1989/01/20 ユニバーサルスタジオで会った女の子と、リトル東京、ダウンタウン、チャイナタウンを歩く

【日本レストラン「末広」@一番街/リトル東京】
1989年1月20日。
昨日は、カナダくんとユニバーサルスタジオへ行った。

1989年1月の入場料は、ズバリ18.95ドル(2千5百円程度)だった。
ちょっとあつかましい日本女と会って、最後は女の子の宿まで、送っていった。

深夜にハリウッドブールバードを歩いて、バスでダウンタウンへ来て、冷や汗かきながら走って戻ってきた。
帰って来て飲み直したビールの酔いを、翌朝3リッター2.98ドルの白ワインで迎え撃ちにする。

3リットルで3ドルとは、1リットルが1ドル(135円)。
だから、この時代のロサンゼルスは、天国と呼ばれていた。
部屋で「セサミストリート」を見ている所へ電話が入った。
カナダくんからだ。

「西本さん。昨日の女から電話が入ってるんです。フロントのおばさんに西本さんの所に回すように言いましたからよろしく」

女の子からの電話を取ると、もうリトル東京に来ていると言う。
案内してほしいのだとか。

カナダくんに「あの女の子は君が目当てなんじゃないの?居留守使っていいの?」と聞く。
「あのタイプは苦手なんです。西本さんにまかせます。好きなようにしていいですから」ということだ。

今日は本でも読んで、ゆっくり過ごそうと思っていたのだが…。
でも、リトル東京へすでに来ているというのならば、無視するわけにも行かない。

そこで早速新しい下着に着替えて、ニューヨークのスローンハウスYMCAで無料配布していたコンドームをポケットにいれて、ホテル加宝を出た。
ニューオータニで会って、リトル東京を歩いて案内する。

ジャパニーズビレッジプラザや、ウェラーコート、ホンダプラザなどを歩いた後、昼食を取る。
これは多分、一番街の日本レストラン「末広」だったんじゃないかな。

ダウンタウンの韓国人のおもちゃ屋街、ブロードウェイのメキシコ人の店を一緒に見て歩いた。
そのころ6番街にあったグレイハウンドバスターミナルまで歩く。

次に7番街を歩いて、僕の行きつけの本屋をチェックした。
メキシコと中米旅行のために、Rand McNallyの地図「Mexico Central America($1.50)」を購入する。

7番街とフィゲロアの角から、ダッシュというコミュニティバスでオルベラ街へ。
オルベラ街のメキシコのお土産屋を冷やかして歩く。

さらに、チャイナタウンへ歩き、中華料理屋で夕食にした。
リトル東京とロサンゼルスのダウンタウンを一応全部、案内したわけだ。

2人で歩いても、悪い雰囲気ではない。
「ホテル加宝」近くの韓国人のおもちゃ問屋街を歩いた時などは「ここにはいろんなおもちゃがあって、エロビデオも1本5ドルで買えるんだ」と説明してあげた。

僕の説明に「大人のおもちゃはないのかしら?」と答えたくらいだ。
これにはさすがの僕も、しばらく前かがみになって歩いたよ。

彼女のいる西ハリウッドの不便なB&Bよりも、ホテル加宝のほうが便利だし安い。
だから、ホテル加宝の紹介も考えて、ホテルへ行ってみた。

このときに僕が迷っていたのは、「この女の子は、エッチしたいのかしら?」ということ。
ホテル加宝に入ると、宿泊者仲間がじろじろ見るので廊下までしか入れない。

女の子が「部屋を見たいわ」と言えば、僕の部屋まで行っただろうが。
互いに大人だから、部屋に入れば、エッチもアリということだろう…。

いまの若い女性は信じないと思うが、昭和時代の女の子というのは、自分からエッチをしたいとは言わなかった。
だからその時代の「平凡パンチ」「週刊プレイボーイ」などの若者向け雑誌には、どうやって女の子を口説くか、という馬鹿テクニックがたくさん載っていた。

僕はそのころから、記事はおかしいと考えていた。
「男女平等なのに、なぜ男が女の子を口説かなければいけないのだろう?」ってね。
「女の子もエッチしたいのだから、女の子の方から誘った方が手っ取り早いのでは?」と、認識していた。
平成になったら、「男性と初めて会ったらまずセックスする」という女性が増えてきたのを知っている。

ラテンアメリカなどでは男性が女性を口説くのが文化になっているが、それでも男性は疲れるのだそうだ。
だって、「その気がなくても声をかける」のが義務みたいになっているからね。

でも例えば、アジアの山岳少数民族になると、だいたいは女性の方から男性を誘う文化だ。
日本人も、もともとアジア民族なのだから、原則的には女性から誘うものなんだよ。

日本にはもともと女系の文化がある。
農耕民族社会は、だいたい女性中心になるものだ。

欧米の狩猟民族では、女性は奪うものなので、男性が積極的になるわけだ。
共同体の調和を重視する農耕民族社会では、女性の取り合いなんかやっていたら田植えが出来ないからね。

だから日本の農業共同体では、フリーセックス、乱交が当たり前だった。
また、夜這いなども、普通に常識的にあったわけだ。

赤松啓介の著作を読めばわかるが、「戦前の農村では男女とも100人と性関係を持つのはごく普通」だった。
日本の文明開化や戦後の米国文化の流入によって、日本のメディアはアメリカ型の男女関係をあるべき姿として、間違いを宣伝してしまった。

そこに混乱があったわけだね。
と、旅行哲学した。

一日中ベッドにねっころがって、本を読んで身体を休めるつもりが、女の子に引っ張りまわされて、ロサンゼルスのダウンタウン中を歩き回った。
早めにチャイナタウンのレストランで、安いカリフォルニアワインを飲みながら話をした。

夜の8時には、お開きにした。
女の子は1人でバスに乗って、ハリウッドへ帰った。

2日も勉強せず、女の子に引っ張りまわされて無駄にしてしまった。
明日からはちゃんと英語の勉強をして、本も読もうと決意して、ビールを飲んで寝る。

ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記