1989/01/22 世界旅行者は、第23回スーパーボウルで、ジョー・モンタナの伝説の「ザ・ドライブ」をライブで見る

【ホテル加宝の前をヤマハの650cc(ただし事故車)で走る世界旅行者先生】
先週の前半は、日米文化会館での英語教室を発見して、うれしくなった。
ところが後半は、ユニバーサルスタジオで会った日本女性に引きずりまわされて、自分の生活のリズムが狂ってしまった。

まあ、彼女のおかげで、わざわざ1人では訪れないところへ行けたのはよかった♪
ただ、引っ張りまわされて、疲れたよ(涙)。

というわけで、1月22日の日曜日になる。
一週間というのは本当にあっという間に過ぎるね。

このときまだ30歳代の世界旅行者先生が、海外にいても、時の過ぎるのが速いと感じた。
30年が過ぎて60歳代になると、ホント、日本の一週間なんてあっという間に過ぎてしまう(涙)。

ロサンゼルスに住んでいる世界旅行者が、まず日曜日にすることといえば、ただ一つ。
「ロサンゼルスタイムズ日曜版(Los Angeles Times Sunday Edition)」を買うことだ。

リトル東京の通りのあちこちには、新聞を売るボックスが置いてある。
そこを当たってみたが、どこもロサンゼルスタイムズは売り切れ。

仕方無しに「LA Herald Examiner」を買った。
ロサンゼルスタイムズ日曜版がこの時期1ドル、ロサンゼルスヘラルドエグザミナーが75セントだった。

なぜ、日曜版にこだわるのかというとだね、もちろん理由がある。
日曜版には一週間分のテレビ番組の冊子が入ってるんだよ(笑)。

ホテル加宝に泊まって、ちゃんと映るテレビがあれば、1週間何があるか知りたいものだしね。
もちろん、アメリカにも「テレビガイド」はある。

僕は、とくにロサンゼルスタイムズ日曜版の「トラベル」という冊子に興味があった。
旅行記もあったし、いろんな旅行会社の安い切符が並んでいたからね。

ホテル加宝の宿泊者が、なぜかロビーに集まっている。
午後2時「スーパーボウル]]V」が始まった。

「スーパーボウル(Super Bowl)」とは、アメリカンフットボールの一位決定戦だという。
第23回目の1989年は、「シンシナティベンガルズ(Cincinnati Bengals)」と「サンフランシスコフォーティナイナーズ(San Francisco 49ers)」。

マイアミからの実況放送で、それをホテル加宝宿泊者は楽しみに集まっている。
僕はアメリカンフットボールを知らないわけではない。

というのは、昔、「京大ギャングスターズ」が学生日本一になったことがあったからね。
僕もギャングスターズのトレーナーなんかを着ることで、何気なく京大卒を見せびらかしたことがあったよ(笑)。

【ギャングスターズのスウェットを着た世界旅行者@平壌/北朝鮮】
ただ僕は、アメリカンフットボールはそれほど好きではない。
お付き合いで、だらだらと、テレビを見てました。

すると、サンフランシスコのクォーターバック(Quarterback)、16番ジョーモンタナ(Joe Montana)がいた。
残り時間が少なくなって、ベンガルズが16−13でリード。

これで終わりだと思ったら、ジョー・モンタナは、次々とパスを決める。
最後は82番ジョン・テイラー(John Tailor)へのタッチダウンパスで、16−20でサンフランシスコの逆転勝利。

この試合の終了寸前の大逆転は「ザ・ドライブ」といわれる、伝説の勝利と言い伝えられている。
その伝説の試合を、世界旅行者先生は、何にも考えず、ボーッとしながら見ていたわけだ。

さすが世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、神に愛されているよね(笑)♪
ロビーでみんなが大騒ぎしているのを尻目に、部屋へ戻る。

テレビ番組表をチェックすると、28チャンネルの「KCET」は、PBS(Public Broadcasting Station)だとか。
つまり、日本での教育テレビみたいなところだね。

これはこれは、英語の勉強になりそうだ。
明日も1週間宿泊を延ばそう。

だって、ロサンゼルスには、まだまだ面白いことがありそうだ。
もし面白いことがなくても、PBSを見て、夕方に英会話教室へ行けば、無料でアメリカ英語が学べるんだしね(笑)。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記