1989/01/25 1か月溜まっていた洗濯ものを、ホテルのランドリーで、自分で洗濯、乾燥する

【ホテル加宝の洗濯機と乾燥機】
1月25日。
去年の12月31日に、ホテル加宝にチェックインしてから、もう1か月近くになる。
ホテル加宝にはランドリーコーナーもあった。
キッチン横のドアを出たところに、もともとは洗濯機が2つと乾燥機があった(写真は洗濯機は一台しかないですが)。

料金は、洗濯機が1回1ドル(25セント硬貨×4)、乾燥機が20分で25セント。
乾燥の場合は20分を2回つかって50セントかかる。

この日はたまっていた洗濯物を一気に洗ってしまうことにした。
ここで、ホテル加宝に泊まっている時の服装と洗濯のことを説明しておこう。

長期個人旅行で移動をしているときは、僕の場合は下着も靴下も3つくらいしか持たない。
旅の途中のホテルでお湯で手洗いして、部屋で乾かすことを繰り返す。

ところがホテル加宝に泊まっている時は、わざわざ手洗いをすることはない。
部屋に小さなシンクが付いているので、そこで歯を磨いたりするついでに靴下やパンツを洗うことは出来る。

旅をしているときは精神が緊張して、すべてをてきぱきと片付ける気持ちにもなる。
でもホテル加宝というのは、とにかくたら〜んとしたところなので、いちいち手洗いする気にはならない。

それでは、下着や靴下が足りなくなるではないかというとそうではない。
下着や靴下を買えばいいだけだ。

ホテル加宝はロサンジェルスのおもちゃ問屋街(Toy District)にある。
そして問屋街には、パックの下着や靴下が安く売ってあるのね(3枚入りパックで4ドルくらい)。

だから、必要になると次々に靴下やパンツを買えばいいだけだ。
Tシャツにしても、4枚10ドル程度でブロードウェイで買える。

おしゃれをする時は、一枚10ドル程度のブランド物のTシャツを着ればいい。
というわけで、とにかくこの時期のロサンジェルスは、衣類に関しては心配要らなかった。

2007年にロサンジェルスに行った時も、ブロードウェイでは4枚10ドルのTシャツが売ってあった。
だから今でも、安い服は相変わらず安いままだろう。

ただ、昔はブランド物のTシャツが10ドル程度だったのに、今では20ドル以上する。
僕が好きな「シンプルなロゴ入りのTシャツ」というものが、ほとんどなくなってしまった。

だんだんとロサンジェルスが「Tシャツとジーンズとスニーカーで通用するところ」ではなくなっていったんだ。
まあそれは、20年前とこれを書いていた2008年の比較だけどね。

1989年の時点では、下着やTシャツはいくらでも安く入手できた。
ということは、短期間の滞在ならば、洗濯しないで捨ててしまっても、それほどの負担にはならない。

でももう1か月近く滞在しているのだから、汚れた衣類もちょうどいい程度に溜まっている。
フロントで小さな洗剤の箱を売ってて、これが1ドルだったかな。

1989年ごろは、ホテル加宝のフロントにはいろんなサービスがあったよ。
フロントでは、夜食用にカップ麺を売ってたしね。

カップ麺が1ドルで、割り箸が5セントだった。
そうそう、廊下の突き当りにはコーラの自動販売機も置いてあったからね。

ホテル加宝の特徴は、この1989年が最盛期だったこと。
このあと、設備がどんどん減少していった。

最後の時期は、洗濯機もひとつが壊れて、一つだけになってしまった。
キッチンの冷蔵庫も、最初は3つあったのに、終了前は1個だったしなー。

「旅先では、1日にひとつのことをすればいい(世界旅行主義)」だ。
洗濯物を洗濯機に全部ぶち込んで30分ほど洗い、さらに乾燥機で2回乾かす。

その間は、ホテル加宝のロビーで宿泊者と世間話をしていたりする。
溜まっていた衣類を洗って乾燥させたら、「洗濯」「乾燥」という二つのことをしたのだからこれで十二分。

ちょっとやりすぎかもしれない。
だから、洗濯したものをたたんで部屋の引き出しにしまうことまではしなかった。

特に用事もないので、日米文化会館の図書室へ行って本を4冊借りてきた。
それから、ジャパニーズビレッジプラザの「パズルとゲームの店」で、ゲームブックを買った。

この店はとても洒落ていた。
興味深いゲームやパズルの本だけを並べている。

お店の人は上品な日本婦人と、英語しか話さない知的雰囲気の娘さんだった。
常識的に考えると、「リトル東京でこういう店をやっても客はいないだろう」と考えられる。

ただ、アメリカという国では、みんな車で移動するので、本当にいい店、レストラン、クラブ、そして本屋があれば、客はどこからでも集まってくるのだそうだ。
これは、ホテル加宝のロビーにいた人から聞いたのだが。

この不思議にステキだったパズルとゲームの店は、中南米から戻ってきた時は、なくなっていたけどね。
僕はもともと東京でも、銀座のイエナ書店や近藤書店に通っていたわけだから、こういう雰囲気は好きだったんだ。

だから応援の意味もあって、パズルの本を買ってしまったわけだし。
夜には、いつものように英会話教室へ行った。

このところ毎晩、僕と話が盛り上がっていた離婚美人のテレサはやってこなかった。
テレサとは二度と会うことはなかったよなー(涙)。

僕はテレサと結婚してアメリカに住みつくことを、考えてないことはなかった。
そういう意味では、ちょっと残念だったかな。

英会話教室の帰りに、ビデオ屋へ寄って、エッチビデオを1本借りてきた。
テレサに似た白人女性が出てくるやつにした。

まあこういう日があってもいいでしょう。
ホテル加宝の毎日は、こういう気楽な日々の連続だったんだけどね。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記