1989/01/17-18  日米文化会館の英語教室が、米国人男性とお付き合いしたがる日本女性が押しかけたことで、潰れてしまった話

【日米文化会館はサンペドロと3番街の北東角(この写真の右側)にあります】
1989年1月17日。
考えてみれば、僕がホテル加宝に入ったのが、1988年12月31日。

つまり、もうずいぶんホテル加宝にいることになるね。
時のたつのは速いもので、せいぜい1週間程度だと思っていたが、17日間が過ぎていた。

僕なんか、最初のホテル加宝滞在のことを、1年くらい前みたいに記憶している。
人生はあっという間に過ぎ去るものだよ。

20歳前後の若い人たちは、それがわからないんだよなー。
わかったときは、僕くらいの高年齢者になってる(涙)。

若い人たちは、とにかくチャンスがあれば、何も考えず迷わず、いろんなことをした方がいい。
世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、いろんなことをしたが、全部中途半端で、権力も金も得られなかった(涙)。

まだ宝くじが当たる可能性はあるから、最終結論は言えないけどね。
でも面白いことには、一応手を出してきた。

例えば、長期海外旅行にしてもだよ、現在ならば、とても無理だったよ。
社会の雰囲気が変わってしまったからね。

僕が旅に出た1987年の秋というのは、日本中がバブル景気に踊っていた。
ロンドンの「インターナショナルハウス」という有名語学学校にいた、1987年の10月。

このとき、突然日本人の女の子が激増した。
それまではイタリア人とか、スペイン人の若い女の子たちばかりだったんだけどね。

旅先で出会う日本人も、お金があるし、将来への不安もないので、気分が乗っていた。
ちょっと話をした女の子も、「お兄さんが株で大儲けしたの」なんて言ってた。
東京都内に土地付きの家を持っていれば、10億円くらいの資産だと考えられた。
金持ちだらけなので、海外留学が一気に流行したわけだ。

海外個人旅行出る人も激増した。
ほとんどが最初の旅で、長期旅行が多かった。

ヨーロッパの鉄道に乗れば必ず誰か日本人に会って、互いに旅の話で盛り上がったものだ。
アメリカでもグレイハウンドに乗ると、必ず興味深い日本人に出会った。

ホテル加宝でも、その前に泊まってたダイマルでも、初めての長期旅行に出た若者が多かった。
いまだと、若者の長期旅行はそんなに会わないだろう。

実際、若者の海外旅行は減少し続けているらしい。
将来への不安もあるから会社も辞めないし、ただ老後のために、コツコツお金を貯めるのが目的だという。

長期旅行に出る若者がいたとしても、「世界一周航空券」を使って、あちこちをピョンピョン飛びまくっている。
旅行のことを調べて、勉強して、計画を立てて、その計画通りに旅をすることで頭が一杯だ。

そんな旅行をしている、要領のいい若者と旅先で出会っても、面白くないよ。
だって、旅のルートを変えさせることもできないんだから。

「人と人との出会いは出来るだけ衝撃的であるべきだ」というのが、僕が提唱する「世界旅行主義」だ。
人と出会ったら、人生までは変わらないかもしれないが、旅のルートくらいは変わって欲しいよね。

思い返すと、僕がエジプトへ行ったのは、バルセロナの日本レストラン「小雪」のマスターの言葉だったんだから。
マスターも長期旅行をしていて、バルセロナでスペイン人の奥さんと結婚して、落ち着いて、店を開いていた。

旅の話をしているときに、「エジプトのピラミッドは見ておいたほうがいいねー」と言われた。
僕が一度ロンドンへ行って、もう日本へ戻ろうかと考えた時、この言葉が頭に浮かんだ。

「日本に帰る前に、ピラミッドだけは見ておこう!」と考えたんだ。
ロンドンで切符を捜すと、有名な旅行会社「トレイルファインダー」で、アテネへの片道切符が安かった。

それで、アテネへ飛んだ。
アテネのシンタグマ広場で出会った日本人旅行者に、簡単なイスタンブール地図を書いてもらった。

そのメモだけを持って、イスタンブールへ移動する。
イスタンブールでは旅行者と出会って、トルコの観光地を教えてもらい、移動していると自然とマルマリスへ行ってしまう。

そこから、ロードス島へ渡り、船でアテネへ戻り、カイロへと飛んだ。
またアテネでカイロ往復切符を捜していたら、ナイロビ往復でカイロにストップオーバーが出来る切符を見つける。

だから、カイロでピラミッドを見たあとで、ナイロビへ飛んで、ライオンやフラミンゴを見たわけだ。
それから、、、これ以上書くとうざったくなるので、ここらで止めておこう。

世界旅行者の旅について、たっぷり読みたい場合は、「世界旅行者みどりのくつしたの部屋」にあります。

実際、世界一周切符で旅に出たのに途中で本当の旅に目覚めて(世界一周切符では本当の旅は出来ないと気が付いて)、また旅をやり直す人もいるからね。
最初から最後まで計画通りの長期旅行なんて、本質的にありえないんだよ。

「長期旅行は計画できないもの」なんだから。
というわけで、世界旅行者はホテル加宝に、だらだら滞在していることを肯定する。

LAでの新しい経験として、まずビデオを借りに行った。
いろいろと迷ったが、エッチビデオを一本。

それから、なごみ系として「となりのトトロ」を借りる。
まあ、エッチビデオと「となりのトトロ」を一緒に借りる人間なんて、そうはいないだろう。

でもこういう借り方をすると、レンタルビデオ屋のバイトの日本人の若者に、「こういう借り方をする人っているんだ」と、感動を与えられるよね。
彼の人生観、世界観に影響を与えられたかもしれない。

ホテル加宝に戻って、すぐにフロントでビデオを渡し、部屋で見る。
もちろん最初に見たのはエッチビデオだった。

この時代はまだまだ現在のように進化してなくて、女優さんもそんなに美人ぞろいではなかった。
特にエッチビデオでは擬似本番がほとんどの時期だった。

ただ、本当に行為しているビデオも、ぼちぼち出始めたころだったかな。
だから、エッチビデオを見るときは、「これは本当にやってるかどうか」を考えながら見ることになる。

僕の印象では、このビデオは「ちゃんとやってる!」と評価できた。
なぜかちょっと疲れてロビーにいると、英会話クラスに行くという若者がいた。

日米文化会館の地下で、ロサンジェルス市教育委員会?後援の外国人向け英語レッスンがあるのだとか。
面白そうなので、くっついて行く。

すると、文化会館の担当者の日本人が、英語でちゃんと挨拶をしてくれた。
料金は一年間で25セントか50セントだったと思う。

ここの英語レッスンは、資格を持った教師がやるのではない。
米国人のボランティアがやってきて、そのボランティアを囲んで、いろんな話をするというものだった。

英語で世間話をするのだから、なかなかよかったよ。
1989年の始めころは、教えに来る人も、大学生や研究者みたいな人が多かった。

「線虫の研究をしている」という、なかなか知的な黒人の大学院生もいた。
教えに来る人は、だいたいは日本に興味を持って、日本語の勉強もしていた。

一度だけ会って今も覚えているのが、UCLAの学生でフィリピン系のメロディーちゃん。
彼女は本当にきれいで、純情そのものだった。

僕は「日本人男性は恥ずかしがりやですから、言葉をその通りに受け取ってはいけません」「普通の日本人男性は、礼儀正しいですが、裏ではエッチなことばかり考えているものです」などと、日本人男性の心を説明してあげた。
この時期は教師のレベルもよくて、生徒もまじめな人ばかりで、充実していたと思う。

ところがこの英会話教室に、だんだん日本女性が増えてきた。
日本女性が米国人のレッスンにくるという意味はだね、「米国人とお付き合いをしたい」「うまく行ったら結婚してアメリカに住み着きたい」ということ。

それで米国人男性の間で、「文化会館の英語レッスンで、簡単に日本女性とお付き合いができる」という噂が広まっていったらしい。
このレッスンはだんだんと、日本女性を口説くための場所に変化して行った。

米国人男性の知的レベルもだんだんと下がっていった。
それよりもなによりも、英語を学ぶよりも、米国人男性とつきあいたいという日本女性ばかりになっていった。

最後には、日本女性と米国人男性との出会いカフェみたいになったという。
結局、雰囲気が悪くなって、まともな人間は誰も来なくなって、強制終了させられたとか(涙)。

でもこの時期は、まだまだまともだったので、面白かったよ。
米国人が1人に対して、日本人が3〜5人で英語の会話をする。

日本人はあまりしゃべらないので、結局僕と米国人が冗談を言い合うような状況になる。
もちろん僕は、他の日本人に話を振ったりした。

米国人の話を僕がわかりやすい英語で説明してあげたりしたよ。
僕も楽しかったので、暇がある時は、この時期よく出かけたね。

1月18日には、ビデオ屋で荻野目洋子の「SINGIN' DRIVE」を借りた。
僕が旅に出る直前は、日本では「ダンシング・ヒーロー」「六本木純情派」で大人気だった。

まだ東京にいたころの感覚を思い出したかったのかな。
荻野目洋子のミュージックビデオを見て、東京を思い出し、「となりのトトロ」を見て、心が洗われるような気がした。

前日借りた「となりのトトロ」とエッチビデオを返却しに行った。
そのあと、また日米文化会館の英語教室に顔を出した。

リトル東京には、日米文化会館の図書室もあり、英会話教室もある。
ヤオハンには日本食、日本の食材がずらりと並んでいる。

ホテル加宝の部屋は大きくて、居心地がよくて、テレビもある。
次々と興味深い旅行者がやってきて、新しい情報が入ってくる。

これではまだ定点観測を続けたくなっても、無理はないよね(笑)。
そしてその翌日、僕は何日も引っ張りまわされる女性と出会うことになるのだった。

ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記