1989/01/27_01/29 ホテル加宝があまりに居やすいので、何かと理由をつけて南米旅行の出発を延ばす

【4番街のホテル加宝からダウンタウンの高層ビルを望む】
1989/01/27
ホテル加宝の僕の部屋203号室のベッドに寝転がりながら英語の本を読むと、なぜか眠ってしまう。
そこで、借り出した本「on the yankee station」を、わざわざ図書館へ行って読んだ。

ホテル加宝に戻ってきたら、今まで見たことのない20歳代の日本女性と会う。
彼女と話をすると、なんと、ホテル加宝に泊まっている男性と「結婚している」のだと。

ぼんやりした話し方なので、「この女の子、大丈夫かなー。そう思ってるだけなのかも…」とは感じた。
海外で形だけ結婚するということと、日本人としてちゃんと籍を入れることとは違うからね。

ロサンゼルスは何でもありのところ。
誰が何を言おうと、だから、ロサンゼルスで聞いた話なんか最初から信じてはいけない。

ホテル加宝に泊まっていた中年男性に、「日大の医学部に入ったが、東大の法学部に入りなおして、やめてロサンゼルスへやってきた」という人がいた。
これは僕が話をしていて、ゼッタイに嘘だと思った。

頭のいい人は話をしていればわかるんだよ。
でも、ロサンゼルスでは、彼の話はそれはそれとして、一応通用しているようだった。

僕がホテル加宝に入ったのが去年の12月31日だから、一月が過ぎようとしている。
もともと中南米旅行の準備をするというタテマエでここにいるのだから、2月になれば出発する決意だ。

だとすれば、ロサンゼルスで買ったものを日本へ送らなければならない。
例えば、先日センチュリーシティでディパックとヒップパックを買った。

という意味は、現在持っている、パリで買ったショルダーバッグ必要ないってことだ。
古いディパックなんて捨ててしまえばいいだけだ。

が、もともとセコイ世界旅行者は日本へ送ってしまおうと思う。
それに、ロサンゼルスのでたくさん買った「リーバイス501」があるんだしね。

これも実際は、どうでもいいといえばどうでも良かったんだ。
ただ僕が日本へ送らなければならないと思っていたものがひとつあった。

それが「バナナリパブリックの革ジャン」なんだよ。
これは、ニューヨークのブルックリン橋のたもとのショッピングモールにあった「バナナリパブリック」のセールで買ったものだ。

それ以来、北米の冬を旅するときにずっと着ていた。
ただロサンゼルスに来ると、革ジャンは必要ではない。

中南米を下っていって、南米が寒かったら、また別に服を買えばいい。
結構愛着があったので、この革ジャンは日本へ送る。

郵便局で買った少し大きめの箱「14×10×8インチ」に革ジャンやリーバイスを詰める。
もう少し小さい箱「12×9×8インチ」に、フランスで買ったショルダーバッグを詰めようとしたが、大きさが足りない。

考えてみると、使い終わったヨーロッパやアフリカの地図も入れて、日本へ送ったほうがいい。
でも不要なものを日本へ送ったところで、不要なことは変わらないんだけど。

1989/01/28

昨日パックした荷物を郵便局へ持っていって、日本へ送る。
これが16ドル60セントかかった。

図書館で英語の本を2冊借りてきた。

1989/01/29

「ゴーストバスターズ(Ghostbusters)」のビデオを借りて、部屋で見た。
主人公のビルマーレイ(Bill Murrey)は「Scrooged (1988)」で見たと、ノートに書いてある。

日本語タイトルは「3人のゴースト」というらしい。
おそらくアメリカを旅行中に、暇つぶしにどこかの映画館で見たのだろう。

ゴーストバスターズのもう1人の主人公ダン・エイクロイド(Dan Aykroyd)の映画「My Stepmother is an Alien(1988)」も見てたからね。
はっきり覚えている理由は、マイアミのモールにあったシネコンで映画を見た帰りが恐怖だったから。

シネコンからダウンタウンの安ホテルまで、マイアミの夜を走って戻ったんだ。
マイアミダウンタウンの夜なんて危ないなんてものじゃない。

このときは、ホント冷や汗びっしょりかきながら、走ったからね。
この映画は日本語タイトルが「花嫁はエイリアン」となってます。

この映画は、僕でもばかばかしいというのはわかるのだが、たいして笑えなかった。
映画館にいた太った黒人のおばさん1人だけ、ものすごくウケて大笑いしてたのが記憶に残っている。

はてさて、また1週間たってしまった。
この調子だと、明日はまた1週間分の宿泊費を払ってしまう。

だらだらと特に何もせずに過ごしていたら、こりゃいつまでたっても中南米旅行には出れないよ。
でも明日出発するのは、準備不足で無理だし…。

1か月もロサンゼルスの同じホテルにいたのに、準備不足もないだろうけどね。
中南米へ持っていくための、トラベラーズチェックも作ってないんだから。

トラベラーズチェックをどうするか、それでも真面目に考えよう。
これもだよ、何も考えずにトラベラーズを作れば問題ないのに、いろいろ考えすぎて動けないんだ。

だって、この時期米国の金利が高かったので、ちょっと預けておくと、結構利息が付くしね。
動けない理由はいくらでも出てくる。

明日ホテル代を払って、また1週間あるならば、多分明日はなにもしないだろうね。
僕はこれを書いている現在も、だらだらした人間だ。

もともと何事も1日延ばしにする性格だった。
それが、鍛えられて本物になったのは、このホテル加宝の最初の滞在の時だったとおもうね。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記