人はエッチビデオばかり見て、ダメな人」と決め付けられてしまう。
ロサンゼルスだと、「エッチビデオが好きな、個性的な人」という評価だ(と思う)。

だいたいロサンゼルスでは、誰も本気で他人のことを気にしたりしないもの。
また95ドルを支払って、一週間滞在を延ばし、2月6日まで宿泊することにする。

午後は英語の本を読んで過ごす。
夜にはまた日米文化会館の英語教室へ行った。

この日は、ボランティアの教師も非常に優秀で、教師と生徒の人数もちょうど良かった。
3時間みっちりと会話をして、頭が心地よく疲れる。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記