1989/01/21 女の子とハリウッドで会って、UCLA、サンタモニカ、ベニス、マリナデルレイと見て歩きました@ロサンゼルス

【サンタモニカピア/Santa Monica Pier】
1月19日に、カナダくんとユニバーサルスタジオへ行って、日本の女の子と知り合った。
翌日の20日には、その女の子から連絡があって、ダウンタウンやリトル東京を案内した。

結局2日間も、本も読まずに、日米文化会館の英語教室にも出ずに、町をうろついて終わってしまったよ(涙)。
1月21日は、ちゃんと本でも読んで、夕方にはちゃんと英語教室へも行こう♪と決意する。

朝食をとった後、部屋で、図書館で借りた「ロシアについて・北方の原形」(司馬遼太郎)を読み始める。
すると電話がかかってきた。

また同じ女の子からだ…。
正直断ってもよかったのだが、僕も「中南米旅行に出る前なので結構暇だ」と話をしている。

彼女の話では「UCLAとサンタモニカへ行きたい」という。
サンタモニカへは、僕は元庭師さんの車で行ったことがある。

ただ、UCLAへは行ってない。
この1989年は西海岸ブームで、UCLA(カリフォルニア州立大学)は、日本人の憧れだった。

いまは誰もわざわざ行かないだろうが、UCLAは観光スポットの一つでもあったわけだ。
だとすればこれをきっかけに見に行くのも悪いことではない。

ということで、今日も女の子と会うことにした。
UCLAとサンタモニカへ行くとなれば、わざわざダウンタウンへ来てもらっても意味がない。

彼女の宿のあるハリウッドからバスで行ける。
それで、わかりやすくチャイニーズシアターの前で待ち合わせをする。

RTDバスの一番に乗って、ハリウッドへ。
チャイニーズシアターへはホテル加宝から1時間以上かかるので、僕が着いたのは正午過ぎになった。

次に南のサンセットブールバードまで歩き、2番バスに乗った。
2番バスでウェストウッドへ行き、歩いてUCLAへ。
UCLAの巨大なキャンパスを見て、正直、感動したね。
これこそが学問をする場所だと思った。
僕も大学で、UCLAに来ていれば、もっとまともな人生を送れただろう。
ところが僕が行ったのは、京都大学で、キャンパスも小さかった。
正直、京大の教養課程の授業を受けた時、レベルの低さに、「ナンダコリャ(涙)」と思ったからね。
京大の建物も安っぽかったし、とてもとても、学問をするような雰囲気のところではなかった。

UCLAでは、大学のショップへ行った。
この時期はUCLAが日本からのツアーも寄る観光地だった。

僕たちが行った時も、日本からのツアーがいた。
この時期、大学のショップには日本語の表示も多く、JCBカードも使えたよ。

ここでなぜか僕は、ジーンズ(リーバイス501)を2本買った。
中南米旅行のためにはすでにジーンズを買っている。

ただ、ここでもジーンズが20ドルちょっとだった。
日本でこの時期リーバイスは、だいたい7千円以上していた。

だから、買いすぎたものは、日本へ送ろうと考えていた。
ジーンズだから、古くなったところで、腐ることはないしね。

UCLAは広大な敷地なので、大学の店と入り口の大学警察などの設備を見ただけだ。
アメリカの大学は本格的だなー(涙)、と感動したよ。

僕が通ってたころの京都大学なんて、敷地は狭いし、建物は古かった。
学生は自転車で移動して、ゴムゾウリで歩いてたし、ちっとも知的な雰囲気はなかった。

僕もアメリカの大学に通っていたらよかったと思う。
それなら、どういう道に進んだとしても、もっと本格的な人間になってただろうけどね。

だから、僕は若い人たちは、海外へ出たほうがいいと言うんだ。
日本なんかにいても、世界から取り残されるだけなんだから。

というわけで、僕はUCLAの存在感に、完全に圧倒されてしまった。
ウェストウッドでピザを食べた。

そのあと、320番の急行バスに乗って、サンタモニカへ。
サンタモニカのピアを軽く見て、そこからベニスビーチへビーチを歩いた。

一時間ほど歩いて、ベニスビーチの土産物屋が並んでいるところへ到着する。

ベニスビーチの砂浜の幅は日本では考えられないくらい広い。
このとき、だんだんと日が暮れてきた。

ここで2人並んで夕日を見ると絶対ロマンチックだ。
女の子はベニスビーチの土産物屋に夢中だ。

「早くしないと夕日が沈んじゃうよ!」
女の子をせかして、手を引っ張りながら砂浜を波打ちぎわまで歩く。

歩いているうちに、あっという間に夕日は水平線に沈んでしまった。
うーん、これじゃロマンチックじゃない、間抜けなだけだ。

さらにマリナデルレイのほうへ歩いて道に迷った。
通りかかった人に道を聞いて、ひたすら歩いていく。

マリナデルレイは行き止まりだからね。
ベニスビーチの方へ歩いて戻る。

すると、前方に「ハワードジョンソン」というチェーンのホテルが見えた。
その向かいには、もっと安そうなモーテルもある。

これは神様が、「今晩はここで泊まれ」と魔法で出してくれたのかな?と思う。
「ここで泊まって行こうよ。疲れたでしょ」と誘う。

ところがこの女の子は、「お腹がすいたー」と言い出した。
遠くに見えた、派手なネオンを出しているレストラン「RED ONION」に歩いて行く。

ぼろぼろのアーミージャケットを着ているので断られるかと思った。
が、日本人だと見破られたのか、ちゃんと入れてくれた。

ここはメキシカンレストランで、きれいで愛想のいい女の子がウエイトレス。
サービスも非常にいい。

このレストランはまともだったので、ウェイトレスはもちろんチップで生活しているわけだ(ちゃんとチップは弾みましたよ♪)。
フローズンマルガリータを飲むと空きっ腹に急に強い酒が入ったせいか、とたんに酔いが回る。

女の子も「酔っ払っちゃった」という。
一応礼儀として、口説いたりしてみる。

が、僕は基本的にお酒が好きなので、正直どうでもいい。
女の子と無理にエッチしたり、酔わせてどうこうしようなどとは、全く考えないからね、僕は。

女の子にその気がないならば、とっとと帰りたい。
ただロサンゼルスは、かなり広い場所だ。

帰るならば、レストランでタクシーを呼んでもらってもいいわけだ。
ただ、下手にタクシーを呼ぶと、いくらかかるかわからない。

なにしろ、マリナデルレイから、ウエストハリウッドの女の子の宿に寄って、それからダウンタウンへ行くとしたら、大変だ。
ロサンゼルスの端から端まで大きく円を描くことになる。

僕の感じでは、間違いなく近くのホテルに泊まった方が安いはずだ。
1989年だと、ロサンゼルスのホテル代も安かった。

例えばハワードジョンソンで60ドル程度と見当をつけていたしね。
その向かいのモーテルならば、せいぜい40ドルではないか。

だから、変に夜中に動くよりは、ホテルに泊まってしまったほうが気楽だ。
しかし、女の子は自分のB&Bに戻りたいわけだ。
仕方ない、本物の旅行者の安く旅する能力を見せてやる。
レストランを出てリンカーンブールバードまで歩いて、サンタモニカビッグブルーバスの停留所を見つける。

これを捕まえてサンタモニカまで行き、オーシャンアベニューとの角でRTDバス4番に乗り込む。
このバスは24時間運転だ。

このままバスに乗って行くと、ダウンタウンまで1時間半ぐらいで着くだろう。
しかし、今はもう夜11時、バスを降りて、女を送って、またバスを捜せば、3時間はゆうにかかる。

そこで、バスが彼女の宿の近くへ来た時に、別れることにした。
「バスを降りたらどこかの店に入って、タクシーを呼んで貰った方がいいよ」と親切なアドバイスをする。

僕はそのまま4番バスに乗り続けて、ダウンタウンまで戻った。
ヒルストリートの南行きで、一番街で降りればいいところを、ぼんやりしてて、うっかり3番街で降りた。

しかし降りた所を少し歩くと、深夜までやっているリカーショップを見つける。
僕の好きなフォスターズの6パックを買った。

いやはや、3日も連続で女の子に付き合わされてしまった。
でもまあ、そのおかげで、あちこち見物する理由ができたから、まあ、いいことにしましょうか。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記