1989/01/23 豊丸を見て、英会話教室で白人離婚美女テレサと、「バヌアツの森さん」に会う

【Union Bank of California@Little Tokyo/Los Angeles/California】
1月23日月曜日。
月曜日になると、またホテル加宝へ一週間分の宿泊費、95ドルを支払わなければならない。
僕の口座はこのとき加州住友銀行にあって、ATMカードももらっている。

ただこのときは、なぜか、他の銀行で引き出そうと考えて、ユニオンバンクのATMで200ドル引き出した。
加州住友銀行のATMは使ったことがあるので、ユニオンバンクでも試してみたいキモチだったんだと思うよ。

この時期、加州住友銀行とユニオンバンクはサンペドロストリートをはさんで向かい合ってたけどね。

ちなみに、このあとずいぶんして(2000年を過ぎて)、加州住友銀行は消滅した。
ユニオンバンクはずーっと残っていて、僕自身の口座を作ってクレジットカードももらった。

この他にも、二番街には三菱銀行もあったし、三井マニュファクチャラーズバンクもあった。
ヤオハンの建物には、東海銀行も入ってた。

ユニオンバンクは、もとはカリフォルニアファーストバンクといって、東京銀行系列だった。
ひょっとして1989年はまだ「カリフォルニアファーストバンク」だったかもしれない。

この時期カリフォルニアを旅行すると、何かの建設プロジェクトには三和銀行がかんでいたよ。
建設現場を通ると、「SANWA BANK」の文字をよく見たものだ。

でも、三和銀行も結局はアメリカで失敗したようだ。
バブルのころの日本の銀行は、計画も何もなくて、ただ雰囲気で進出したので、みんな失敗した。

現在では、日系の銀行は、ほとんどはリトル東京から撤退したのではないかな。
ホテル加宝には東洋信託銀行の現地法人の社長の運転手もいたが、彼もこのあと解雇されたしね。

それはまだ将来の話で、1989年はまだまだリトル東京は賑わっていた。
ニューオータニホテルの南側の駐車場に、ANAが巨大ホテルを建てるという噂もあった。

とにかく、この時期は、景気がよかったので、リトル東京にいる日本人は多かった。
ヤオハンの旭屋書店に行くと、頭を金髪に染めた、いかにも頭の悪そうな若者がたくさんいて、マンガを立ち読みしていた。

彼らは日本の金持ちの息子たちで、あまりに成績が悪いので、日本から追い出されたわけだ。
「子供はアメリカに留学しています」なら、言い訳が立つからね。
ただ、ほとんどはアメリカでも学校には行かずに、日本人同士で固まって、同棲したりして遊び歩いていた。
こういう若者は、ロンドンにもいたが、この時期、特に、ロサンゼルスに固まってたね。

誰でも知っていることだが、有名人の娘や息子で、「アメリカ留学していた」という場合は、ほとんどがこのパターンだ。
米国の大学の学歴なんか、誰もチェックしないからね。

1989年だと、旭屋書店のマンガは、立ち読みできたのがよかったよ。
景気が落ち込んで、世の中がセコくなると、マンガにはビニールをかけて読めなくしてしまったけどね。

それはまだまだ後の話だ。
そうそう、2000年になったら僕の「間違いだらけの海外個人旅行」がロサンゼルスの紀伊国屋でも、旭屋書店でも売ってたったのは、うれしかったね♪
ヤオハンにある旭屋書店で、コミックを買う。
海野やよりの「あふれてきちゃう」というエッチコミック。

日本での定価は370円。
それがロサンゼルスでは5.13ドルだった。

この時期の1ドルが135円と考えて、700円近い。
つまり、ロサンゼルスでは日本の本は約2倍くらいしていたってことかな。

週刊誌などの空輸便だと2倍半程度で、普通の本だと5割増だった記憶があるが。
このマンガの場合は、日本のエッチコミックだったので、ちょっと高かったのかもしれない。

ただ、米国では規制が厳しいので、しばらくしたら日本のエッチコミックは普通の本屋では売らなくなっていった。
それどころか、日本のコンビニに普通に並べてある、週刊現代や週刊ポストなどの、普通のヌードの多い男性向け雑誌も日系書店から姿を消したよ。

そういう意味でも、日本の日常生活にはセックスが溢れているんだよ。
これは自分で体験していると、「日本はすごいね。セックスだらけだ(涙)」と実感できるんだけど。

昨日借りていたビデオ「豊丸VS亜里沙」をホテルのフロントに渡して、部屋で見る。
この時期、海外旅行をしながら、日本の週刊誌をあちこちの日系書店で読んでいた。

すると、日本では「豊丸」という女優が爆発的な人気だという情報が入った。
どういう人なのだろうという興味で借りたわけだ。

ホテル加宝では、客から頼まれたビデオを部屋に流すサービスを1ドルでやっていた。
フロントのモニターでチェックしている。

いままでも、AVを借りてきて、それを再生するように頼む客はたくさんいた。
ただ、平日の朝からAVを見る客は、そんなにいなかったようだ。

これをきっかけに、「西本さんは、朝からAVを見る人だ」という評判が、ホテル中に広まってしまった(涙)。
まあ僕は、全く気にしなかったけどね。

男性がエッチが好きなのは当然だからね。
人間はエッチが好きなので、エッチが好きなくらいで何を言われても、世界旅行者はびくともしない(笑)。

だって、エッチが嫌いな人間は子供を作れなかったので滅びていってしまった。
生き残っている人間は、だから、みんなエッチが大好きな遺伝子を持っているんだよ。

ホテル加宝では、夜になると、ビデオを流して欲しいというリクエストが多くなる。
だから夜に自分のビデオを見るには、何本か終わるのを待たなければならなかった。

夕方になって、久しぶりに日米文化会館の英会話教室へ行く。
これは、午後6時から午後9時までのレッスンで、この時期は、まじめにやれば本当に役に立ったよ。

この夜は、テレサという30歳代後半の白人女性が教師として来ていた。
なかなか色っぽくて、離婚したばかりだそうだ。

僕が着ていた「Banana Republic」のTシャツを見て、「高いTシャツを着てるのねー♪」と言ってくれた。
まあこれは、僕がニューヨークのバナナリパブリックのセールで買ったので、6ドルくらいだったんだけどね。

でも、美人で金持ちのタカピー白人女性を見ると、人種的劣等感が生じてしまう。
こんな白人美女になら、誰だって、汚い言葉で人種的な悪口を言われてみたいと思うよ。

「ごめんなさい!僕は汚いお猿さんです♪」なんて言いたくなるのは、自然のこと。
というわけで、テレサと会えたのは、よかった。

視線がいやらしかったので、「ひょっとして誰でもいいのかなー」なんて、期待を持たせられた。
僕とテレサは、結構ちゃんとしたウィットの効いたやり取りができたしね。

テレサも「この日本人は、ただのお猿さんじゃなくて、まともなことを話せるじゃないの。もっと深く知りたいかも…」なんて、思ったことだろう。

テレサも興味深かったが、一緒のテーブルで英会話を学んでいた日本人のおじさんも面白かった。
彼は森さんといって、南太平洋のバヌアツでダイバーズショップを経営している。

英語はものすごく流暢というわけではないが、仕事で英語を使っているから、言いたいことは言える。
その話の内容というのが、「バヌアツは英国とフランスの共同統治だったので、英語とフランス語が通用します」という興味深いものだった。

ラスベガスのダイブ機材のコンベンションみたいなのに出席するために来たという。

日本人にしては、自分から積極的に話をするし、話の内容もバヌアツという行ったことのない島国なので、面白い。
すぐに友達になった。

ただ、この森さんの恐ろしさは、すぐに知ることになったのだが(笑)。
なんで(笑)と書くのかは、いずれわかるでしょう。
注:ホテル加宝物語の登場人物の名前は仮名にしてあります。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記