1989/01/26 ホテル加宝の朝食を食べながら、いろんな人の(本当かどうかわからない)体験談、人生論を聞く

ホテル加宝(1998)
1月26日。

1989年だと、ホテル加宝のパンとコーヒーの朝食のためにロビーへ降りると、必ず誰かと出会った。
この時期は宿泊客も多かったし、次々と人が入れ替わっていたからね。

ホテル加宝は、日本人旅行者が集まるだけの、あちらにもこちらにもある、ありふれた日本人宿ではない。
アメリカで働いている人、アメリカへ仕事に来た人、留学生、バイトをしている人、長期旅行者、わけのわからない人、「わけありの人」など、様々な人が出たり入ったりする宿だった。

また、何度も繰り返し泊まる常連さんも多く、すでに何年も住み着いている人もいた。
いろんな人と興味深い話をしたが、その人といつ会ったか、何を話したかまでメモっていない。

というのは、同じ人と何度も会っていたし、毎日違った話をしていたので、そこまでは記録しなかった。
普通は挨拶をして、世間話をするだけだ。

ただこの時期、ロサンゼルスの安宿に泊まる人は、いろいろと興味深い経験を持っていたようだ。
僕が世界旅行者となったのはもちろん、世界中を個人旅行したからだ。

しかし、ホテル加宝での人との出会いがなかったら、これほどまでの本物にはならなかっただろうね(笑)。
とにかく、各種各様のおもいきり変わった人たちと、毎日会って話をしていたのだから。

その中でも、特に強く記憶に残っている人がいる。
彼はグリーンカードを持って、正式にロサンゼルスで働いていた。

40歳くらいだったと思う。
僕もこのとき40歳前の中年男だったが、僕の精神年齢は30歳程度で成長が止まっている。

だから30歳代半ば以降の年齢の人には、自動的にこちらが下手に出る癖が付いている。
僕の方が下手に出て、相手を「さん」付けで呼び、「お話をうかがう」という形になるんだ。

彼はいつも野球帽をかぶっていた。
ある朝彼は「西本くん、僕は仕事場ににいるときに、いつも何を考えていると思う?」と聞いた。

僕は「ひょっとして、女のことですか(笑)?」と、軽く冗談で返す。
すると、「僕はだね、同僚をどうやって引きずり落とすかを、いつも考えているんだ」と言う。

「自分が働くのは疲れるが、他人の足を引っ張れば、自分が出世できるんだよ」と教えてくれた。
こんなことを日本で朝から言う人はいないだろうが、ロサンゼルスでは何を言ってもかまわない。

実は、ロサンゼルスでは誰が何を言っても、聞き流すだけで信じないんだ。
冗談か本気かわからないような話がたくさんある。

確かに、30年も前に彼の言ったことは、とても強い印象を残した。
思い返すと、日本の社会で出世する人は、他人の足を引っ張って、他人を引きずりおろすのが上手な人だろう。

だって日本社会は「ねたみ」「そねみ」「ひがみ」で出来ているのだから。
あんまり目立って有能だと、周囲から足を引っ張られる。

確かに、日本社会は優秀な人間をつぶすことで成立しているね。
だから本当に出世するのが目標だったら、自分からは目立たずに、こっそりと有能な人間の足を引っ張るのがいいだろう。

逆に考えるとだよ、日本で出世した人間、特に大会社の重役や社長などは、人の足を引っ張って、自分だけ要領よく立ち回った人間たちということになる
こんな連中は、おもいきり馬鹿にした方がいいね。

僕は、別に出世したいとも思わないので、優秀な人は素直にほめられる。
この話で、日本の大衆の感情が理解できて、正直「なるほどなー(笑)」と感動したよ。

ある会社の営業部長をやっていたという人とも、ホテルのロビーで会ったことがある。
彼は営業とセックスの密接な関係について、信じられないようなスゴイ話をしてくれた。

「営業とは、セックスだね」と教えてくれた。
僕も建設会社に勤務していて、真面目なエリート公務員に取り入るとんでもない方法など、経験者の自慢話から、あれこれ知っている。

が、彼の話はその上を行く、あまりにものすごいものだった。
ただ、それをそのまま書くとエッチ小説になるので、もったいなくてブログなんかには書きません(涙)。

そうそう札幌でホストをやっていた、20歳の男の子とも話をした。
彼の高校時代は「体育館のマットで片っ端から同級生の女の子とエッチ」していた。

ホストになってもモテモテで成績もよかった。
が、「エッチばかりしていては馬鹿になる、一生がダメになる」と心機一転、アメリカへやってきた。

このように、ホテル加宝の朝食を、毎日食べるだけで、自動的に興味深い人たちと出会える。
またさらに、その人たちがそれぞれ持つ体験をじっくりと聞くことが出来る。

それが全部が全部本当かどうかはわからないけどね。
でも、話が面白ければ、それでいいじゃないか(笑)。
僕はホテル加宝での出会いによって、様々な人が語る「人生の真実」を知ることができたよ。
その「人生の真実」が、本当に真実なのかどうか、それはどうでもいい。
真実がわかったところで、別に人生が生きやすくなることはないからね。
このように、ホテル加宝の日々が過ぎていく。
ホテル加宝では、だいたいは朝から昼にかけて、だらだらと宿泊客と話をしていた。
部屋で本を読んだあと、午後には図書館へ行く。
この日はほとんど読んでいた、司馬遼太郎の「ロシアについてー北方の原形」を読了した。
チベットとモンゴルの深い関係、元帝国が滅びた理由はラマ教にあったのだとか。

本を返しにホテルを出て、日米文化会館の図書室からまた4冊借りた。
その中の「on the yankee station」を読んで、難しい英単語をノートに拾ったりした。
夜は日米文化センターの英会話教室へ行く。
UCLAのフィリピン美女メロディーちゃんに会ったのは、この夜だった。

僕が日本人男性の本質を、メロディーちゃんに英語で教えた話はすでに書いたと思う。
この時期は、ホテルの宿泊者と興味深い話をして、本を読んで、英語のクラスに通うという繰り返しをしていたわけだね。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記